ワンセグについて

Q1.携帯電話が通じる地域は視聴可能なの?

A1.
ワンセグは地上デジタル放送のサービスの一つで、各放送所から送信される電波を受信しています。一方、携帯電話は、各通信事業者の基地局からの電波を受信しています。
このように、各々異なる電波を受信しているため、携帯電話が通じる地域でも必ずしもワンセグが視聴できるとは限りません。またワンセグが視聴できても、携帯電話が利用できるとは限りません。

Q2. 画質はハイビジョンなの?

A2.
ワンセグの解像度は、横方向320ドット、縦方向180ドットを採用しており、またコマ数は15枚/秒です。画面の縦横比は、ハイビジョンと同じ16:9です。画質は携帯端末のような小型画面を対象とした簡易動画であり、ハイビジョン画質ではありません。

Q3. 録画は出来るの?

A3.
録画可能な受信機も発売されています。詳しくは、受信機メーカー、通信事業者にお問い合わせください。

Q4. 緊急警報放送(ウェイクアップ機能)はあるのか

A4.
NHKでは緊急災害発生時などに、地上デジタル放送、BSデジタル放送と同様に、ワンセグでも緊急放送信号を発信します。 ウェイクアップ機能に対応した受信機であれば、緊急放送信号受信時に、自動でテレビ放送の受信ができます。受信機の動作については、受信機メーカー、通信事業者にお問い合わせください。

Q5. ワンセグの利用に視聴料はかかるの?

A5.
NHKでは、テレビ放送が受信できる設備をお持ちの方に対し、世帯単位で受信料の契約をお願いしています。このため、ご家庭ですでに受信契約をいただいている場合には、新たにワンセグの受信機を購入されたとしても、改めて受信契約をしていただく必要はありません。
※ワンセグの双方向サービスや通信経由のサービスをご利用になる場合は、通信料が発生します。

Q6. なぜテレビと同じ番組(サイマル)なの?

A6.
これまで、ワンセグの番組は法律(放送法)により定められ、地上デジタルテレビ放送と同じ内容を提供しています。しかし、2008年4月より独自サービスの提供が可能となるよう放送法が改正されました。これにより、2009年4月から、NHKデジタル携帯2チャンネルで一部時間帯に独自のサービス「NHKワンセグ2」を開始しています。

 

このページのトップに戻る