地上デジタル放送のサービスについて

Q1. デジタル化で地域放送はどう変わるの?

A1.
BSデジタル放送が全国一律であるのに対し、地上デジタルテレビ放送は地域ごとの放送ができます。高画質・高音質のハイビジョン放送に加え、高機能サービスでは、「マルチ編成」を活用して全国放送を実施しながら地域放送を行うことや、地域独自の双方向番組などが可能です。データ放送では、地域向けのニュース、詳細な気象・交通・生活情報などの提供が可能となります。地域放送番組の情報を提供するローカルEPG(番組ガイド)も始まります。

Q2. デジタルの特性を生かしたサービスをBSデジタルと比較すると?

A2.
地上デジタル放送とBSデジタル放送が提供するサービスで共通するのは、ハイビジョン放送、マルチ編成、双方向サービス、データ放送、EPG(番組ガイド)などです。
大きく異なる点は、BSデジタル放送が全国一律の放送なのに対して、地上デジタル放送は「地域放送(地域向けの番組、データ放送、EPG)ができること」と「携帯・移動体向けサービス(ワンセグ)」ができることです。 BSデジタル放送は受信用にパラボラアンテナを必要としますが、地上デジタルテレビ放送は、小さな携帯端末や車についたテレビで放送を受信することができるので、移動体に向けたサービスが可能です。

Q3. 地上デジタルテレビ放送の電波の特徴は?

A3.
地上デジタルテレビ放送では、ゴーストやEスポ障害(外国電波による混信障害)等のない美しい映像が楽しめます。このほか、データ放送等の高機能サービスや携帯端末等での受信が可能となります。また、アナログ放送は電波が弱くなるとそれに合わせて映りも悪くなりますが、デジタル放送の場合は、電波が弱くなっても映りは悪くなりません。ただし、極端に電波が弱い場合には、アナログ放送はかろうじて映っていても、デジタル放送は全く映らないことがあります。

 

このページのトップに戻る