BSデジタル放送の設置確認メッセージについて

Q1.BSデジタル放送の設置確認メッセージって何?

A1.
NHKは、B-CASカードの機能を活用して、NHKのBSデジタル放送のテレビ画面にメッセージを表示して、BS放送の受信の確認を行っています。BSデジタル受信機(テレビ、ブルーレイ・DVD・HDDなどの録画機、ケーブルテレビのチューナー等)を設置して、BSデジタル放送をご覧になり始めてから30日が経つと、NHKのBSデジタル放送にチャンネルを合わせるたびに、テレビ画面の左下にこのようなメッセージが表示されます。(メッセージの表示内容は変更される場合があります。)

Q2.なぜBSデジタル放送でメッセージを出すの?

A2.
受信料は、テレビを設置された方々から公平にいただくことが不可欠です。NHKでは、テレビ画面にメッセージを表示して、NHKへの連絡をお願いすることにより、BSデジタル放送の受信を効果的・効率的に確認して、受信料の公平負担を一層徹底していきます。
皆さまから公平に受信料をお支払いいただいて、より良い番組を生み出すためのメッセージです。ぜひご理解ください。

新たにBS放送をご覧いただくようになられた方は、衛星契約が必要となりますので、NHKにお届け下さい。

受信契約の申し込みや転居のご連絡は、専用のNHKフリーダイヤルでも受け付けています。

午前9時~午後8時 通話料無料(土・日・祝日も受付)
0120-151515
※12月30日午後5時から1月3日まではご利用いただけません。

Q3.どうすればメッセージは消えるの?

A3.
NHKホームページや携帯電話サイトからBSメッセージ消去のお手続きをお願いします。また、画面に表示されたフリーダイヤル0120-933933(通話料無料)にお電話いただき、お持ちのB-CASカードの番号、お名前、ご住所、電話番号などをご連絡いただければ、すぐに設置確認メッセージは消えます。FAXでもお手続きがいただけます。NHKのBSデジタル放送(BS1、BSプレミアム)にチャンネルを合わせ、リモコンの「青ボタン」を2秒以上押していただくと、詳しいご案内が表示されます。 なお、NHKでは、ご連絡をいただいたお名前やご住所をもとに、衛星受信契約がまだお済みでない方には、後ほど契約のお願いをいたします。

※ フリーダイヤルの受付時間は、9時〜22時(年末年始を除き、年中無休。)です。 これ以外の時間帯では、自動応答電話でメッセージ消去を受け付けています。お電話は込みあう場合があります。ぜひNHKホームページや携帯サイトからお手続きをお願いします。

必要なご連絡事項は
・ B-CASカード番号
・ 受信機の設置者のお名前
・ ご住所
です。

聴覚障害をお持ちの方などにもご利用いただけるよう、メッセージ消去は、FAXでも受け付けています。

メッセージ消去を含め、 NHK が放送受信料の契約・収納活動を通じて取得した、皆さまの個人情報の利用目的については、くわしくは こちら で説明しています。

Q4.メッセージを表示させない方法はないの?

A4.
BSデジタル受信機に同梱されているファーストステップガイドに掲載されている「BSデジタル機器設置連絡票」をすみやかに投函していただければ、あらかじめメッセージが表示されないようにできます。
受信機側では、視聴を始めてから30日間はメッセージが表示されませんので、この期間中にNHKのBSデジタル放送を10分程度視聴して、信号が受信されれば、メッセージは表示されません。 同様に、メッセージが表示される前に、NHKホームページ、携帯電話サイト、お電話(0120-933933)でお手続きをいただいた場合も事前に消去が可能です。

Q5.マンションの共同受信やケーブルテレビでもメッセージは出るの?

A5.
マンションの共同受信でも、BSデジタル受信機でBSデジタル放送をご覧になっていれば、メッセージは表示されます。 ケーブルテレビでBSデジタル放送をご覧になっている場合も、セットトップボックスにB-CASカードを差し込む方式であればメッセージは表示されます。

Q6.地上デジタル放送でもメッセージは出るの?

A6.
地上デジタル放送のチャンネルには表示されません。NHKでは、設置確認のためのメッセージをBSデジタル放送のみで運用しています。地上・BS一体型のデジタル受信機でも、 NHKのBSデジタル放送のチャンネルにあわせるとメッセージが表示されます。

Q7.衛星契約していてもメッセージは出るの?

A7.
デジタル受信機を設置される前から衛星契約をしていただいている場合でも、BSデジタル受信機の設置連絡をいただいていない場合は、メッセージが表示されてしまいます。お手数をおかけしますが、ご連絡をよろしくをお願いします。
メッセージをあらかじめ表示させないようにするには、B-CAS カードのユーザー登録はがき、または、ファーストステップガイドに掲載される「BSデジタル機器設置連絡票」をご利用下さい。
また、NHKホームページ、携帯電話サイト、お電話(0120-933933)でお手続きをいただいた場合も事前に消去が可能です。

Q8.2台目のBSデジタル受信機にもメッセージは出るの?

A8.
NHKでは、BSデジタル受信機ごとに設置のご連絡をお願いしています。2台目のBSデジタル受信機を買われた場合にも、メッセージは表示されます。1台目の受信機の際にも、メッセージが出てご連絡をいただき、衛星受信料をお支払いいただいている場合もあるかと思います。恐れ入りますが、メッセージを消すために、再度ご連絡をお願いします。

Q9.いったん消えたメッセージは二度と出ないの?

A9.
ご連絡をいただいて、いったんメッセージが消えた場合であっても、例えばご連絡の住所を訪問しても該当の方に行き当たらない時や、ご連絡いただいた情報の不備等により、受信の確認ができなかった場合、受信確認メッセージが再度表示されることがあります。また、受信機設置のご連絡をいただいたものの、一定期間を経てなお衛星契約のお届けをいただけない場合、契約のご案内に関するメッセージを表示します。受信確認メッセージが再度表示されることがあります。

Q10.メッセージが出たまま放っておくとどうなるの?

A10.
NHKにご連絡をいただけず、メッセージが表示されたままになっている場合でも、NHKのBS放送を受信していますので、衛星受信料が必要です。 NHKでは1軒1軒を訪問して、テレビやBS受信機の有無を確認させていただいています。そうした活動により、ご連絡をいただけなくてもBS放送の受信を確認して、衛星受信料のお支払いをお願いすることになります。

Q11.会社から電話をしてもメッセージは消えるの?

A11.
メッセージを消すためには、テレビのチャンネルをNHKのBSデジタル放送に合わせる必要があります。お電話を下さるときは、確認ができるよう、なるべくメッセージが表示されたテレビのそばからおかけください。 例えば会社からお電話をいただいた場合には、メッセージを消すための信号をNHKから一定間隔で繰り返し発信します。帰宅されたら、NHKのBSデジタル放送にチャンネルを合わせてください。しばらくすると信号が受信され、メッセージは消えます。

Q12.メッセージの表示行数が拡大しているのはなぜ?

A12.
NHKでは、平成21〜23年度経営計画において、受信料を公平に負担していただくための取り組みをさらに強化し、平成19年度末で71%支払率を、23年度末に75%、25年度末に78%まで高めることをお示ししています。
これをふまえ、NHKでは、受信機の普及が続く一方で受信実態の確認が難しい衛星放送について、効果的・効率的に衛星契約を増やしていく観点から、衛星デジタル放送のメッセージ機能の活用を強化していく考えです。

その施策として、平成21年3月16日より、衛星デジタル放送の設置確認メッセージ(画面左下隅に「BS設置の連絡のお願い」の表示)について、これまで5行で表示していた内容を8行に拡大して丁寧に説明することにより、衛星デジタル放送を受信された方に速やかなお届けをお願いしてまいります。

皆さんから公平に受信料をお支払いいただいて、より良い番組を生み出すための取り組みですので、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

このページのトップに戻る