BSデジタル放送の受信について

Q1. 従来のテレビでもBSデジタル放送を受信できますか?

A1.
はい。従来のテレビでも、BSアンテナとデジタルチューナーを接続すれば受信できるようになります。すでにBSをご使用中であれば、デジタルチューナーのみご用意ください。 ただしご使用中のBSアンテナがかなり以前に購入された製品の場合、口径や対応周波数などが適性でない場合があります。またBSアンテナ用にすでにブースターをご使用になっている場合は、ブースターの信号レベル調整などアンテナ関連機器の再調整が必要な場合があります。チューナーなどをご購入の際には、予めアンテナ設備をご確認の上、必要な機器をご用意ください。

Q2. BSデジタルチューナーとテレビの接続方法は?

A2.
デジタルチューナーとテレビとの接続は、テレビや使用する接続端子の種類によっていくつか方法があります。詳しくは以下をご参照ください。

Q3. BSデジタル放送の画質は?

A3.
BSデジタルは、高画質のハイビジョン番組が中心となります。画面の見え方や画質はご使用中のテレビに依存します。詳しくは以下をご参照ください。

Q4. 従来のBSアンテナは使用できますか?

A4.
はい、使用できます。ただし、かなり前に購入されたBSアンテナは、製品によって口径や対応周波数が適性でない場合があります。また、ブースターなど関連機器の調整が必要になることがあります。ご不明な点はお近くの電器店へご相談ください。

Q5. マンションでの受信方法は?

A5.
お住まいのマンションのアンテナ設備がBSデジタル放送に対応しているか、管理者へご確認ください。対応している場合は、受信機をお部屋の壁などに設置されているアンテナ端子へ接続するだけで視聴できます。対応していない場合は、宅内のベランダなどへ個別にBSアンテナを設置すれば視聴できるようになります。

Q6. ケーブルテレビでの受信方法は?

A6.
ケーブルテレビ局のサービス形態によって、受信に必要な手続きや機器などが異なります。ご検討中のケーブルテレビ局の窓口へお問合せください。
●ご参照:>各地のケーブルテレビ局(社団法人日本ケーブルテレビ連盟)(NHKサイトを離れます)

Q7. BSデジタル放送を見るための手続きは?

A7.
デジタルテレビやデジタルチューナーを新しく購入された場合は、「B-CASカード」が必要になります。詳しくは以下をご参照ください。
●ご参照:>視聴するにはB-CASカードが必要です。

Q8. BSデジタル放送の録画再生時の速報スーパー ON/OFFは?

A8.
BS放送の録画再生時に、速報スーパーのON/OFFが可能になりました。
 
平成28年2月1日より、BS放送(BS1・BSP)において、「一般速報」や「地震速報」などの速報情報について、“文字スーパー”と呼ばれる方式での放送を開始しました。従来の映像に直接スーパーする方式と異なり、受信機側で文字を生成して表示するため、録画した番組を再生する時に、表示ON/OFF選択が可能となります。
 
付属のリモコンやメニュー操作で、表示/非表示の選択が可能となります。
(なお、この機能に対応していない機種もあり、詳しくは説明書やメーカー窓口の方にお問い合わせください。)
 
緊急地震速報や津波情報など文字以外の図形情報を含む場合や、番組に付随する情報などは、従来通り映像に直接スーパーされます。また、放送受信時(リアルタイムでの視聴時)には、これまでと同様、スーパーを非表示にすることはできません。
 
地上放送の場合、ワンセグなど文字スーパー方式に対応していない受信機があるため、衛星放送のみでの実施となります。

 

このページのトップに戻る