地上デジタル放送の受信について

Q1. 従来のアナログテレビでも地上デジタル放送を受信できますか?

A1.
はい。従来のテレビでも、デジタルチューナーを接続すれば受信できるようになりますが、現在VHFアンテナをご使用の場合は、新たにUHFアンテナを設置する必要があります。
また、地上デジタル放送は地域によってチャンネル周波数が異なるため、すでにUHFアンテナをご使用の場合でも対応周波数が適性でない場合は、別途UHFアンテナが必要になることがあります。アンテナ設備の調査や新設などは、お近くの電器店へご相談ください。

Q2. 地上デジタルチューナーとテレビの接続方法は?

A2.
デジタルチューナーとテレビとの接続は、テレビや使用する接続端子の種類によっていくつか方法があります。詳しくは以下をご参照ください。

Q3. 地上デジタル放送の画質は?

A3.
デジタル放送の画質は、高画質のハイビジョン番組が中心となります。画面の見え方や画質はご使用中のテレビに依存します。詳しくは以下をご参照ください。

Q4. 従来のアンテナは使用できますか?

A4.
現在ご使用中のアンテナがVHFアンテナの場合、新たにUHFアンテナの設置が必要です。全帯域用UHFアンテナをご使用中の場合は、基本的に新しいアンテナは不要ですが、中継局が異なる方向にある(電波の方向が異なる)、または特定周波数対応のUHFアンテナをご使用の場合は、別途UHFアンテナの設置が必要なります。またデジタル放送を受信される際には、ブースターなど関連機器を調整する必要がありますので、お近くの電器店へご相談ください。

Q5. マンションでの受信方法は?

A5.
お住まいのマンションのアンテナ設備が地上デジタル放送に対応しているか、管理者へご確認ください。対応している場合は、デジタル受信機をお部屋の壁などに設置されているアンテナ端子へ接続すれば視聴できます。
対応していない場合、個別に地上デジタル放送用の小型アンテナ(ベランダや室内用などがあります)を使用することもできますが、中継局とお部屋との位置関係などによって、視聴に必要な電波強度を得られないことがあります。

Q6. ケーブルテレビでの受信方法は?

A6.
ケーブルテレビ局のサービス形態によって、受信に必要な手続きや機器などが異なります。ご検討中のケーブルテレビ局の窓口へお問合せください。
●ご参照:>各地のケーブルテレビ局(NHKサイトを離れます)〈(社)日本ケーブルテレビ連盟〉

Q7. 受信障害対策共聴に加入している場合はどうしたら良いですか?

A7.
地上デジタル放送では、受信障害に強い伝送方式を採用していますので、アナログ放送で障害のあった地域においても多くの場合、各ご家庭でUHFアンテナを設置して受信することができます。UHFアンテナの工事は、お近くの電器店へご相談ください。

なお、受信障害対策共聴を改修して、地上デジタル放送を伝送する場合もありますので、事前に共聴管理者に施設改修のスケジュール等をご確認ください。

※高層ビルや高速道路、鉄塔などの影響で、受信障害が発生している地域に障害対策として設置された共同受信施設。

Q8. 地上デジタル放送を見るための手続きは?

A8.
デジタルテレビやデジタルチューナーを新しく購入された場合は、「B-CASカード」が必要になります。詳しくは以下をご参照ください。
●ご参照:>視聴するにはB-CASカードが必要です。

 

このページのトップに戻る