デジタル放送の録画と著作権保護について

Q1. 番組の著作権保護ってなに?

A1.
著作権など番組の権利を保護することによって、デジタル時代でも良質な番組を高画質・高音質でお楽しみいただけます。
デジタル放送では、ハイビジョン放送が可能となるとともに、5.1サラウンドステレオなどの高音質の番組をお楽しみいただけます。しかし、デジタル録画機の普及に伴い、録画やダビングを繰り返しても画質・音質がほとんど劣化しないコピーを作ることや、番組をインターネットに送信することが容易になり、これを不正に利用した番組販売やインターネット配信などが懸念されます。
番組には、原作や脚本、音楽の作詞・作曲、出演者など多くの権利が多く含まれています。不正なコピーによってこれらの権利が侵害されると、放送番組の制作に権利者の協力が得られなくなるなど、良質な番組の制作・放送に支障をきたすことになります。良質な番組を高画質・高音質のデジタル放送でお楽しみいただくためには、著作権など番組(コンテンツ)の権利保護が重要です。

Q2. ダビングやコピーって1回限りなの?

A2.
デジタル放送では、録画は可能ですが、大量の複製やインターネットへの送信はできません。
2004年4月から、NHKおよび民放のすべてのBS・地上デジタル放送番組に、「録画することは可能」とした上で、「多くのメディアにダビングはできない」とする『コピー制御信号』を付加して放送しています。
ハードディスクレコーダなどでは、ハードディスクに録画したものは、何度でも視聴できますし、大切な番組をDVDなどのメディアに保存することができます。
視聴者の方々の利便性を考慮し、2008年7月4日にデジタル放送の私的利用に関する運用ルールが変更になりました。これまで、「コピーワンス」(録画は可能ですがコピーはできないというルール)でしたが、「ダビング10」という新しい運用が開始されました。
ダビング10に対応した機器では、DVDに加え、メモリーカードなど記録メディアの多様化に対応するとともに、ムーブの失敗で大切な番組が消去されてしまうことを防ぐため、レコーダー内においてハードディスクからリムーバブルメディアに複数回のダビングが可能です。(コピー9回+ムーブ1回)

 

このページのトップに戻る