※NHKサイトを離れます。

あブログ

制作スタッフによる現場日誌

現在位置
  1. あブログトップ
  2. デッサンあ in KUMAMOTO

デッサンあ in KUMAMOTO

abeblog1.jpg

熊本地震から3年3ヶ月を経た熊本城の姿です。
甚大な被害を受けた後、まずはシンボルである天守閣の復旧を目指して修復作業が続けられてきました。天守閣はこの秋、ついにもとの姿を現す予定です。
7万から10万ともいわれる崩れた石には、番号がふられています。ひとつひとつ、もとの位置に積み直すという作業を重ね、城全体では20年間をかけて修復する計画だそうです。

bbeblog2.jpg

 

「デザインあ展in KUMAMOTO」では、会場に熊本城の修復模型(1/20スケール)を置き、デッサンしています。
この模型は、別の展覧会のために特撮チームの方々が制作した作品。震災前の熊本城の写真を集め、それらを手がかりに、瓦や石垣の石ひとつひとつまでを忠実に再現したそうです。

abeblog3.jpg

 

複雑な構造、細部までつくりこまれたディテールと、描きどころがあまりに多いモチーフに、
「難易度高すぎる~」 と畏れひれふした「あ」チームでしたが、展覧会がオープンしてみると、みなさんがものすごく集中して描いていている様子にびっくり!

abeblog4.jpg
初日に来てくれた男の子。こだわりはしゃちほこ!

 abeblog5.jpg
「解散!」の岡崎さんも夢中!

 abeblog6.jpg

くまモンも!

大切にされている熊本城。そこには見れば見るほど描きたくなる魅力が、やっぱりあるんですね。

 
特設サイトhttps://dessin-ah.jp/には、会場で描かれたデッサンを紹介しています。

城全体を描く人、好きな部分だけを切り取る人と、じつにさまざま。

開会から3週間で、4900人が描いた4900とおりの熊本城が集まりました。

 
デッサンモチーフとして熊本城模型が展示されるのは8月5日まで。

ぜひ、描きに来てください。

 
デザインあ展 in KUMAMOTO

https://www.design-ah-exhibition.jp/