※NHKサイトを離れます。

あブログ

制作スタッフによる現場日誌

現在位置
  1. あブログトップ
  2. 「はせる」にはせる

「はせる」にはせる

honda1204.jpeg

「はせる」でナレーションをやらせてもらっています、本多力です。

「はせる」は時計や本など、いまあるモノをデザインし直してみることで、デザインの思考をなぞってゆくという空想アニメなんですが、誰しもが一度はそういうのって考えたことあるんじゃないでしょうか?
数字が横並びの時計とか。

でも、やっぱり今あるモノのデザインはそうなるべくしてなっている訳で、その空想はいつも現実に負けてしまいます。

でもでも、そうやって他のデザインを考えることで、今のデザインの良さが今まで以上に見えてくるということに気付きます。

それって演技にも通じるなぁと思いました。一つの台詞をこう言おうって決めてやり通すよりも、それ以外の言い方を色々考えた末にそこに戻ってきた方が豊かになっていることがあるような気がするんです。

そして収録では「この空想のデザイン、今のデザインよりいいのではないかしら?」と興奮したりすることもあります。しかしながら、いまだ空想は現実になりません。
いつか、「はせる」のなかで空想されたデザインが、そのモノの新しいデザインになるという、そんな未来に思いをはせながら、これからもナレーションをしていきたいと思います。