※NHKサイトを離れます。

あブログ

制作スタッフによる現場日誌

現在位置
  1. あブログトップ
  2. 『考えていない』を考える

『考えていない』を考える

miyake2.jpg

歩く、飲む、食べる・・何気ない動作を見つめるコーナー『考えていない』。
「語り」の三宅です。如何に沢山の「考えていない」動作のお陰で暮らせているか!私も驚いています。
 意識せずに行っている最も複雑な動作、つまり究極の「考えていない」は何だろう?と思いを巡らせました。
 アナウンサーだからかもしれませんが、思いついたのは「声」。そう「発音発声」です。生きるための「呼吸」を利用し、肺からの空気で声帯を振るわせ「声」に。そして舌、歯、唇などの共同作業で「五十音」に変え、無数の言葉を生み出す。まさしく神業です!
 さらに不思議なのは、私たちは一体いつ、このような神秘の動作の数々を身につけたのか?ということです。
 思案するうち、3歳になる孫の様子を見て、ハタと気づきました。転けながらのヨチヨチ歩き。口や前掛けを汚しながらの食事。大人を真似つつ身につけてゆく言葉・・・
 「考えていない」動作の一つ一つは、遙か幼き頃、こうやって身につけてきたのだと、教えられたのです。父、母、祖父、祖母・・忘却の彼方にあった家族との時間を思い、「考えていない」個々の所作が、かけがえないものと感じられるようになりました。
私は今、還暦も過ぎ62歳。足腰の動きも若い頃のようにはゆかなくなり、これまで考えずに出来ていた動きを、徐々に意識せざるをえなくなっています。
一つ一つの動作を考えずに出来るって、素晴らしいこと!『考えていない』コーナーは、思いも及ばなかった人生の深奥を考えさせてくれています。