※NHKサイトを離れます。

あブログ

制作スタッフによる現場日誌

現在位置
  1. あブログトップ
  2. 「解散!」コーナー 真俯瞰(まふかん)のはなし

「解散!」コーナー 真俯瞰(まふかん)のはなし

kaisan_hukan.jpg

 

 「解散!」コーナーの最後に、物のすべてのパーツが整列しているカットがありますよね。撮影スタジオではそのカットを「整列カット」と呼んでいます。上の画像①は、「布団と枕」の整列のカットを撮影している場面で、②はその時撮れた画像です。
 真っすぐ上から見下ろしたアングルを真俯瞰(まふかん)と、撮影の仕事では呼びます。解散でいろんなものを真俯瞰で撮影したのですが、当然のことながら、物のサイズは大小様々なので、同じ俯瞰でもカメラを上げる高さが全然違うんですよ。「ふとん、まくら」は、スタジオの中で撮影した物のなかでは特に面積が広かった物のひとつです。だから、カメラもものすごく高く上がらなくてはいけません。それが①の画像です。比較のために逆にものすごく小さい方の画像を載せますと③がお茶漬けのもとです。撮影中の写真は見当たらなかったんですけど、このセッティングはモノにがっつり寄って撮影しています。

 実際にはサイズが全くかけ離れた物ばかりなのに、高い所でセッティングする場合の労力もかなり違うのに、撮影してしまえばTVモニターの四角の中に、同じサイズできちんと収まって、すべてが平等なモノのように見えてくるから不思議です。

 時には小さい物でも特徴や形の意味を観察していくと、とても存在感のある物体だと解ってきます。大きさというのは一つの要素であって、個性を比べる時にはそればかりに気を取られては行けない・・・という気がしてきます。

 

 実は明日、10/22土曜の「デザインあ」は、解散スペシャルの再放送です。「デザインあ」玄人のみな様には、最後の真俯瞰にも注目していただき、物によってどれくらい撮影する広さの差があるのか想像してみても面白いかもしれません。15分間ほぼ、ずっと解散。野外に出て、「布団とまくら」よりも広大な面積を写したあの回も出てきますよ。お楽しみに!

番組へのリクエスト・感想の募集(0)

※番組へのリクエスト・感想の募集はありません