※NHKサイトを離れます。

あブログ

制作スタッフによる現場日誌

現在位置
  1. あブログトップ
  2. パーフェクトロンさんの記事

じっくりみてるとしくみがわかる、しくみがわかると景色がかわる

nanioni1.jpg

11月から始まった「なに鬼?」皆さんご覧いただけましたでしょうか?
タイトルの通り、鬼ごっこをしている様子をじっくり観察してもらい、ルールを想像して何の鬼ごっこをしているのか考えるコーナーです。 

アイディア自体はもう2年近く前、「デザインあ展」のテーマのひとつである「しくみ」について話し合っていた時でした。
保育園くらいの小さな子どもたちが広場で遊んでいる様子を眺めていたのですが、
カラフルな帽子をかぶった子どもたちはあっちこっちと動き回り、その動きはまったくランダムに動いているように見えました。
ところがしばらく見ていると、あれ?
左側のグループはおままごと、右側の大きなグループは鬼ごっこをしてる。あの子が鬼だな、なに鬼だろう?ああ、手つなぎ鬼か!
という具合に、さっきまでの混沌とした景色が、にわかにはっきりと秩序を持って見えてきたのです。 

一見偶然にも見える小さな動きやタイミングが、連鎖したり繰り返されていることに私たちが気づいた時、
それはルールやしくみという、意味のある一連の動きとして見えてきます。
そして、それが見えてしまった前と後では、眺めていた景色が全く違ったものに感じられるのがとても面白かったのでした。
残念ながら「デザインあ展」では別のアイディアが採用されましたが、ディレクターの白田さんはそれを温めておいてくれました。

さてそんなところから生まれた「なに鬼?」。
TVプログラム内の1分ほどの尺の中で、じーっくり見ることは難しい、
どうすれば、できるだけ効果的にかつ分かりやすく、
「じっくりみてるとしくみがわかる、しくみがわかると景色がかわる」感じが味わえるのか。
プロデューサーさん、ディレクターさん、制作の方々とあーでもないこーでもないと試行錯誤しながら制作しました。
タイトル「なに鬼?」も明るく前向きな感じで問いかけてもらえたら、とナレーションは増田明美さんにお願いしました。
そしてまだ若干試行錯誤の途中ではあります。

他にも
自分たちで鬼ごっこをしてひどい筋肉痛になったり、ロケが悪天候続きで制作進行さん泣かせだったり、
書きたいことはいろいろありますが、それはまたの機会にお伝えできたらいいかなと思います。 

 

そして最後に
ちょっと気づいたことを。
「なに鬼?」とというこのコーナー、実は子どもと大人の温度差がすごいんですよ。
試作の段階で何回か人に見せる機会があったのですが、
大人たちにはなかなかわからない時も
子どもたちは、なに鬼なのか秒速でわかってしまい、我先にと答えてくれます。
アニメーションの黒い丸を指さして、これ俺だ!とか。
黒い丸が自分に見えるって!いや、そう思ってくれるのは本望です。嬉しいです。
つくづく鬼ごっこは子どもの領分なんだなあと実感したのでした。

nanioni2.jpg

どうにか間に合わせること

maniawaseru_3.png

最近の世の中はとても便利になりました。
あっちもこっちもコンビニ、100均。
しかし!
どんなに便利な世の中でも、やっぱり出てくる困った状況…。
みなさんも経験ありませんか? 

例えば
あなたはピクニックにでかけました。
レジャーシートを敷いてさあ楽しいお弁当、というまさにその時に突風が!
あなたならシートが飛ばされないように何を置きますか?
くつ?
ペットボトル?
それとも自分が端っこ座っちゃう? 

最近の私の場合は
打ち合わせに行く時間ギリギリにノートパソコンのカバーが見当たらず、とても困りました。 

日常生活する中で、私たちはよくそういった困った状況に見舞われます。
ところが、意外と私たちはその場をどうにかこうにかうまく切り抜けています。
どうやって切り抜けているかというと、
うまく間に合う形、重さ、大きさなど、必要十分な機能をフル回転で吟味して、実行してるんですよね。
(そしてそれが成功したとき、ちょっとした喜びにもなります。私は超嬉しいです。) 

そう思うと、私たちはものの機能やデザインについて、わりとちょくちょく考えながら生きているようです。普段何気なくやっている、どうにかこうにか切り抜けることは、デザインを知る上で実はとても重要なのですね。

maniawaseru_2.pngのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像maniawaseru_1.pngのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

さて
間に合わせる、というコーナーでは
キャストに照英さんをお迎えし、
さまざまな困った状況から、間に合わせでうまく切り抜けていただきました。 


間に合わせるための機能をよりわかりやすく見せるために、
成功アイテムと失敗アイテムを用意しています。
「しおり」の回では、成功アイテムはペンやレシートなど 失敗アイテムはりんごでした。
失敗アイテムは一瞬で無理そうだなと思えるものが多いです。

 多分照英さんも、これはどうよ?と思いながらやってくださっていたのでしょう。
失敗シーンは自然と「だよな。。」と言葉が漏れていました。
でもそれがとても自然でよく、成功したときの喜び方も非常に気持ちよく
日常の一コマという自然な設定と、不自然な状況を明るくきれいにつなげてくださいました。 

そんな照英さんが奮闘するこのコーナー、
普段の自分の困った、を思いうかべながら見ていただけると面白いですよ。


さて、先ほどの私の困った体験で
ノートパソコンのカバーが見当たらず困った私はどうしたかというと
急いでいたので枕カバー(洗濯済み)に入れていこうとしたら相方に見つかり止められました。
これは、場にそぐわないということで失敗例ですね。難しい。

かたちの擦り合わせ

team1.jpg

こんにちは、「チーム○○」を担当しています、パーフェクトロンです。
このコーナーは
「コーヒーを一杯入れるのに、わたしたちは一体いくつの道具を使ってるのかしら?」
という単純な疑問から始まりました。
蛇口をひねって、お湯を沸かして、コーヒー豆を計って、豆をひいて、カップをだして。。
数えてみたら13個もありました。すごい、ずいぶん色々な道具にお世話になってるなあ!

team2.jpeg

これらをひとつの「チーム」として、ザザッと並べて見てみよう!
それが「チーム○○」というコーナーです。
ナレーションは濱田マリさんにお願いし、明るく可愛くテンポよく整えていただきました。

さて今回の制作で、いつもよりちょっと気をつけたことがあります。
それは、みんなのイメージするかたちを擦り合わせることでした。

コーナーは1分前後ととても短いです。
その中でテーマができるだけストレスなく伝わるように 普段からできるだけシンプルに、を心がけています。

ところがですよ。
「チーム○○」は、登場アイテムがとても多い。
しかも、アイテムのどれひとつをとっても、みんなの持つイメージはきっとバラバラ・・・。
困ったな。ごちゃごちゃすぎて何も伝わらない。全国放送の意味がない(大げさ)。

そこで、みなさんがストレスなく自分の持つイメージにつなげられるように
かたちの擦り合わせを いつもより念入りに行いました。
たとえば、「フライパン」と聞いて、どんな絵を思い浮かべますか?
丸くて、柄がついてて、厚みは?縁の角度は?素材は?
多分、みなさん少しずつ思い浮かべるものが違います。
そこからイメージの最大公約数を探して、かたちのヒントにしました。

こんなふうにできたコーナーですが
これを見て、
うちはもっと違うもの使ってるよ、とかこんなの使ってないよ、とか
自分なりのチームを作ってもらえたら
とても嬉しいです。

 

のこりのかたち

こんにちは。
私たちパーフェクトロンは、4月からの「のこり」というコーナーを担当させていただいています。
ものを作るという事は、何かを何かに変えることの積み重ねです。その過程にはしばしば引き算、つまり何かから何かを取り除く工程が含まれます。
ものが作り出されるまでに取り除かれた「のこり」の部分に注目して、出来上がった製品とともに観察するコーナーです。

例えば、これ。なんののこりか分かりますか?

bansoukou__.jpg

 

これは絆創膏のはじっこの部分です。
あんまり普段お目にかかることはないけれど、絆創膏が毎日製造されるのと同時に必ず生まれる形です。

材料は長い長いロール状になってる、とか
ナミナミの形だから、絆創膏どうしは隙間なく作られているんだ、とか
薄利紙とシールが一緒に抜かれているから、どうやら最後に型抜きされるらしいぞ、とか。
これをみると絆創膏が製品として出来上がる背景をより深く知ることが出来ますよね。
のこりは雄弁に物語る、です。ワクワクしませんか?
私たちは新しいのこりを手に入れるたびにワクワクしています。

のこりの形に思いを馳せる。
その形を改めてみるとそこには、ものが出来上がるまでの物語を垣間みることができるのです。
みなさんも、身の回りのものをみて、それらが作られるときにどんなのこりが出たのか想像してみるととても楽しいですよ。

そして、最後に。
これはなんの残りでしょう?
これは私たちが最初に手に入れた、みなさんがとてもよく知っている製品ののこりです。
答えはこれからの番組の中で出てきます。ぜひ確かめてみてください!

bin2_jpg.jpg