※NHKサイトを離れます。

あブログ

制作スタッフによる現場日誌

現在位置
  1. あブログトップ
  2. FONT BAR

FONT BAR

例えばウイスキーバーでウイスキーを注文する時、スコッチ、アイリッシュ、ジャパニーズなど、ざっくりとしたジャンル分けは何となく分かりますが、仔細に見ていくと、素人にはなかなか違いが分かりません。
フォントの場合、明朝体、ゴシック体など、ざっくりとした書体のジャンルは理解していても、さらに似たようなフォントの微差の領域に話が及ぶと、どれも同じに見えてしまいます。

お酒の場合、「マスター」がいることで、お酒がよりいっそうおいしくなることがあります。
卓越した知識と話術で、繊細な味の違いを解説し、頼んだ客が、自分のイメージにぴったりのお酒だと感じることができるからです。
フォントはお酒ではありませんが、微差を楽しむ、という点では共通しています。どこか嗜好品に近い、マニア心をくすぐる何かがあるのかも知れません。日常の仕事や友達にメールを送るような場面で、自分の気分や伝えたい気持ち、内容に応じてフォントを使い分けられたら、とても粋だし、素敵ですよね。

もしも、バーで提供するのがお酒でなくフォントだったら。マスターが超フォントに詳しかったら。そんな妄想の果てに実現したのが「FONT BAR」の世界観です。抽象的なSF空間は、アニメを作ったミズヒロさんの素晴らしいアイデアによるものです。

また、フォントの取材にあたっては、両見英世さんはじめ、タイプフェイスデザイナーの方々に大変お世話になりました。実ははじめ、「初恋の味」を明朝体で表現する、というお題を設定していたのですが、「游明朝は学級委員長」「筑紫明朝は芸術肌」「石井オールド明朝はタートルネックがよく似合う」などなど、私の想像をはるかに超える濃密なフォントークを繰り広げていただきました。この場を借りてお礼申し上げます。

最後に、NHKには、「NHK明朝」と「NHKゴシック」なるものが存在します。あまり私も使用したことがありませんが、もし見つけたら密かに萌えていただければと思います。
 

nhkfont2.jpg 

ディレクター 池田拓郎

Eテレ「デザインあ おとなスペシャル」
再放送 2018年1月6日(土)前0:30~*5日深夜