こんな番組です

ナレーター紹介

中山準之助アナウンサー
  • 中山準之助アナウンサー(顔写真)
  • わたくし、生まれも育ちも~、
    葛飾柴又の江戸川を挟んだ向こう岸、松戸でございます。

    少年時代は、江戸川の水辺で生きものの観察を続け、
    段ボールを使った土手滑りに、土手登りダッシュを繰り返し、
    青春時代には、土手沿いを、飼い犬とともに走り続けたり、自転車で疾走したり、
    川沿いの千葉、埼玉、東京だけでなく、海へも出るようになっておりました。 そして、いつの間にやら潜水士の資格取得、さらにNHKイチの俊足?アナに。

    「泳げて走れるアナウンサー」中山。
    “水の生きもの”、“足の速い生きもの”が、とっても大好きです!

    “水の生きもの”は、スキューバダイビングで楽しむこともありますが、今では、もっぱら近所の水族館。自由に泳ぎ回る魚を見ていると、本当に癒されますよねぇ~。

    “足の速い生きもの“も、赴任してきた北海道や東北で直接触れ合った馬を始め、まさに『ダーウィンが来た!』で、チーターやトラなど、無駄のない足の動きを観察しては癒されつつ、いまだに自らの走力アップの参考にしてしいます。
    いつか競走する日が来るかどうかは分かりませんが・・・・

    最後になりましたが、ず~っと観てきた番組のナレーションを担当できることになり本当に嬉しく思っております!!
    みなさんと一緒に、生きものの魅力をたっぷり味わっていきたいと思います。
    どうぞ宜しくお願い致します。

和久田麻由子アナウンサー
  • 和久田麻由子アナウンサー(顔写真)
  • 「ダーウィンが来た!」ファミリーに新しく加わらせていただきました!

    父親が転勤族だったため、子どもの頃は、
    残念ながら自宅で生きものを飼うチャンスがありませんでした。
    広~い庭があったら、絶対に柴犬を飼いたかった・・・!
    賢そうな顔、りりしい立ち姿、頭のてっぺんのやわらかい毛がたまりません。

    そのためか、大人になった今でも動物園や水族館に行くのが大好きです!
    初任地・岡山局時代には、中国地方や近畿地方、
    名古屋などの水族館やサファリパークもずいぶん回りました。
    お腹にチョコンと抱えた貝を器用に割るラッコ、フワフワの羽が抜け始めたペンギンの子ども、
    のんびりとササを食べるパンダ、お腹の底にズシーンと響くライオンの鳴き声、
    ゆったりと優雅に歩くキリン・・・。

    動物たちのかわいらしい仕草やちょっとコミカルな動きは、いくら見続けても飽きません!!
    その生態のフシギは、なんでだろう?もしかして?と想像力をかき立てます!!!
    海外の旅行先でも現地の動物園に立ち寄ったことがあるほどです。

    「ダーウィンが来た!」では、みなさんといっしょに
    動物たちにワクワク・ハラハラしたいです!

首藤奈知子アナウンサー
  • 首藤奈知子アナウンサー(顔写真)
  • ナレーションを担当して2年目になります。

    私は、愛媛県の山に囲まれた場所で育ちました。
    学校へ行く途中、イタチが横切ることもしばしば・・・。
    なぜか庭にカメが遊びに来たこともありました。近くの池からお散歩だったのでしょうか?
    小さい頃は、友達と一緒に日が暮れるまで野山をかけまわっていました。
    よく行ったのは、ザリガニ釣り。煮干しやスルメ、時にはちくわを糸で結んで、たくさん釣りました。
    クワガタもとりに行きましたよ。父や近所のおにいちゃんが木に登って、木を揺すります。すると、運がよければポトッとクワガタが落ちるんです!

    大人になってからはダイビングを始めました。広い海の中で、かわいらしいクマノミやマンタを発見したときは本当に感動します。
    生き物と出会うときのわくわく嬉しい気持ちは昔も今も特別です。自然大好き!
    生き物大好きです!
    「ダーウィンが来た!」で、みなさんと一緒にわくわくできること、楽しみにしています♪

近田雄一アナウンサー
  • 近田雄一アナウンサー(顔写真)
  • はじめまして!
    近田雄一と申します。

    私も子供のころから生きものが好きでした。
    少年時代は虫とりに夢中。
    捕まえた何十匹ものセミを網戸につかまらせて
    それを満足げにながめている子どもだったとか。

    学生の頃に実家で飼っていたのは2匹のニホンネコ。
    今でも近所でネコを見かけると、ついつい、
    チッチッと舌を鳴らして近寄ってしまいます。大体逃げられますが。

    大人になってからは
    金魚すくいの金魚が卵を産んだので育ててみたり、
    デートコースに水族館と動物園が欠かせなかったり…(!?)

    アナウンサーになって十数年、
    自然番組のナレーションを
    いつか担当したいなと思っていました。

    雑木林で見つけたカブトやクワガタの黒光りするボディ、
    薄暗い山道で出会ったオニヤンマのギラリと光る緑の目、
    自然の中で、生きものたちを発見した瞬間のあのドキドキ感!

    そんなドキドキ感を、 『ダーウィンが来た!』で みなさんと共有できたらいいなと思っています。

龍田直樹(ヒゲじいの声担当)青二プロ
『一番好きな場所は?』
川が大好きです。生まれ育ったのが和歌山県の紀ノ川のほとり。 小さいころから川に慣れ親しんできたので、川の風景をみるとしっくり落ち着くんです。 大人になってからも住む場所は必ず「川のそば」と決めているくらいです。 今、一番身近なのが多摩川。緑が豊かな川辺は、都会で最も心が和む場所です。
『一番好きな生き物は?』
なんといっても犬です。小学生の時から、紀州犬、コリーなど色々飼い続けています。 犬が好きなのは「会話ができる」からです。普段からよく犬に話しかけているんですが、 長年声をかけ続けていると、犬の返す声で相手の気持ちが分かるんです。
『みなさんに一言』
生きものの面白い世界を、より分かりやすくお伝えしたいです。 そのために視聴者の皆さんの気持ちになって、厳しい質問をどんどんしていきます!
豊嶋真千子 (ミニコーナー・ダーウィンニュース担当)青二プロ
『一番好きな場所は?』
アメリカ西部の乾燥地帯にあるモニュメントバレー。
石碑のような形の巨大な岩山が荒野に沢山並んでいるところです。 初めて目にしたとき、まるで他の惑星にいるような気分になりました。 地球にもこんな風景があるのかと、自然の力の大きさをつくづくと感じることができました。
『一番好きな生き物は?』
ネコです。ただ今2匹のニホンネコと一緒に暮らしています。
ネコの姿はとっても「芸術的」なんです。動きの一つ一つに、なんとも言えない美しさや色気があって、 毎日接していても、ハッとさせられることが多いんです。そんなところが好きなんですね。
『みなさんに一言』
番組で取り上げる自然の姿には、私自身も毎週驚かされることばかり。
ナレーションを通して、その驚きを視聴者の皆さんと共有できるようがんばります!
ヒゲじいの紹介はこちらから