このページではJavaScriptを使用しています。

ダイオウイカ図鑑

ダイオウイカのダイオウとはまさに大王のこと。英語ではGiant Squid、学名は Architeuthis (ダイオウイカ属)で頭足類の一種。現生最大級の無脊椎動物。世 界中で語り継がれる巨大な頭足類(イカ・タコの仲間)、海の魔物クラーケンは、このダイオウイカがモデルだという。フランスの著名なSF冒険小説家であるジュール・ヴェルヌが書いた『海底2万里』には巨大ダイオウイカが登場し、船舶に襲いかかる。しかし、実際のダイオウイカはとても警戒心が強く、深海で泳ぎ回る姿は確認されたことがない。謎に満ちた生きものだ。ダイオウイカは2本の長い触腕、小さなひれ、大きな目、巨大な全長という特徴をもっている。ギネスブックによると、これまでで最大の記録はひれの先端から頭部まで(外套長+頭長)で6.6m、触腕1本の長さが11.5mである。

マッコウクジラ VS ダイオウイカ

マッコウクジラの体表にダイオウイカの吸盤跡が見つかっている。
マッコウクジラの体表にダイオウイカの吸盤跡が見つかっている。

これまでにマッコウクジラの体表にダイオウイカの吸盤の跡が見つかったり、マッコウクジラがダイオウイカをくわえて海面近くまで上昇、仲間とともに食べているようすなどが捉えられている。深海でダイオウイカとマッコウクジラは死闘を繰り広げていると考えられるのだ。