ダーウィンが来た!ブログ

ちょっと待った~!


どうもヒゲじいです。

20.jpg

今夜の放送見ていただけましたかな?
「ドングリ蔵を守れ!キツツキ親子」
木に埋め込まれた無数のドングリ。あんな小さな体で、あれだけの作業、驚きでしたね~。
まだの方は必見、再放送やNODで要チェックですぞ~

21.jpg

さてみなさん、突然ですが、先週の放送覚えていますかな?

 

そう、不思議な求愛方法の持ち主『巨大ライチョウ』でした!

ライチョウといえば、実はダーウィンが来た!では

以前日本のライチョウも放送しているんですぞ。

みなさん覚えてますかな?
2009年7月26日放送「わたしライチョウ 雪の鳥」

舞台は、1年のうち300日以上も雪が積もっている北アルプス、立山の山頂付近。
raicho-1.jpg

雪にすっぽり埋もれているライチョウの姿が印象的でしたよね~!raicho-2.jpg

 

でも、ちょっと待った!


05.jpg

たしかにライチョウは『雪が大好き、寒いの大好き~!』で全然へっちゃらでしたけど、

これを撮影したスタッフもいるんですよね~??!

というわけで、本日は『過去に行ったとっておきの地域、第3弾』をお届けします~!

23.jpg

 

早速、裏日記からこんな気になる文章を見つけました!

「立山にたどりついた初日から猛吹雪。気温は氷点下20度。日本海から吹き付ける強風のため、立っているだけで吹き飛ばされそうです。体感温度は氷点下40度まで下がります。」

「想像以上の寒さと風の強さに『いったいライチョウたちはこんな極寒の厳しい世界でどうして生きていられるのか?』と、謎はますます深まりました」

 

 

17.jpg!!!??
体感温度が氷点下40度??!

第1弾では、ユウレイガニの撮影で灼熱の47度でしたよね~?今度は極寒です!!!

それにしても氷点下40度っていったいどのくらいの寒さなんでしょうな??

冷蔵庫??冷凍庫???

 

21.jpg

実際撮影に行ったディレクターのワタナベさんに聞いてみましょう!
ワタナベさ~ん、冬の北アルプスでの撮影、どうでしたか~??

 

「寒いだけなら、防寒着を着込めばなんとかなるんですよ。

でもね、ライチョウを見つけるために、雪をかき分けあちこち探し回っているうちに、、、今度は汗だくになっちゃうんです!

していざ撮影となると、ライチョウを驚かさないよう、1時間も2時間も身動きせずにカメラを構えていなきゃいけません。

すると一気に汗が冷えて、全身を寒さが襲ってくるんです。

手足の末端が痺れ、徐々に身体の底まで寒気が染み込んでくる感覚というか、、、あ~思い出しただけで身震いしちゃいます!」

raicho-watanabe3.JPG

 

 

raicho-watanabe4.JPG

 

 

09.jpg

確かにライチョウのように雪にすっぽり隠れて待ってるだけでは、あんなすごい映像は撮れないですよね~。

 

29.jpg

極寒(ごっかん)で発汗(はっかん)

・・・考えただけでおなかの調子が悪くなりそうですぞ。

ワタナベさんありがとうございました!
詳しい撮影秘話は、裏日記へ。

それではみなさん、第3弾をお楽しみに~!!