ダーウィンが来た!ブログ

ちょっと待った~!


どうもヒゲじいです。

28.jpg

今夜の放送いかがでしたかな??

「北の森のオキテ 母グマ愛情物語」
唯一生き残った一匹のクマの赤ちゃんが無事成長して、母グマになった姿を見た時はとっても感動しましたぞ~。

見逃してしまった方は再放送NODで是非ご覧下さいね~!

 

さて本日は、気になる裏日記をもっと詳しくご紹介いたしますぞ~!


23.jpg

先月から「過去に撮影に行った、とっておきの地域」ということでご紹介していますが、
第二弾は、テングザルの撮影が行われたボルネオ島です。

テングザルといえば、長い鼻に大きな太鼓腹でしたな~。

 

16.jpg

あの姿といったら、なんともいえない愛らしさがあります。

そんなテングザルの撮影秘話、裏日記から見てみましょう~。

kobayashitennguzaru1.JPG

「・・・前日に雨が降った時は大変!どこから来るか分からないヒルの攻撃に備えつつぬかるむ足元に気をつけ、樹上のテングザルを探します。もちろんすべて完璧に防御できるはずもなく、夕方には泥だらけのズボンとヒルにくわれて血のにじんだシャツで帰還することになるのでした。」

17.jpgうひゃ~~~。
ヒルなんて映画の中でしか見たことありません!私なんてせいぜい蚊にくわれたことがあるくらい・・・それすらもかゆくて耐えられないですぞ~!
ん??ヒルにくわれるとかゆいんですかな??

23.jpg

ちょっと担当したディレクターの方にl聞いてみましょう~。コバヤシさ~ん、撮影を振り返っていかがでしたか~??

「撮影に行く前からヒルがいるとは聞いていたので、ヒル避けに効くというスプレー持参で現地に乗り込んだんです。撮影中はもちろん長袖のシャツを着用し、長靴の中にズボンの裾を入れて完全防備!のはずだったんですが・・・。シャツの手首のすき間やボタンホールなど、ほんのわずかなすき間からいつの間にかヒルが侵入し、幾度と無くやられちゃいました~。くわれた部分はとってもカユいんですよ~。おまけになかなか血が止まらない!つい掻いてしまうと再び血がジワリとにじみます。日本に帰ってからもしばらくは、服を汚さないようかゆみを必死で我慢する日々が続きました・・・。」

現地の人の手にはこんなにたくさんのヒルが・・・

kobayashitennguzaru2.JPG

よ~く見てみるとこんなに!!!

kobayashitennguzaru3.JPG

 

そしてヒルに食われたコバヤシさんの腕は・・・
kobayashitennguzaru4.JPG


26.jpgううう、痛そう・・・

ヒルにくわれて、掻いただけでこんなに血が出るものなんですな~。
しかもボタンホールの隙間やシャツの袖の隙間などそんな狭いところから侵入してくるなんて、

さすが『ヒル』なだけに、『ヒル』みませんな~。

恐るべし!!!

コバヤシさんありがとうございました~!

これから日本も夏突入、一気に蚊の季節になりますね~。

06.jpg

みなさんもくわれないようにしっかり対策してくださいね~!