ダーウィンが来た!ブログ

2010年06月06日 (日)

ダジャレ反省会5月編

ちょっと待った~!


どうも、ヒゲじいです。

 

09.jpg

今夜の放送「シリーズ南アフリカの海(1) 1000キロの大追跡 イワシVS海のハンター」いかがでしたか??小さな魚も群れを成せば大きな力を発揮するんですな~!
見逃してしまった方は再放送NODでチェックしてみてね!

 

さてさて梅雨の季節がやってきましたな~!みなさん雨は好きですか??

私は雨、苦手です・・・雨のせいで普段は100点の私のヒゲも見事にレイン点!!

え??ダジャレも0点??!


29.jpg

厳しいですな~。そんな厳しい皆さんに今日も見ていただきますぞ~!
それでは、ダジャレジェットコースター、しゅっぱぁ~つ。


5月2日放送「フクロウ一家 びっくり地下生活」より

anahorihukurou2.jpgのサムネール画像

アナホリフクロウが居住地として使う巣穴はプレーリードッグの掘ったもの。

はるばる千キロも飛んできてまでこのアナを使うにはさまざまな秘密があることを受けて一言。
「穴だけに、なかなか、あなどれない。なんちゃって~」

 

アナホリフクロウは巣穴に動物の糞を入れます。

その理由は2つ。糞が発酵するとき出る熱を使って寒い巣穴を温めるため。そして、糞の匂いで自分たちの匂いを消し、敵から身を守るためです。そんな知恵のあるアナホリフクロウならではの理由を聞いて一言。
「フ~ン。フクロウって、フンと頭がいいんですなぁ。」


5月9日「恋してピョン!ピョン!サバンナの鳥」より

 

odorihouou6.pngのサムネール画像 
オドリホウオウは恋の成就のために、メスにアピールしようと必死にオスがジャンプします。

とっても目立つ行動で、敵にもすぐ見つかってしまう行動ですが、実はこうして同じ場所で何羽ものオスがジャンプすることで、いち早く敵を発見したものがみんなに知らせるという対策がありました。さらにジャンプする場所のすぐ近くは避難場所がちゃんとあるのです。その様子を受けて一言。
「あの華麗なジャンプをする前に用意周到な安全対策があったんですな。みんな協力すれば、安全対策も強力!!」

 


5月16日「百獣の王ライオン 最強の秘密」より


raion.png 
今回の主役、ライオンの狩りの秘密を探っていたところ、

鋭い2本の牙と手の爪が決め手になっていることがわかりました。そこで一言。
「なるほど。ライオンの狩り、しっかりわかりましたぞ。」

 

ライオンは、狩りをほとんどメスが行いますが、そんなメスの獲物を横取りに来たハイエナには怖気づいてしまします。
そこでオスは本領発揮、ハイエナから獲物を守り、子どもたちに食べさせるのです。
それを見て一言。
「ほぉ。偉いオン。」

 

そんなオス、それよりも大事な仕事がありました。

それは群れをねらって襲ってくる若いオスとの闘い。群れを乗っ取られれば、自分の子どもたちは皆殺しにされてしまします。狩りもせず楽な生活だと思っていたオスですが、実はこんなにも命がけの仕事があったのを聞いて一言。
「なるほど。オスが一番楽そうにみえてましたが、命がけだったんですなあ。オスはつらいオン!あんさんらもつらいオスなあ。なんちゃって!」


5月23日放送「滑るように飛べ!ボルネオの森」より

 

 

paratobihebi01.jpg 

 

 

 


ボルネオの森には数々の滑空生物が生活しています。ヒヨケザルにツノトビトカゲなど・・・。

その中で、細い体でありながら見事に飛ぶ生きものがいます。その名も「パラダイスとびヘビ』です。

トビヘビは体を平べったくさせて面積を広げ、さらにジャンプしたときに体をS字に変形させて、翼を作ります。それを聞いて、まず一言。
「いやぁ、トビヘビ君は体が重いのにたいしたもんですなぁ。」

しかしそんなことないと思う、と中條アナウンサーに返されてさらに一言。
「ヘビだけに滑空のヘビー級チャンピオンでしょ。目指せへビンピック!」

 

なぜこのボルネオにはこんなに多くの滑空生物が存在するのか?
その秘密は、ボルネオの森が1億年以上も前から続く、世界でも最も古い熱帯雨林とゆわれていることにあります。高さ50メートルを越す木々に囲まれた森では、地面を移動するよりも木々を飛び移ったほうが有効だからなのだということをうけて、一言。
「なるほど、長~い時間の積み重ねで、進化が真価を発揮したってところですね!」


5月30日放送「跳べ!小さな大ジャンパー」より


shougarago6.pngのサムネール画像

 
別名『ブッシュベイビー』と呼ばれるショウガラゴという生きもの。
小さな体でスーパージャンプを繰り出します。しかし、すばしっこいだけでなく、手先も器用。葉っぱや木々を上手に使って巣をつくりその中で敵や気温の暑さから赤ちゃんを守りながら育てています。

そこでわざわざ巣を自分で作っているショウガラゴに感化されてか、ヒゲじいも手の込んだ一言。
「まぁ60枚もあれば大丈夫でしょう。だって葉っぱ64。なんちゃって!」


 

みなさんの記憶に残るダジャレはありましたかな??


16.jpg

番組もダジャレもますます磨きをかけて頑張りますぞ~!
またね~。