ダーウィンが来た!ブログ

2010年05月23日 (日)

ダジャレ反省会4月編

ちょっと待った~!


どうもヒゲじいです。


20.jpg 
今夜の放送見ていただけましたか?

『滑るように飛べ!ボルネオの森』
森の中を優雅に飛ぶカエルやヘビ、そしてヒヨケザル!!
驚きの飛行術が満載です。
まだ見てない方は再放送NODで要チェックですぞ~~~。

 

さてさて先月に引き続きまして今月も反省していこうじゃありませんか!
06.jpg 
何をって??

月に1度の恒例更新!
『ヒゲじい ダジャレ反省会~!4月編』
13.jpg やはり改めて振り返られるとお恥ずかしいですな~

でもでもこれからのダジャレの腕を上げるためにも、ビシバシ厳しく振り返りますぞ~。
それではダジャレジェットコースターしゅっぱぁぁぁつ!


 

4/4放送
「海中の流星群!神秘の発光魚」より

暗い海でひときわ輝きを放つヒカリキンメダイ
dajyare4gatsu01.jpg 
そんなヒカリキンメダイの持つ発光器がどのくらい高感度なのかを実験した際に、人間の目でも本が読めるくらいの強い光を放っていたことがわかりました。
それを受けて一言。

まさに発光生物界、ナンバーワンの明るさ。だから、「ヒカリキンメダル」を差し上げます!なんちゃって!

 

続きまして
ハナミノカサゴに狙われた際、群れになって泳いでいるヒカリキンメダイが一瞬いっせいにヒカリを消して、次の瞬間転々ばらばらのところに現れるという「フェイント作戦」を使ってうまく逃げます。

dajyare4gatsu02.jpgハサミノカサゴ


dajyare4gatsu03.jpg 群れになって泳ぐヒカリキンメダイ
その様子が瞬間移動のように見えるのを受けて一言。

本当にワープしたみたいですなぁ。さすがヒカリ技のプロフェッショナル。ワープロフェッショナル!失礼!


4/11放送
「数こそ命!生きもの大群集」より
長雨が続くアメリカで群集を成して生活するヒアリ
dajyare4gatsu04.jpg 
ヒアリたちは流されないよう足をからめあってひとつになり、まるでいかだのようになります。その際こどもであるサナギを交代で浮き代わりに使って移動するという話を受けて一言。

ヒアリの大群集にはちゃアント交代要員がいたのか。これならヒアリとする状況も切り抜けられますな!

 

アメリカ、デラウェア湾でカブトガニの大群集。
dajyare4gatsu05.jpg 
メスたちが産んだ卵をシギの大群集が食べてしまう、一見ひどいお話のようですが実はカブトガニは1匹のメスが10万匹もの卵を産むので、シギに食べられたくらいじゃ動じないのです。むしろシギにとって絶好のエサ取りポイントだという話を受けて一言。

う~ん、鳥とカブトガニが集まるタイミングがカブっとるのは、偶然ではないということか。


4/18放送
「サルの赤ちゃん 明日にかける橋」より
普段は争ってばかりの大人のチベットモンキー同士が子供を仲立ちにして仲良くする『ブリッジング』と呼ばれる行為をする際、実は子供も仲介役になることで、「群れに順位があること」や「大人たちの性格」を学び、幼い頃から自分の未来を考えているという話を受けて一言。
dajyare4gatsu06.jpg ブリッジング

いやはや、ビックリ!チベットモンキーはなかなかのしたたか者。そんなこと「チベット」も知りませんでしたな。なんちゃって。

 

中国東部の黄山に住むある群れのリーダー子龍にユウという新参者のオスがブリッジングを狙って近づきますが、何度も攻撃され跳ね返されます。
dajyare4gatsu07.jpg子龍と新参者のオス
しかし、これは生きていくために群れに入らなければイケないチベットモンキーにとっての入団テスト。めげるわけにはいかない姿を見て一言。

チベットモンキーの世界って厳しいんですな。ユウさん、大変だけど「黄山で降参」なんて言ってられませんねー。

 


4/25放送
「登場!ウロコ珍獣センザンコウ」より
全身をウロコで覆われたセンザンコウは、その体ゆえにエネルギー消費が激しいのですが、1日20時間巣穴で寝ることで保っています。
dajyare4gatsu08.jpg 
しかし巣穴は寄生虫や細菌だらけ。そこでセンザンコウは毒を出す大好物のシロアゲアリを食べることによって、エネルギー補給の食事と殺菌をしている話を聞いて一言。

ということは、「毒をもって毒を制す」ということか!食事をしながらお肌までケアしているなんて、まさに一石二鳥。私にはマネ出来まセンザンコウ。なーんちゃって。

 

センザンコウが暮らす台湾の森では、激しい雨が降ると水没してしまうため、センザンコウも泳げなくてはなりません。
dajyare4gatsu09.jpg 
ウロコびっしりなセンザンコウ、一見とっても重そうですが、その重さは1枚2グラムほどで、さらに貝殻のように湾曲しているため、センザンコウが楽に泳ぐための秘密がこのウロコにあるという話しを聞いて一言。

ウロコが泳ぐのに役立っているなんて、まさに目からウロコですな!



15.jpg いかがでしたかな?
みなさんのお気に入りダジャレはありましたか?
見ているうちにおもしろいダジャレが浮かんだ人もいますかな??

 

28.jpg 
挑戦大歓迎~!ダジャレの投稿も待ってますぞ~