ダーウィンが来た!ブログ

2014年04月06日 (日)

ダジャレ反省会

 dajyare.jpg

ちょっと待った~!
どうもダジャレ反省会でおなじみのヒゲじいです。
 01.jpg
皆さん、いかがお過ごしですかな?
今夜の放送「歩いて冬眠!?ホッキョクグマの秘策」
は見ていただけましたかな?
さぁ!今日も元気よく3月分(前半)のダジャレ反省会はじめますぞ!
 


3月2日放送「空飛ぶ悪魔?謎の鳥カラカラ」

2014040601.jpg
 
フォークランド諸島に住むカラカラは、“好奇心”がとても旺盛な鳥です。
人を恐れず、時には物を奪いとることさえあるため、
「空飛ぶ悪魔」と呼ばれてきました。
でもこの“好奇心”が食べ物を探すのに役立っているんです。

獲物の海鳥たちが暮らす場所は、ほとんどが大人のカラカラの縄張りの中。
若鳥たちが入ってくると、すぐに追い払われてしまいます。
そこで若鳥たちは、縄張り以外の場所で、何が食べられるものはないかと、
見知らぬものでも何でも捕まえようとするんです。
ところが、食べられる物を見つけても、他の若鳥から横取りされることもしょっちゅう。
ライバルとの厳しい競争を常に強いられているんです。

食べ物をめぐってのしれつな争い。冬になると過酷さは増します。
夏は1000万羽もの海鳥で賑わっているフォークランドですが、
冬には海鳥のほとんどが島を離れるため、食べ物が極端に減るんです。
カラカラも島から出て行けばいいのではと思いますが、
フォークランドは西風が強く、しかも最寄りの陸地までは500キロもあります。
海鳥と違い、海の上で休めないカラカラには、あまりに遠いんです。
食べ物が極端に乏しい環境で、必死に生きていかなくてはいけません。

これを聞いてヒゲじい:
そうか。この島で生きていくしかないんだ。
あの強い好奇心や賢さは、厳しい環境で命
カラカラ生きている証し、
というわけですな!

 01.jpg


3月9日放送「激闘!ライオンVSバッファロー」

2014040602.jpg
 
ライオンといえば、アフリカ最強の肉食動物ですが
簡単には倒せない“強敵”がいます。
体重1トン近くにもなるアフリカンバッファロー(アフリカスイギュウ)です。
バッファローは、ライオンが接近してきても逃げません。
それどころか巨大な角を武器に、密集した状態で頭をライオンに向かっていきます。
これではライオンも手が出せません。ライオンの狩りは獲物の背後から襲いかかるやり方だからです。
そこでライオンたちがとったのは、バッファローの密集陣形を崩し、
群れから離れた一頭を狙うという作戦。
でもバッファローたちは、一度バラバラになってもすぐに集まって、
陣形を立て直してしまいます。なかなか勝負がつかないんです。

これを聞いてヒゲじい:
ほお~。だから一進一退の攻防が
延々と続くんですな。
バッファローたちは

だけに、ぎゅうぎゅうづめで
身を守る、ってわけですな。

06.jpg


でもライオンはあきらめません。
ある日、バッファローの群れが川を渡ろうとしていました。
ライオンは岸辺に身を潜め、街ち伏せ。油断していたバッファローを見事に捕らえました。

川岸には、乾季になると水がひいた窪地が現れます。そこに身を隠せば、バッファローに
気づかれることはありません。ライオンはそれを知っていて、うまく利用していたのです。

これを聞いてヒゲじい:
なるほどね~
ライオンたちの巧みな作戦に
いかに“
猛牛”バッファローといえども
もう、ぎゅうの音も出ない」
というわけか。

 01.jpg

皆さん、いかがでしたかな?
では、次回のダジャレ反省会でまたお会いしましょう!!