ダーウィンが来た!ブログ

2013年09月01日 (日)

ダジャレ反省会

dajyare.jpg

ちょっと待った~!
どうもダジャレ反省会でおなじみのヒゲじいです。
今夜の放送「森で発見!オットセイの秘密基地
は見ていただけましたかな?

01.jpg

 
さぁ!早速今日も元気よく8月分(前半)のダジャレ反省会はじめますぞ!


8月4日「世界遺産 知床の海 コンブの森は保育園!」

 2013090101.jpg

知床半島、羅臼町(らうすちょう)の沖合の羅臼コンブの森は、
魚たちが子ども時代を過ごす、
「海の保育園」のような場所といわれています。
その理由は、コンブの表面の動物プランクトンのおかげで
食べ物に困らないこと、
そして天敵からみつかりにくく安全なためです。

しかし、毎年2月ごろ海は流氷に覆われ、
コンブをひきちぎります。
魚やコンブにとって迷惑と思われますが、
実は大切な存在です。
コンブがなくなって明るくなるおかげで、
コンブの赤ちゃんが一気に育つのです。
また、流氷はコンブだけでなく
ライバルの海藻たちも引きちぎるため、
コンブばかりの森ができる、というワケなんです。
つまりコンブにとってみれば、流氷がたくさん来てくれたほうが、
自分たちの森を広げられるわけですね。

これを聞いてヒゲじい:

ナルホド。
それでコンブ保育園も
ますます賑わう。
流氷がくれば、

コンブも魚も、よろこんぶ
な~んてね

 06.jpg



8月11日「鳥のマンション!砂漠の巨大サボテン」
 2013090102.png

アメリカ南部からメキシコにかけて広がるソノラ砂漠に
巨大サボテン、ベンケイチュウがあります。
大きなものは高さ20㍍、重さ10㌧。
このサボテンに、キツツキの仲間、サバクシマセゲラが小さな穴をあけ、
他の鳥たちもこれを利用して、暮らしています。
鳥たちの「サボテンマンション」なんです。
人気の秘密は、サボテンの穴の中の温度が外より10℃ほど低いこと、
そして天敵を寄せ付けないサボテンのトゲです。
空調完備、おまけにセキュリティーも万全な「超優良住宅」なのです。

でも、最初に穴をあけるキツツキは
トゲが刺さって、大変じゃないかと思いますよね。
ところがキツツキが穴を開けるのは、サボテンの上のほう。
下にくらべるとトゲが細く、しなりやすいので、それほど痛くないんです。

これを聞いてヒゲじい:
そりゃ良かった。キツツキ君、
ヒキツヅキ(引き続き)、
トゲにはじゅうぶん注意してね。

アナウンサー:ヒゲじい、ダジャレのおかげで、
暑~いソノラ砂漠が涼しくなったみたい。ありがとうございます

ヒゲじい:う~ん、キツツイた(傷ついた)

18.jpg
 

皆さん、いかがでしたかな?
では、次回のダジャレ反省会でまたお会いしましょう!!

28.jpg