ダーウィンが来た!ブログ

 koborebanashi.jpg

次回、11月4日(日)の「ダーウィンが来た!」は
「巨大ゾウ キリマンジャロを登る!」
その取材こぼれ話を、一足お先にお届けします!

 

過酷極まる!前代未聞のロケ
キリマンジャロの山の中にいるゾウを探すという世界初の挑戦。今回のロケ地、
キリマンジャロ山はユネスコの世界自然遺産にも登録されている保護区。
山中を車では移動できません。
ゾウを探すために取材班がとった移動手段は・・・徒歩!!
けもの道をひたすらたどって探索するのですが、中腹は熱帯のジャングル。
ヤブをかき分けながら進むのもひと苦労です。動物にも出会えないまま、
山を上ったり下りたり。撮影もできないまま、ヘトヘトになってしまいました。

 

2018110101.jpg
幅50cmほどのけもの道

 

 2018110102.jpg

道なき道では迷うこともしょっちゅう

 


キリマンジャロ国立公園 最長入山日数を更新!
42日間にも及んだキャンプ生活は、キリマンジャロ国立公園の公式記録
の最長入山日数となりました。必要最低限の荷物しか持ち歩けませんが、
登山隊30人分の食料や機材となると、すさまじい量になります。
しかし当然、山中に荷物やゴミを置いていくわけにはいきません。
キャンプ地を移動するときには全てを運び、時には標高4,000mを超える
場所まで大荷物を持って行き来していました。現地のポーターさんたちは
本当にスーパーマンです。ありがとうございました!!

 

T2018110103.jpg

総勢30人の登山隊!

 

2018110104.jpg

大荷物を抱えて標高4,000m付近の岩場を登る

 

 2018110105.jpg

富士山の山頂に匹敵! 標高3600mでもテント生活。眼下には雲海

 


超硬水!驚きの効果
山の中のサバイバル生活。
キャンプ地を定めるための「決め手」は何だと思いますか?
答えは「水場」。食料・燃料などは持って歩けますが、水は毎日大量に必要です。
持ち運ぶのも限界があるため、キャンプ地は沢や湧き水の近くでしていました。
ただしこの水、ミネラル分がものすごくたくさん含まれる【超硬水!】
現地の人でも、飲むとお腹を壊すほどなんです。(衛生面ではなく、ミネラル過多が
理由のようです)やっかいな硬水ですが、悪いことだけではありません。料理に
使ってみると、硬水に含まれるカルシウムなどの成分が、肉を柔らかくする効果が
あるそうなんです。肉の煮込み料理などに適した水だとのこと。実際、キャンプ中の
一番人気の料理は「鶏肉と野菜の煮つけ」肉が骨からホロホロと崩れ落ちるほど
柔らかくジューシーな味わいで、過酷なロケの疲れを癒してくれました。

 

2018110106.jpg
近くの水場からくむ キリマンジャロの超硬水!

 

2018110107.jpg
キャンプ中の即席の台所

 

2018110108.png
一番人気!鳥と野菜の煮つけ

 


ダーウィンが来た!生きもの新伝説
「巨大ゾウ キリマンジャロを登る!」
放送は、11月4日(日) 総合テレビ 夜7:30~
お楽しみに~!!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)