ダーウィンが来た!ブログ

totugekiin.jpg

どうも~ヒゲじいです。
01.jpg
さてさて今日は担当ディレクターの鶴薗さんに突撃インタビューをしちゃいます。
いろんなお話を聞いてまいりますぞ~♪
鶴薗さんお願いします~♪

21.jpg

ヒゲじい、みなさんはじめまして!
平成最後の8月から仲間いりしました。鶴薗(つるぞの)と申します。
これまではNHK静岡放送局で、地域の番組を制作していました。
これからは「ダーウィンが来た!」で世界中の面白い生きものの新伝説を、
皆さんに届けられるように頑張ります!
よろしくお願いします!

 


23.jpg
ロケの前に必ずする事はなんですか?


長期ロケの前は髪を切りに行き、海に行って波乗りをしたり、カヤックを漕いだり、
自宅の周りを走ったりしてとにかく体を動かすように心がけています。
ロケの前は不安であたまがいっぱいになるのですが、体を動かしている間は
忘れられるし、運動後は前向きな気持ちになれるんです。
元気だから体を動かすのではなく、
体を動かすから元気になってロケに備えられるんです笑

 

2018093001.jpg
静岡の世界遺産富士山・三保の松原にてカヤック

 

 


21.jpg
ロケで感動した事とかあったら教えて下さい。


伊豆半島の南端にある神子元島でシュモクザメが100を超える
群で泳ぐ瞬間捉えようという番組を製作していたときのことです。
リサーチを重ね、この時期、このポイントなら間違いないとカメラマンと相談し
撮影を試みますが、サメどころか台風の影響で透明度が悪く、
さらに12年振りの黒潮の大蛇行というイレギュラーも発生してサメも現れず。
もう番組は終わりだと諦めかけていた最終日の前日・・・!
なんとか大集合を捉えることができました。
協力していただいたダイバー達とも大喜び、最後に一緒に飲んだビールの
味は格別でした。

 

2018093002.jpg
シュモクザメの群れを撮影したスタッフと大変お世話にになった地元のダイバーさん達

 

 


23.jpg
この生きものにはビックリした!そんなエピソードは?


富士山が作った溶岩洞窟で撮影をしていた時のことです。
地元のガイドに洞窟の中にできた水たまりには不用意に入らないでね。
と言われ何のことを言っているか分からなかったのですが、
よーーく覗いてみるとビックリ!
大きさ2mmほどのヨコエビの仲間がいるではないですか!!
こんなに小さなエビが、どうやって溶岩洞窟の奥に?
何を食べて生き抜いているのか?
不思議なことだらけでビックリしました。

 

2018093003.jpg
こんな溶岩の洞窟の水たまりにヨコエビの仲間がいたんです

 

 


21.jpg
ロケ地で本当に困った!そんな思い出ありますか?

 

浜名湖で晩秋の夜、ドウマンガニ(トゲノコギリガザミ)という地元では幻とも言われる
カニを探しに漁師さんの小舟に乗っていた時のことです。カニが最も活発に動くのが明け方
だと聞いて朝というより未明に探しに出かけた時、「プスンプスン…」とエンジンに元気が
無くなりついに止まってしまいました!
これは手漕ぎで捜索? 
というか撮影どころではない?
夜中だから他の漁師の助けも得られない…
と浜名湖のど真ん中で困り果てました。
ひとまずエンジンの様子を見て見ようと覗いてみると、何故か見覚えのある
船外機式のエンジンでした。実は私、学生時代からライフセービング活動を
しているのですが、救助艇に使っていたエンジンと同じメーカーのものだったのです!
なんとかその場で燃料給気系のトラブルを発見することができて、
撮影を再開することができました。

 

2018093004.jpg
夜中の撮影後、浜名湖の最高の朝日がクルーを包んでくれました

 

 

 

23.jpg

私ヒゲじいのことをどう思いますか?好きですか?(笑)

番組が始まったときはまだ私は高校生!
当時は「なんだよ~ここからがいいところなのにー!」なんて
思った時もありましたが、ヒゲじいの突っ込みはいつも素朴で、
そうだよねと納得させられることが多くて、
ディレクターとなった今となっては好きというより尊敬しています!
「ダーウィンが来た!」ではご覧になって頂く皆さんがあっと驚き、
笑ってもらえるような番組を精一杯制作していきますので、
どうぞこれからもよろしくお願いします!

 

28.jpg