ダーウィンが来た!ブログ

 koborebanashi.jpg

次回、6月10(日)の「ダーウィンが来た!」は
「密着30年 知られざるツキノワグマ」
その取材こぼれ話を、一足お先にお届けします!

 

横田流クマの探し方

今回の番組は、動物カメラマン・横田博さんが1988年以来約30年に
わたって撮り続けてきた1000時間を超す膨大な映像の中から、
選りすぐりのシーンを集めて制作しています。我々取材班は、その最後の撮影の
2年間(2015年春~2017年春)に密着しました。
そこで驚いたのが、横田さんのクマを見付ける早さ。ツキノワグマは
体が大きいと言っても、少し離れれば、もう点のようにしか見えません。
しかも、黒いので簡単に山の景色の中に溶け込んでしまいます。
広い山の中でクマを探すのは、“わらの中で1本の針を見付けるようなもの”
なんです。それを横田さんは、1kmも離れた斜面にいるクマを、
移動しながら瞬時に見つけてしまうんです。我々は、そこを指差されても、
全くわかりません。双眼鏡で確認して、やっとクマだと分かるほど。
まさに千里眼とでもいうべき秘密は、やはり30年間もクマを見続けてきた
経験です。横田さんは年間100日以上、クマを探しに足尾の山に入ります。
ということは、これまで約3000日、足尾の山の風景を見続けていることに
なります。その結果、斜面の木の一本一本、岩の一つ一つが、頭の中に焼き付いて
いるんです。ですから、そこにポツンと見慣れない黒い点が現れると、
すぐに「クマだ!」と反応できるんです。毎回毎回、驚かされた2年間でした。

 

 2018060701.jpg

撮影中の横田さん(どこにクマがいるかわかります?)   

 

T_2018060702.jpg

会心の映像が撮れて満面の笑み

 

ダーウィンが来た!生きもの新伝説
「密着30年 知られざるツキノワグマ」
放送は、6月10日(日) 総合テレビ 夜7:30~
お楽しみに~!!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)