ダーウィンが来た!ブログ

koborebanashi.jpg

次回、3月18日(日)の「ダーウィンが来た!」は
「匠の技で生きる!里山のもふもふ鳥エナガ 」
その取材こぼれ話を、一足お先にお届けします!

 

カメラマン泣かせの鳥・エナガ
日本では2番目に小さい鳥、エナガ(※ちなみに一番小さいのはキクイタダキ)。撮影を始めたのは寒さの厳しい2月ごろ。エナガは卵を産む栄養をつけるために食べ物探しに熱心です。とにかく休む間もなく枝から枝へと飛び移り食べられるものを探します。体が小さいうえに素早い動き。撮影は困難を極めました。姿を見つけてカメラが捉えた!と思ったら、ピントがあってなかった…なんてことも。丸い体はとってもキュートなのですが、カメラマン泣かせの鳥でした。

 

T_2017092101.jpg

白くてまん丸の体

           

2017092102.jpg
木々の間をビュンビュン飛び回る

 

 

羽のくすみは働き者の証
エナガのヒナが巣立つのは4月下旬ごろ。子育てを始めたころには白くてまん丸だった親鳥も、この頃には色がくすんで羽もバサバサ。まるで別の鳥のよう!3週間近くかかる巣作りに加えて、ヒナがかえったら夜明け前から日没まで、食べ物を探し回って何百回と巣に運んでいるわけですから無理もありません。巣立ってから2週間ほどすると、子どもは少しずつ自力で食べ物をとるようになります。この頃になるとエナガの夫婦も、羽づくろいをして休憩する姿が多く見られるように。ようやく育児も一段落して、のんびりできる時間が増えたみたいです。お父さん、お母さん、おつかれさまです!

 

2017092103.jpg

まるで別人!?の親鳥 

 

2017092104.jpg                   
のんびり休憩  

 


ダーウィンが来た!生きもの新伝説
「匠の技で生きる!里山のもふもふ鳥エナガ 」
放送は、3月18日(日) 総合テレビ 夜7:30~
お楽しみに~!!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)