ダーウィンが来た!ブログ

koborebanashi.jpg

次回、9月24日(日)の「ダーウィンが来た!」は
「スギが大好き! ニホンモモンガ」
その取材こぼれ話を、一足お先にお届けします!

 

「鳥取は雪国だ!」
皆さん、鳥取砂丘のある鳥取県が雪国って、ご存知でしたか? 今年、撮影現場の智頭町は、大雪による車の立ち往生で全国ニュースになりました。ロケ地はさらにその先7キロの山奥、人力で雪かきをしながら進みました。しかし、たどりつかず、ロケができない日もありました…。

 

2017091401.jpg
雪かきをしながら難所越え 

 

2017091402.jpg
大学生が大活躍!! 

 

2017091403.jpg
峠ではお手上げ


           
「大学生パワー炸裂!」 
撮影では、地元の公立鳥取環境大学の学生の皆さんに大変お世話になりました。モモンガは、なかなか姿を現さず、巣を出るときから見続けないと、一晩かかっても全く出会えないこともあります。動物に関心が高い学生は、昼間から一つずつ巣をチェック。バテて動きの鈍い中年クルーを助けていただきました。度々、夕飯まで作ってもらい感謝感激です!

 

2017091404.jpg
はしごを使って毎日巣をチェック

2017091405.jpg   
内視鏡カメラで巣穴を見る     

 

2017091406.jpg
自動撮影カメラの映像を確認

 


「モモンガの森を守る男たち」
「別にモモンガを守るのが目的ではありません」と怒られそうですが、撮影地の森は、手入れの行き届いた「スギ林」。地元、芦津集落の人たちは、4月下旬から週3日は山に入り、「自伐」とよばれる間伐作業を自ら行っています。そんな努力が、結果的に、モモンガの森を守っています。詳しくは番組で。

 

2017091407.jpg    
「自伐」作業がモモンガの森を守る    

 

2017091408.jpg
モモンガの森を守ってきた男たち

 

2017091409.jpg
整然としたスギ林が湖面に映る

 


「モモンガも撮影クルーも24時間体制!?」
生きものの撮影のなかでも、夜行性動物は大変です。一晩中観察しなくてはならなかったり、さらに昼も巣の中で子どもたちが動いていたり…。「働き方改革」が叫ばれる昨今ですが、モモンガたちはそんなことは露知らず…。

 

2017091410.jpg
一晩じゅう巣を見続けるスタッフたち 

 

T_2017091411.jpg
お母さんにお乳をせがむ子どもたち   

   

2017091412.jpg
少しでも睡眠を…

 


ダーウィンが来た!生きもの新伝説
「スギが大好き! ニホンモモンガ」
放送は、9月24日(日) 総合テレビ 夜7:30~
お楽しみに~!!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)