ダーウィンが来た!ブログ

2017年10月12日

koborebanashi.jpg

次回、10月15日(日)の「ダーウィンが来た!」は
「決め手は○○!小さなカニ 恋の大作戦」
その取材こぼれ話を、一足お先にお届けします!

 

えっ! アフリカゾウと同じレンズでないと撮れない !?
今回の主役、ハクセンシオマネキはとにかく小さい。何せ、甲羅の幅は大きなオスでも2センチ程度。しかも、ちょっとでも動くとすぐに巣穴に入ってしまう厄介ものでした。もちろん、虫の目レンズは大活躍!! 小さなカニも遠くの海もその向こうの山まで映ります!! でも、アップの映像の多くは、意外にも、アフリカでゾウを撮影するときと同じ望遠レンズ。この方法だと、カニに近づかなくともよいので巣穴に逃げこまれることもありません!

 

2017101201.png
意外! こんなに小さい!

 

2017101202.jpg
「望遠」レンズで小さいカニを撮影中

 

2017101203t.png
「虫の目」レンズで見ると…2センチのカニから遠くの山まで写っちゃいます!

 

2017101204.png
望遠レンズで撮ったハクセンシオマネキ 遠くから撮影できるのでカニは全く警戒していません

 


とても繊細なハクセンシオマネキ! ストレスがたまると体の色が変わります!!
ハクセンシオマネキは、甲羅に様々な模様があります。筋があったり茶色だったり、とても個性的です。それが繁殖期になると、甲羅一面が真っ白になるものも見られるようになります。でも、捕まえてみると…なんと真っ白だった色が茶色に変わってしまうではありませんか。ハクセンシオマネキは周囲の変化を敏感に感じ取り、ストレスを感じると体の色が変わってしまうんだそうです。とても繊細な生き物なんですね。

 

2017101205.jpg
オスの甲羅模様① 全面が濃い

 

2017101206.jpg
オスの甲羅模様② 白地にストライプ

 

2017101207.jpg
オスの甲羅模様③ 繁殖期には真っ白

 

2017101208.jpg
オスの甲羅模様④ ディレクターイチオシ! まるで人の顔のよう

 


実は、「台風男」? 干潟にやってきた新井アナウンサー 
今回は、ナビゲーターとして新井秀和アナウンサーに登場してもらいましました。番組内ではさわやかに登場し、とても楽しそうに見えます。が、実は撮影時、近くに大型台風が…その影響で予定より早く潮が満ちてくるし、風も雨も・・心配事が続出。とにかく、大急ぎで撮影を済ませ、新井アナは脱兎のごとく去っていきました。なんでも新井アナ、前の現場でも台風を連れてきて置き去りにしたそうな!

 

2017101209.jpg
さわやかな笑顔で登場! 新井アナウンサー


2017101210.jpg
撮影中、背後には不穏な雲が…

 

2017101211.jpg
新井アナのすぐ後ろには潮が…予想より早く満ちてきた!

 

2017101212.jpg
天気を気にしながらも賢明にロケを続ける新井アナ

 


ダーウィンが来た!生きもの新伝説
「決め手は○○!小さなカニ 恋の大作戦」
放送は、10月15日(日) 総合テレビ 夜7:30~
お楽しみに~!!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)