ダーウィンが来た!ブログ

2017年9月13日

totugekiin.jpg

どうも~ヒゲじいです。
実は私、今こっそりとある部屋に潜入しておりますぞ~♪
ここはダーウィンが来た!の担当ディレクターの方々がいる部屋です。
ここから数々の生きもの新伝説が生まれるんですね!
私ワクワクしてまいりましたぞ~♪
さてさて今日は「ダーウィンが来た!」新人ディレクターのYさんに突撃インタビューをしちゃいます。

こんにちは~♪


ヒゲじい、みなさん、はじめまして!
今年8月から仲間入りさせてもらいました、と申します。ここに来る前は、四国・愛媛のNHK松山放送局で、地域に根ざした番組を制作してきました。これからは、さまざまな地域で、さまざまな生きものたちの新伝説をみなさんにご紹介できるようがんばります!

 


23.jpg
ほうほう!松山局ではどんな番組をつくっていたんですか?

 

ドキュメンタリーからクイズ番組まで本当にいろいろでした。いちばん最初につくったのは、愛媛県の内子町にある、“棚田”についてのニュースリポートです。【日本の棚田百選】にも選ばれているところで、まさに絶景!

 

2017091301.jpeg

 

2017091302.jpeg
愛媛県内子町の泉谷棚田(いずみだにたなだ)。

 

この美しい風景と、ここで作られるおいしいお米を守るため、農家さんたちは稲作体験や移住者の呼び込みに力を入れています。もちろんこの風景にも感動したのですが、私が本当に感動したのは、ここでずっと稲作を続けていらっしゃるご夫婦との出会いでした。
毎年、同僚と稲作体験をさせてもらうなど関係が続いていたのですが、私の転勤が決まり、お電話でお話したときのこと。「またいつでもおいで。Yさんは孫やけんなあ。」
あったかい愛媛の言葉で、そう言ってくださったのです。番組制作の仕事は大変なこともあるけれど、いろんな感動に出会えます。

 


21.jpg
この生きものにはビックリした!そんなエピソードは?

 

瀬戸内海について『さわやか自然百景』を制作したときのこと。私たちは、浅瀬に集い小魚を食べる渡り鳥たちを撮ろうとしていました。そんな中、不審な動きをするやや大きめの鳥が・・・アオサギです。目を白黒させながら首を伸ばしたり縮めたり、何やらとっても苦しそう!それもそのはず、大きく開いたクチバシには、自分の頭よりはるかに大きい魚(もはや小魚ではない)が。魚をとらえたはいいものの、大きすぎて飲み込めないでいたのです。そのアオサギを応援しながらカメラを回すこと15分。魚の重さでクチバシが地面につきかけた、そのとき!ブルンと首を大きく一振り!次の瞬間には、ケロリとした表情。クチバシはぴったり閉じていました。「あんな大きいのも食べちゃうんだ・・・」アオサギの“生”への執念、驚きでした。
ところが編集中、このシーンを何度も見ているうちに何やら違和感が。念のため、1コマづつ再生してみると・・・なんと首を振った瞬間、魚はクチバシを離れ、岩の隅に叩きつけられていました。飲み込んだのではなく、吐き出していたのです。「野生動物も自分の実力を見誤ることあるんだ・・・」2度、驚かされたできごとでした。

 


23.jpg
では今後のロケでこれは撮影したい!と思う生きものはなんですか?

 

外国の生きものも魅力的ですが、四国の生きものたち!実は4年も暮らしていながら、ほとんど番組にはできていないんです。

2017091303.jpeg
西日本最高峰の四国山地・石鎚山。

 

自然豊かな四国、私自身もっと知りたいし、多くの人に知ってほしいですね。身近で馴染みのある日本の自然にも、新伝説があるはず!たくさんの驚きやワクワクを伝えられるようがんばります。

 


21.jpg
好きな生きものはなんですか?ペットとか飼っていますか?

 

実家ではネコを飼っていて、毛のあるモフモフ生きものはやっぱり好きです。でも、今の家では、毛も足もない、あの生きものを飼っています。そう、『ダーウィンが来た!』では出演回数が少ない、ヘビ。小さいころからハ虫類や両生類が好きで、5年ほど前から飼育を始めました。

 

T_2017091304.jpg

 

2017091305.jpg

コーンスネークというアメリカ原産のヘビ。
この子の名前は“そば”です。この写真はまだ小さかったころ。

 

なかなか市民権を得られないヘビですが、よく見るとかわいいでしょ?脱皮殻を財布に入れておくとお金が貯まる、などとも言われ、縁起の良い生きものでもあります。多くの人がなんとなく抱く「怖い」「気持ち悪い」「危ない」などのマイナスイメージ。いつか、払拭できたらいいなあと思っています。

 


23.jpg
私ヒゲじいの事をどう思いますか?

 

もちろん好きです!「そうそう、そこが聞きたかったの!」というところを、番組を観ている人に代わってぶつけてくれる頼もしい存在です。これからは私も制作側。ヒゲじいと視聴者の皆さんの疑問や気になるポイントに、しっかり答えられるよう精進しますので、どうぞお手柔らかにお願いします。

こちらこそよろしくお願いしますぞ~♪

以上、ダーウィンが来た!新人ディレクターYさんのインタビューでした!