ダーウィンが来た!ブログ

2017年6月 1日

koborebanashi.jpg

次回、6月4日(日)の「ダーウィンが来た!」は
「水が大嫌い!珍魚トビハゼ」
その取材こぼれ話を、一足お先にお届けします!

 

泥の上の撮影は大変!!
今回の主役、トビハゼは有明海の泥の上で暮らしています。
取材チームにとって、この「泥」がクセ者。
腰まで沈んで、撮影なんてとても無理。
困っていたら木道があった。ラッキ―!!
ところが、条件のいい巣穴が木道からさらに離れたところに・・・
そこでホームセンタ―で「すのこ」を購入。
この「移動木道」で巣穴に近づき、撮影に成功しました。

 

2017060101.png
泥の上で暮らすトビハゼ

 

2017060102.jpg
木道の上からいざ撮影

 

T_2017060103.jpg
巣穴に近づく「すのこ(・・・)」の移動木道

 

2017060104.png
こうして撮れたドアップのトビハゼ

 


24時間監視 ふ化の瞬間の撮影に成功!
トビハゼは、泥の中に巣穴を掘ってそこで卵を守ります。
巣の中はどうなっているのか?
長崎大学の皆さんに協力していただいて撮影に挑みました。
まず、卵が産みつけられている巣穴を見極めて内視鏡をセット。
その映像を近くに張ったテント内に設置したモニターで、24時間監視し続けること3週間あまり。
ある満月の夜、当番だった学生(野間さん)がわずかな異変に気付いた!
感動的なふ化の瞬間は、ぜひ番組をご覧下さい!\(^o^)/

 

2017060105.jpg
泥上に空いているトビハゼの穴 卵のある巣穴を見つけるのはプロ(先生)の神業

 

2017060106.jpg
内視鏡のカメラ部分を巣穴にセット


2017060107.jpg
ケーブルを陸上まで引っ張る

 

2017060108.jpg
テントに入って24時間監視

 

2017060109.jpg
映し出された巣穴の中 壁の粒々が卵

 

2017060110.jpg
皆さん ありがとうございました!

 


アパートで合宿生活! 
今回は、巣穴の24時間監視体制を組んでいた事もあって、撮影スタッフと先生、学生さん全員で、アパートで合宿生活をしました。
写真は、学生さんが作ってくれたある日の夕飯。
地元の食材をフル活用!とってもおいしかったー!

 

2017060111.jpg
アパートで合宿

 

2017060112.jpg
クツゾコ(舌平目)のムニエル イカの炒め物 ナスチーズなど とてもおいしかったです!

 


ダーウィンが来た!生きもの新伝説
「水が大嫌い!珍魚トビハゼ」
放送は、6月4日(日) 総合テレビ 夜7:30~
お楽しみに~!!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)