ダーウィンが来た!ブログ

2016年10月 9日

2016年10月09日 (日)

突撃インタビュー 

 

totugekiin.jpg

どうも~ヒゲじいです。
01.jpg
さてさて今日は担当ディレクターのマツムラさんに突撃インタビューをしちゃいます。
いろんなお話を聞いてまいりますぞ~♪
マツムラさんお願いします~♪


 

はい、松村です。
ことし8月に「ダーウィンが来た!」班に異動してきました。
これまでは鹿児島放送局で鹿児島ならではの火山の番組や、
離島にいる珍しい生きものの番組を作ってきました。
これからは日本だけでなく、世界を舞台に知られざる生きものを
どんどん紹介していきたいです!よろしくお願いします!

 

 

21.jpg
Q:こちらこそ、よろしくお願いいたしますぞ~
では、さっそく質問ですが、ロケの前に必ずすることは何ですか?

 

これから撮影する生きもののフィギュアを買って、
“お守り”としてロケに持って行くことです。
ロケ中は、邪魔にならない程度の小さいフィギュアを
ずっとカバンの中に入れておくんです。
「頼むから(カメラの前に)出てきてくれ!」という願いを込めて
毎回続けている“儀式”のようなものです。
このお守りのおかげで(?)今までのロケでは撮りたい生きものが
必ず出てきてくれました。
今後、フィギュアにもなっていないようなマニアックな生きものを
ロケする時には、また別の方法を考えないといけないですね・・・。


20161009a.jpg
これまでのお守りたち。ありがとうございました!

 

 

 

23.jpg

Q:ロケでのお楽しみは何ですか?

 

生きもののロケでは、ふつうの旅行では絶対に行かないような、
あまり知られていない場所に行くことが多々あります。
そんな場所では、初めて見るような食べ物に出会うことも多く、
毎日の食事が一番の楽しみです。ところが、まれに取材している
生きものが夕食となって出てくることもあり、
複雑な気持ちで頂くこともあります・・・。

 

2016100902.jpg
ある南の島での夕食。撮影していたノコギリガザミが食卓に!

 

 


21.jpg
Q:ロケ地で本当に困った!そんな思い出ありますか?

 

鹿児島県の薩摩硫黄島で、「ヘリグロヒメトカゲ」という
小さなトカゲを取材したとき、全く見つからずとても苦労しました。
そこで町中にトカゲの“指名手配”のポスターを貼らせて頂き、
島の人たちにも協力をしてもらってトカゲを探しました。
そして10日が過ぎた頃、島の駐在所の警察官の方が見事トカゲを発見!
ようやく撮影することができました。
指名手配された“ホシ”は必ず挙げる警察官、さすがです!

 

2016100903.jpg
町中に貼らせて頂いたトカゲの“指名手配”ポスター

 

 

 

23.jpg
Q:ロケで感動した事とかあったら教えて下さい。

 

種子島で、ウミガメの産卵&ふ化を間近で観察できたときです。
巨大なウミガメが砂浜に上陸するだけでも大迫力なのですが、
彼らが太平洋を横断して故郷の浜に戻って来たのだと考えると、
自然の偉大さを目の当たりにしたような気がして、とても感動しました。
また同じ時期には、小さな子ガメたちが海に向かってふ化していく姿も目撃!
とにかくかわいくて見入ってしまいました。

 

2016100904.jpg
上陸したウミガメ(驚かさないよう無人カメラで撮影)


2016100905.jpg
ガンバレ!海へと向かう子ガメたち

 

 


21.jpg
Q:今後のロケでこれは撮影したい!と思う生きものは何ですか?

 

コモドオオトカゲです。
有名な生きものですが、ぜひ自分の目でその迫力を感じてみたいです!
保護されている個体はよく知られていますが、本当の野生の姿は
分からないこともまだあるようなので、いつかコモドオオトカゲの新伝説を
皆さんに紹介できるよう頑張っていきたいです!

 

 

 

23.jpg
Q:では最後に自慢のダジャレをどうぞ!

 

はい。わたしの下の名前は「のりお」なんですけど、
一日でも早く生きものの新しい魅力を見つけて、
  先輩たちに「乗りお(のりお)くれない」ように頑張りたいです!