ダーウィンが来た!ブログ

2016年10月

2016年10月30日 (日)

イラスト紹介

irasuto.jpg

ちょっと待った!
いつも元気なヒゲじいです。
01.jpg
みなさん、いかがお過ごしですか?
さてさて、今日は皆さんからお送りいただいたイラストを、
どど~んと、ご紹介いたしますぞ~!


 

 

2016103001.jpg

東京都港区の長野 百夏(ながの ももか)さん(9歳)の作品です♪

 

 


 

 

 

2016103002.jpg

熊本県熊本市の宮本 大嵩(みやもと ひろたか)君(5歳)の作品です♪

 

 

 


 

 

 

2016103003.jpg

福岡県福岡市の松永 大輔(まつなが だいすけ)君(8歳)の作品です♪

 

 

 


 

 

 

2016103004.jpg

奈良県奈良市の大上 日奈(おおがみ ひな)さん(6歳)の作品です♪

 

 

 


 

 

 

2016103005.jpg

京都府京都市の木村 広子(きむら ひろこ)さん(55歳)の作品です♪

 

 


 

 

 

2016103006.jpg

東京都大田区の青葉 琴音(あおば ことね)さん(6歳)の作品です♪

 

 

 


 

 

 

2016103007.jpg

宮城県仙台市の山口 桜世(やまぐち さよ)さん(9歳)の作品です♪

 

 

 


 

ステキなイラスト、ありがとうございました~!!
皆さんからのお便りも、お待ちしておりますぞ~。

〒150-8001
NHK「ダーウィンが来た!」係
(※お名前、ご連絡先を忘れず記入してくださいね~♪)

Web投稿はこちら!!

https://upload.nhk.or.jp/video/index.aspx?id=darwin

(※お名前、ご連絡先を忘れず記入してくださいね~♪)

 

jikai.jpg

ちょっと待った~!
01.jpg
どうも、ヒゲじいです。
お待ちかね!
次回の「ダーウィンが来た!」の見どころを
ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのワタナベさん、おねがいしま~す。


 

は~い、よろしくお願いします!
次回は「コウモリの楽園」といわれる中米コスタリカが舞台です。

まずは、こちらの写真から。
一見、白い玉のように見えますが…
実はこれ、世界でも珍しい、白いコウモリなんですよ。

 


2016102701.jpg
葉っぱにくっつく白い玉!?

 

2016102702.jpg
かわいい!白いコウモリ

 


16.jpg
へぇ~!
白いコウモリもいるんですなぁ。
かわいい~。

 


ヒゲじい、驚くのはまだ早いですよ!
他にも不思議なコウモリたちが続々登場します!

 


2016102703.jpg
しわくちゃ顔のコウモリ

 

2016102704.jpg
足先に吸盤があるコウモリ

 

2016102705.png
魚捕りが得意なコウモリ

 

2016102706.jpg
ブタの上を忍び歩くコウモリ

 


05.jpg
えっ!?
ブタの上を歩くコウモリって、いったい何者?

 


ほ乳類で唯一、動物の血液を主食とするチスイコウモリです。
下の写真を見て下さい。まるで吸血鬼みたいでしょ。
10年間続いてきた「ダーウィンが来た!」のなかでも、
最上級の変わりモノですよ!

 


2016102707.jpg
血液が主食のチスイコウモリ

 


17.jpg
うひゃ~!!!
痛そう!!!

 


ところがね、ヒゲじい。
ブタは血が出ても、ぐっすり熟睡したままなんです。
チスイコウモリが、とっておきのスゴ技を
繰り出しているんですよ!

 

 

2016102708.jpg
襲われても全く目覚めないブタ

 

2016102709.jpg
切れ味抜群の鋭い歯

 


24.jpg
え~、ちょっと不気味だけど、怖いもの見たさで
気になっちゃいますぞ~!

 


「探検!びっくりコウモリワールド」
10月30日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

2016年10月23日 (日)

イラスト紹介

irasuto.jpg

ちょっと待った!
きょうもゴキゲン、ヒゲじいです♪ 
みなさん、いかがお過ごしですか?
01.jpg
今回は、とってもステキなイラストをご紹介しますぞ~!


 

 

2016102301.jpg

兵庫県神戸市の若山 楓太(わかやま ふうた)君

(8歳)の作品です。

 

絵を描いたり、ものを作ったりするのが大好きな楓太君が、
巨大なダイオウイカのイラストを送ってくれました!

「8メートルのダイオウイカ、
 すごくすごく映像がきれいでした。
 感動しました」
という、うれしいメッセージが添えられていましたぞ!

でも・・・おやっ?
これはいったい、どういうこと?

 

2016102302.jpg

 

ポイント、足がうごく?
んっ・・・?

 

 

2016102303.jpg

 

 

2016102304.jpg

 

おおおおお!
ダイオウイカが動き出しましたぞ~!
おもしろい工夫ですなぁ!!


さらにダイオウイカのまわりに、
いろんな深海の生きもののイラストも描いてくれています。

 

20161023a1.jpg

 

20161023a2.jpg

 

20161023a3.jpg

 

20161023a4.jpg

 

それぞれ特徴をしっかりとらえて描かれていて、
スゴイですなぁ。

楓太君は海の生きものが大好きで、
将来は魚のことを調べる研究者になりたいんだそうです。

大きな夢に向かって、がんばってくださいね!!
ヒゲじいも、応援していますぞ~。
素敵な作品を送っていただき、ありがとうございました!

みなさんの作品も、お待ちしておりますぞ~!!

〒150-8001
NHK「ダーウィンが来た!」係
(※お名前、ご連絡先を忘れず記入してくださいね~♪)

Web投稿はこちら!!
https://upload.nhk.or.jp/video/index.aspx?id=darwin
(※お名前、ご連絡先を忘れず記入してくださいね~♪)

28.jpg

jikai.jpg
ちょっと待った!
01.jpg
どうも、ヒゲじいです。

さてさて、次回の「ダーウィンが来た!」の見どころを、
ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのシノハラさん、おねがいしま~す。


 

はい、よろしくお願いします。
次回の主人公は、アフリカオオノガン。
アフリカ大陸全土に広く暮らしている大きな鳥です。
大陸の東部、ケニアで取材しました。

 


2016102001.png
巨鳥アフリカオオノガン

 


01.jpg
ずいぶん堂々とした鳥ですなぁ。

 

     

はい、大きくなると背の高さ150センチ、
体重は18キロにもなるんです。

実は、飛ぶ鳥のなかでは、
世界で一番重たい鳥なんですよ。

この辺りには、草食動物もたくさん
住んでいますが、ほらっ、ガゼルの中にいても
すぐにわかるくらい大きいんです。

 


2016102002.png
オオノガンとトムソンガゼル

 


05.jpg
本当だぁ!
ずいぶん大きい鳥なんですなぁ!

 


えぇ。でもそれだけではありません。
オオノガンが暮らしている場所には、
ジャッカルなどの肉食獣もいますが、
そういう動物に出会っても、
全くひるむことなく堂々としているんです。

 


2016102003.png
ジャッカルを無視するオオノガン 

 


25.jpg
うわっ、本当だ!
でも、いくらオオノガンが大きいといっても、
相手は肉食獣でしょう。
大丈夫なの?

 


はい、大丈夫なんですよ。
オオノガンには、天敵から逃れる
ある秘策があるんです。

 


03.jpg
はぁ!?
秘策って、何、何?

 


そのあたりは番組の中で詳しくお伝えしますから、
ちゃ~んと見て下さいね。

 

 

09.jpg
ハイ。よろしく頼みますぞ~!

 


まかせてください!
それにね、ヒゲじい。
オオノガンはプロポーズの方法もユニークなんです。
奇妙な姿に変身して、歌を歌って遠くにいる
メスを呼びよせるんですよ。

 


05.jpg
えっ!
歌まで歌うの?

 


2016102004.png
恋の歌を歌うアフリカオオノガンのオス

 


24.jpg
あれ・・・何ですか、この姿?
なんだか違う生きものになったみたいですぞ。

 


でしょう。
この奇妙な姿からドンドンドンと
不思議な歌を歌うんです。

 


03.jpg
え!
ドンドンドン???
どういうこと?

 


それも番組の中で!
アフリカの草原で繰り広げられるアフリカオオノガンの
暮らしぶり、どうぞお楽しみください。

 

「巨体をフル活用! サバンナの巨鳥」
10月23日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。
どうぞお楽しみに!!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承下さい。)

2016年10月16日 (日)

投稿写真

toukousyasin.jpg
ちょっと待った!
きょうも元気なヒゲじいです。
皆さん、いかがお過ごしですか?
21.jpg
今回は3歳の男の子が作った、すご~い作品とエピソードを、
ご紹介しますぞ~♪


 

2016101601.jpeg

作品名「西之島」

神奈川県川崎市の戸塚 瑛亮(とづか えいすけ)君

(3歳)からの投稿です。

 

瑛亮君は「ダーウィンが来た!」の大ファン。
「大探索! 西之島 知られざる自然」(2016年5月22日放送)を見てくれて、
おもちゃのブロックで「西之島」を作っちゃいました!

http://cgi2.nhk.or.jp/darwin/broadcasting/detail.cgi?sp=p460

 

瑛亮君が作った西之島、よ~く見てみると・・・
青い部分が海、まん中が噴火中の火山。
そして黄色く羽を広げて見えるのが、アオツラカツオドリ、なんですって。
番組のツボが、ちゃ~んと押さえられていますな~(笑)。

さらに瑛亮君は、ダーウィンのナレーション風に、
「ここは西之島。火山島なんです。
見てください、煙がみえますねぇ。
まだ噴火を続けているんです。
いました! アオツラカツオドリです」

そして、ヒゲじい風に
「ちょっと待った!
どうしてこんな危険なところに
アオツラカツオドリは生活しているんですか?」
「それはですね・・・・(続く)」

と、大人顔負けの説明をしながら、毎日遊んでいるんだそうです。
すっ、すご~い!!!

瑛亮君、ステキな作品とエピソードを送ってくれて、ありがとう!
これからも好奇心イッパイに、いろんな作品を作って遊んでくださいね!

みなさんも、こんなステキな作品や写真、お便りなど、
どしどしお寄せくださ~い♪
お待ちしてますぞ~。

 

〒150-8001
NHK「ダーウィンが来た!」係
(※お名前、ご連絡先を忘れず記入してくださいね~♪)

Web投稿はこちら

https://upload.nhk.or.jp/video/index.aspx?id=darwin
(※お名前、ご連絡先を忘れず記入してくださいね~♪)

28.jpg


jikai.jpg
ちょっと待った~!
01.jpg
どうも、ヒゲじいです。
お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころ、
ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのスズキさん、おねがいしま~す。



は~い! よろしくお願いします。
今回の主人公は、インドネシアのサメ
サンゴの海に暮らしています。

 

 

2016101301.png
主人公のサメ

 


05.jpg
あれれ?
これがサメ、なんですか?
ずいぶん地味ですなぁ。

 


ヒゲじい、そんなこと言ったら、きっと後悔しますよ~。
確かに見た目は派手じゃありませんが、
他のサメにはマネできない驚きのワザを持っているんです。
このサメ、なんと歩くんです。

 


12.jpg
えっ、サメが歩く!?

 


はい。
こちらがその様子です!

 


2016101302.png
サメが歩く!?

 


01.jpg
え~っ!?
この写真じゃよく分かりませんぞ~・・・

 


えぇ。確かに動画じゃないと分かりにくいんですが、
左右前後4つのヒレを動かして海底を歩いているんですよ。
その姿は、まるでトカゲのよう。
番組でじっくりご覧ください!

 


03.jpg
はい、それは楽しみですなぁ。
でも、何でサメが歩くんですかね?

 

 

ヒゲじい、いい質問ですね!
今回、私たちはまさにその“歩く”秘密に迫りました。
そして、4つの理由が見えてきたんです。

 

 

2016101303.png
丸みをおびた奇妙な顔

 


01.jpg
えっ、4つも。早く知りたい!

 


それも、番組のお楽しみ!
一生のほとんどを歩いて過ごす、謎に満ちたサメの暮らし。
ぜひご覧くださいね!

 

「奇想天外!歩くサメ」
10月16日(日)、夜7:30~、総合テレビでの放送予定です。
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

2016年10月09日 (日)

突撃インタビュー 

 

totugekiin.jpg

どうも~ヒゲじいです。
01.jpg
さてさて今日は担当ディレクターのマツムラさんに突撃インタビューをしちゃいます。
いろんなお話を聞いてまいりますぞ~♪
マツムラさんお願いします~♪


 

はい、松村です。
ことし8月に「ダーウィンが来た!」班に異動してきました。
これまでは鹿児島放送局で鹿児島ならではの火山の番組や、
離島にいる珍しい生きものの番組を作ってきました。
これからは日本だけでなく、世界を舞台に知られざる生きものを
どんどん紹介していきたいです!よろしくお願いします!

 

 

21.jpg
Q:こちらこそ、よろしくお願いいたしますぞ~
では、さっそく質問ですが、ロケの前に必ずすることは何ですか?

 

これから撮影する生きもののフィギュアを買って、
“お守り”としてロケに持って行くことです。
ロケ中は、邪魔にならない程度の小さいフィギュアを
ずっとカバンの中に入れておくんです。
「頼むから(カメラの前に)出てきてくれ!」という願いを込めて
毎回続けている“儀式”のようなものです。
このお守りのおかげで(?)今までのロケでは撮りたい生きものが
必ず出てきてくれました。
今後、フィギュアにもなっていないようなマニアックな生きものを
ロケする時には、また別の方法を考えないといけないですね・・・。


20161009a.jpg
これまでのお守りたち。ありがとうございました!

 

 

 

23.jpg

Q:ロケでのお楽しみは何ですか?

 

生きもののロケでは、ふつうの旅行では絶対に行かないような、
あまり知られていない場所に行くことが多々あります。
そんな場所では、初めて見るような食べ物に出会うことも多く、
毎日の食事が一番の楽しみです。ところが、まれに取材している
生きものが夕食となって出てくることもあり、
複雑な気持ちで頂くこともあります・・・。

 

2016100902.jpg
ある南の島での夕食。撮影していたノコギリガザミが食卓に!

 

 


21.jpg
Q:ロケ地で本当に困った!そんな思い出ありますか?

 

鹿児島県の薩摩硫黄島で、「ヘリグロヒメトカゲ」という
小さなトカゲを取材したとき、全く見つからずとても苦労しました。
そこで町中にトカゲの“指名手配”のポスターを貼らせて頂き、
島の人たちにも協力をしてもらってトカゲを探しました。
そして10日が過ぎた頃、島の駐在所の警察官の方が見事トカゲを発見!
ようやく撮影することができました。
指名手配された“ホシ”は必ず挙げる警察官、さすがです!

 

2016100903.jpg
町中に貼らせて頂いたトカゲの“指名手配”ポスター

 

 

 

23.jpg
Q:ロケで感動した事とかあったら教えて下さい。

 

種子島で、ウミガメの産卵&ふ化を間近で観察できたときです。
巨大なウミガメが砂浜に上陸するだけでも大迫力なのですが、
彼らが太平洋を横断して故郷の浜に戻って来たのだと考えると、
自然の偉大さを目の当たりにしたような気がして、とても感動しました。
また同じ時期には、小さな子ガメたちが海に向かってふ化していく姿も目撃!
とにかくかわいくて見入ってしまいました。

 

2016100904.jpg
上陸したウミガメ(驚かさないよう無人カメラで撮影)


2016100905.jpg
ガンバレ!海へと向かう子ガメたち

 

 


21.jpg
Q:今後のロケでこれは撮影したい!と思う生きものは何ですか?

 

コモドオオトカゲです。
有名な生きものですが、ぜひ自分の目でその迫力を感じてみたいです!
保護されている個体はよく知られていますが、本当の野生の姿は
分からないこともまだあるようなので、いつかコモドオオトカゲの新伝説を
皆さんに紹介できるよう頑張っていきたいです!

 

 

 

23.jpg
Q:では最後に自慢のダジャレをどうぞ!

 

はい。わたしの下の名前は「のりお」なんですけど、
一日でも早く生きものの新しい魅力を見つけて、
  先輩たちに「乗りお(のりお)くれない」ように頑張りたいです!

jikai.jpg

ちょっと待った~!
01.jpg
どうも、ヒゲじいです。
お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころ、ご紹介しちゃいます。
担当ディレクターのナカシマさん、おねがいしま~す。



はーい、分かりました!
次回の主人公は、こちら!
スズメよりも小さな鳥です。


2016072801.png
主人公はちょっと地味めな小鳥さん

 


16.jpg
うーん、なんだか地味な小鳥ですなあ。

 


この鳥の名前はサイホウチョウ
見かけは地味ですが、すごい技を持っているんですよ。
ヒゲじい、何だと思いますか?

 


01.jpg
特技?
サイホウチョウというからには、
「裁縫」だったりして!?
まあ、そんなわけないか。

 


おーっ、ヒゲじい、鋭い!
まさにそのとおりなんですよ。
なんとこの鳥、糸を使って裁縫しちゃうんです。

 


2016072802.jpg
鳥が裁縫ってこんな感じ?               

 


05.jpg
えっ!本当ですか!?
鳥が裁縫するなんて、にわかに信じられませんなあ。

 


ですよね。
でもね、本当なんです!
私たちは、これまでほとんど撮影されたことのない裁縫の現場に遭遇、
ちゃーんと映像におさめることに成功したんですよ。

 


01.jpg
ほぅ、すごいすごい!

 


サイホウチョウは、この裁縫するという能力があるからこそ、
危険いっぱいの森の中で安全に子育てすることができるんですよ。

 


2016072803.jpg
安全な場所で子育て

 


03.jpg
裁縫することで安全な子育てって・・・
どういうこと!?気になる~

 


気になりますよね。
その理由は、番組でたっぷりご紹介します。


「まさに職人! 裁縫する鳥」
10月9日(日) 総合テレビ よる7:30~ の放送です。
お楽しみに~!!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

2016年10月02日 (日)

投稿写真

toukousyasin.jpg
ちょっとまった~
どうも~♪ヒゲじいです。
皆さんいかがお過ごしですかな?

21.jpg

今日は投稿して頂いた写真を紹介してまいりますぞ~♪


 

 

20161002.jpeg

「ニイニイゼミ」
神奈川県川崎市の小谷 翔梧(こたに しょうご)くん(6歳)
からの投稿です。

 

ことしの夏、梅雨明けして、猛烈にセミが鳴き始めたころ、
翔梧くんが、つかまえたセミです。
毎年、セミ採りに熱心なんだそうですが、
ことしのセミは、これまで見たこともない小ささ!
大きさは3センチほどで、調べてみると、
「ニイニイゼミ」のようだったそうです。
図鑑によると普通にいるようだったのですが、
小ささに、お父さんもお母さんもびっくり!
写真を撮って放してあげると、元気に飛んでいったそうです。

楽しい夏の思い出ですな~。
翔梧くん、ステキな写真どうもありがとうございました!
みなさんも身近で撮影した生きもの写真やお便り
どんどんお寄せくださいね~♪

〒150-8001
NHK「ダーウィンが来た!」係
(※お名前、ご連絡先を忘れず記入してくださいね~♪)

Web投稿はこちら

https://upload.nhk.or.jp/video/index.aspx?id=darwin
(※お名前、ご連絡先を忘れず記入してくださいね~♪)

28.jpg