ダーウィンが来た!ブログ

2015年5月

2015年05月31日 (日)

イラスト紹介

 

irasuto.jpg

ちょっとまった~!どうも~♪ヒゲじいです。
今夜の放送「始祖鳥の生き残り!?翼にツメを持つ鳥」                 
は見ていただけましたかな?
さて、今日はイラスト紹介の日ですぞ~!
早速、始まり始まり~♪
23.jpg


 

 

2015053101.jpg

山梨県南都留郡の渡辺 甲惟(わたなべ かい)君(7歳)の作品です♪

 


 

 

2015053102.jpg

大阪府南河内郡の中西 舜哉(なかにし しゅんや)君(10歳)の作品です♪

 


 

 

2015053103.jpg

大阪府堺市の新井 日陽(あらい ひより)さん(9歳)の作品です♪

 


 

 

2015053104.jpg

東京都中央区の坂本 こころ(さかもと こころ)さん(6歳)の作品です♪

 


 

 

2015053105.jpg

群馬県前橋市の千代田 幸志郎(ちよだ こうしろう)君(6歳)の作品です♪

 


 

 

2015053106a.jpg

東京都杉並区の工藤 僚一郎(くどう りょういちろう)君(10歳)の作品です♪

 


 

 

2015053107.jpg

愛知県小牧市の出口 博章(でぐち ひろあき)さん(46歳)の作品です♪

 


 

 

2015053108.jpg

沖縄県那覇市の春木 ひなた(はるき ひなた)さん(7歳)の作品です♪

 


 

みなさん、素敵なイラストどうも有難うございました~!!
またお便り待ってますぞ~。

〒150-8001
NHK「ダーウィンが来た!」係
(※お名前、ご連絡先を忘れず記入してくださいね~♪)

Web投稿はこちら!!

https://upload.nhk.or.jp/video/index.aspx?id=darwin
(※お名前、ご連絡先を忘れず記入してくださいね~♪)
 28.jpg

jikai.jpg

ちょっと待った~!

01.jpg
 
どうも、ヒゲじいです。
お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころ、
ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのミズヌマさん、おねがいしま~す。
 


はーい、よろしくお願いします!
次回の舞台は、こちら、南米・アマゾンのジャングルです!

 

 

2015052801.jpg
南米・ペルー奥地 アマゾンのジャングル

 

そして、主人公はこちら!

 

 2015052802.jpg

1億5千万年前に生きていた鳥の祖先・始祖鳥(の化石)

 


 03.jpg
えっと、これは化石のようですが・・・???

 

あ、間違いました・・・ごめんなさい!
主人公は、この化石に残された鳥の祖先、
始祖鳥の生き残りと間違えられていた謎の鳥、ツメバケイです。

 


 2015052803.jpg

始祖鳥に間違えられた謎の鳥・ツメバケイ

 


 01.jpg
ほお、カッコいい鳥だとは思いますが、
何が謎なんですか?

 

がっしりとした体つきが始祖鳥によく似ていますが、
始祖鳥の生き残りと間違えられた最大の特徴があるのは、
ヒナなんです。こちらをご覧下さい!

 


2015052804.jpg

ヒナの翼にご注目!

 

 

2015052805.jpg

もっと近くで見てみると・・・!?

 

 

03.jpg
翼の先に何かとがったものが見えますなあ。
何ですか、これ?

 

これ、ツメなんです。
左右の翼に2本ずつ、鋭いツメが生えているんです!

 


 05.jpg
えー!鳥の翼にツメ!?

 

先ほどの始祖鳥は、恐竜から鳥に進化したばかりの原始的な姿をしていて、
翼に前足が変化した名残のツメを持っていました。
ツメバケイは、始祖鳥の生き残りではないんですが、
同じようなツメが、ツメバケイのヒナにもあるんです!

 


 25.jpg
へー、じゃあこのツメバケイのツメはなんのために
あるんですかね?

 

はい。実は、ヒナのピンチのとき、とっても役に立つんです。

 


 01.jpg
え?ヒナのピンチ!?

 

それはこちら!

 


 2015052806.jpg
ヒナが溺れちゃった!?

 


 10.jpg
わっ!ヒナが溺れちゃってる!!
こりゃ大変だ!

 

ご安心ください。ヒナは泳げるんです。
そしてこのあと、謎のツメが威力を発揮!
ヒナは生き延びることができたんです。

 


 05.jpg

えっ、ツメのおかげで助かったんですか?

 

はい。それは・・・番組をご覧下さい!

 


 11.jpg

えー、意地悪!
早く見たいですなあ。

 

「始祖鳥の生き残り!?翼にツメを持つ鳥」は、
31日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。

ぜひご覧下さい!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)


 

2015年05月24日 (日)

ダジャレ反省会

 

dajyare.jpg

ちょっと待った~!
どうもダジャレ反省会でおなじみのヒゲじいです。
 01.jpg
今夜の放送「細長~い口で生き残れ! 奇妙なワニ」                 
は見ていただけましたかな?
さぁ!今日も元気よく4月分(後半)のダジャレ反省会はじめますぞ!


2015年4月19日放送「海鳥ペンギン 森の〔珍〕子育て」

2015052401.jpg
 

ニュージーランドに暮らす、絶滅危惧種のフィヨルドランドペンギン。
急斜面を登って、深い山奥で子育てするとっても珍しいペンギンです。
森での子育ては往復が大変ですが、木の葉や草で巣やヒナを隠しやすく
天敵に狙われにくく安全なのです。
また、この地域は年間を通して大雨が降りやすい地域です。
卵やヒナは、森の大きな岩の陰で雨をしのぐことができます。

これを聞いてヒゲじい:
森は、天敵と大雨から子供を守ってくれる、安全な場所ということですな。
」はいいこと「盛り」だくさん! なんちゃって!
親鳥たちよ、子育て頑張ってね~!

06.jpg


 


2015年4月26日日放送「大都会にアユの楽園!?多摩川」

2015052402.png
 

大都会でありながら、多摩川には60種を越す魚が暮らしています。
ここ数年は、アユが爆発的に数を増やし1000万匹を超えるほどになりました。
ところが、飼いきれなくなった魚を川に放す人が後をたたず、200種を超える
外来種がみつかっています。特に最近、肉食魚コクチバスの子どもがみつかり、
このまま子孫を残し定着した場合、多摩川のアユに大きなダメージを与える
可能性もあります。
さらに心配なのが、水温の上昇です。
気温の高い冬が続いたりすれば、より多くの外来種が急増したり
定着してしまう可能性もあるのです。

これを聞いてヒゲじい:
うーん。多摩川の魚たちは、きっとこう言っていますよ
「もう
タマ らん」てね。
 06.jpg
 

4月後半のダジャレを振り返りましたが、いかがでしたかな?
次回のダジャレ反省会でまたお会いしましょう!!

 

jikai.jpg

ちょっと待った~!

01.jpg
 
どうも、ヒゲじいです。
お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころ、
ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのタケガミさん、おねがいしま~す。
 


はーい、よろしくお願いします!
次回の舞台は、こちら!

 

2015050701.jpg

ヒマラヤ山脈の麓

 

そして、主人公はこちら!

 

 

2015050702.jpg

細長~い口のワニ

 

ヒマラヤ山脈のふもと、
ネパールの川にすむ絶滅危惧種のワニ
インドガビアルです!
口が細長~いのが特徴なんですよ!

 


 05.jpg
何ですか、このワニ。
口が細すぎやしませんか?
なんでこんな口してるんです?

 

この細長い口!
あることに大活躍するんです!
それは、こちら!

 


2015050703.jpg

狩りの様子1

 

2015050704.jpg 
狩りの様子2

 


 19.jpg
うわ!口で魚を取ってる!
なんか、お箸でつかんでいるみたい、器用ですな~。

 

でしょ!
この細長~い口は、水の抵抗が少ないので、素早く振り回せるんです!
だから魚の早い動きにもついていくことができるんですよ!

 

 

25.jpg
 
なるほど、この口、他のワニのような大きな口に比べると
弱々しい感じがしていましたが、
魚を取る時に大活躍するんですな!

 

そうなんです!
それにね、ヒゲじい、この細長い口、
もっともっとすごいことにも使うんですよ。

 

 

03.jpg

え?なになに?

 

なんと口から謎の爆音を出すんです。

 


 05.jpg

え?爆音?
なんですかそれ?

 

私も最初にこの情報を聞いた時には
にわかに信じられなかったんですけど…
出していたんです、ボン!という音を!

 


 12.jpg
わ!びっくりした!本当ですか?

 


2015050705.jpg 
謎の音の真相を解明!

 

はい!ぜひ番組で大迫力の音をお聞き下さい!
ちなみに、この謎の爆音、世界で初めて野生での撮影にも成功しました!
スクープ映像の数々、ぜひご覧下さい!

 


 01.jpg
おぉ、それはかなり気になりますな!
早く見たい!見たい!

 

「細長~い口で生き残れ!奇妙なワニ」は、
2015年5月24日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。

ぜひご覧下さい!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

 

2015年05月17日 (日)

ダジャレ反省会

 

dajyare.jpg

ちょっと待った~!
どうもダジャレ反省会でおなじみのヒゲじいです。

01.jpg
 
今夜の放送「大追跡!穴掘り珍獣ツチブタ」                 
は見ていただけましたかな?
さぁ!今日も元気よく4月分(前半)のダジャレ反省会はじめますぞ!


2015年4月5日放送「密着!ライオン母子 危険な2か月」

2015050301.png
 
ライオンを支えているのは、家族のチームワークですが、
母親は家族の力を頼りにできない「試練の時」があります。
それは、出産から2ヶ月ほどの間です。
ライオン家族は獲物を求めて、毎日何キロも縄張りの中を歩き回るため、
赤ちゃんと一緒では家族の足手まといになってしまうんです。
たくさんの危険な相手に囲まれながら、
子どもがしっかり歩けるようになる生後2か月まで
たったひとりで子育てをしなければなりません。

お母さんは縄張りの中に、隠れ家を何か所も持っていて、
子どもたちを数日ごとに移動させたり、精一杯工夫して、
最も危険な2か月を何とか乗り切っています。

これを聞いてヒゲじい:
ん~、百獣の王、ライオン
こん
試練の時があったなんて、
しれんかったです。
お母さんは、
えライオン

06.jpg
 
4月前半のダジャレを振り返りましたが、いかがでしたかな?
次回のダジャレ反省会でまたお会いしましょう!!

 

 jikai.jpg
どうも、ヒゲじいです。

01.jpg
 
お待ちかね!
次回の「ダーウィンが来た!」の見どころ、ご紹介しちゃいます。
担当ディレクターのハシバさん、おねがいしま~す。
 


はーい、わかりました!
主人公は、アフリカに暮らすツチブタです。

 


 2015051401.png
主人公ツチブタ

 


 05.jpg
へー!ブタの仲間なんですか?

 

いいえ、名前はツチブタですが、ブタとは全く違う生きものです。
地面の土を掘って巣穴を作り、鼻がブタに似ているため、
土(ツチ)と豚(ブタ)でツチブタという名前がついたんです。

 


 2015051402.png
巣穴に入っていくツチブタ

 


 01.jpg
なるほど~。
で、いったいどんな暮らしをしているんですか?

 

それが・・・実は、ほとんどと言っていいほど分かっていないんです。
完全な夜行性である上に、警戒心がとても強くて、
地元の人ですら出会うことも難しいほど。
こう見えて珍獣中の珍獣なんですよ。

 


 05.jpg
えー!そうなの!?

 

私、ライオンやゾウなど、サバンナの野生動物の撮影には
自信があったのですが、今回の撮影にはホント、苦労しました・・・。

 


 03.jpg
ライオンやゾウより撮影が難しいなんて、
意外ですなぁ・・・。

 

でもね、ヒゲじい。
今回、ケニアの研究チームと協力して、
GPSを使っての大追跡を敢行!
さらに赤外線カメラなどの特殊機材を駆使して、
詳しい生態の撮影に成功したんですよ!

 


 2015051403.png
スクープ!巣穴から出てくるツチブタ

 


09.jpg 
ほー。これがそのお宝映像ですか!

 

はい。さらに土を掘るスゴワザもとらえましたよ!

 


 2015051404.png
地面を掘るツチブタ

 


 27.jpg
えっ、どれどれ?

 

詳しくは・・・、番組でご紹介します!

 


 11.jpg

えー、意地悪! 早く見たいですなぁ。

 

世界初!珍獣ツチブタの素顔に迫る
「大追跡! 穴堀り珍獣ツチブタ」は
総合テレビ 17日(日)夜7:30から放送です。


 

2015年05月10日 (日)

ダジャレ反省会

 

dajyare.jpg

ちょっと待った~!
どうもダジャレ反省会でおなじみのヒゲじいです。

01.jpg

皆さん、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたかな?
さて、今日は3月分(後半)のダジャレ反省会をいたしますぞ~。
たくさんありますのでお楽しみに~!!


2015年3月15日放送「スクープ特集 仰天!スゴ腕のハンターたち」

2015051001.jpg

スクープ特集の最初のスゴ腕のハンターは、ハシビロコウです。
ハシビロコウは、一日の大半、ピクリとも動きません。
大好物は、肺でも呼吸をするマンバという魚で、酸素が少なくなると、
水面に口を出して、数時間に1回の割合で息継ぎをします。
泡が出れば、そこにマンバがいる証拠。
ハシビロコウは近づいていって、とにかくじっと待つんです。
そして、マンバが息継ぎに上がってきたところをすかさずキャッチ!

これを聞いてヒゲじい:
いや~ハシビロコウ、大したもんですな!
マンバをがマンバ強く待ち続け、
息継ぎの瞬間に
マンバと捕まえるとは、恐れ入りました!
なんちゃって!

06.jpg

 

2015051002.jpg

次のハンターは、花のように華麗で美しいハナカマキリ。
体を花に似せた生きものです。
ゆらゆらと奇妙に歩いたり、風に揺れたり、体の動きも花になりきります。
でもその素顔は他の虫たちにとって恐ろしいハンター。
ハナカマキリは紫外線を吸収し、花と同じ色になりきってハチをおびきよせます。
そして、口からミツバチが仲間を集めるときに使う匂いを出して、
捕まえやすい体の正面までだましておびき寄せているのです。

これを聞いてヒゲじい:
お~驚き驚き。
ハチは 「
」かと思って近づけば、
次は「
仲間」の匂いでダマされる。
ハナか? ナカマか?
その正体は
ハナカマキリ~
なんちゃってね。

06.jpg

 

2015051003.jpg

「スクープ特集 仰天!スゴ腕のハンターたち」では、
ハチクマ、ハナカマキリ、ハシビロコウと
スゴ腕のハンターを紹介しました。

ヒゲじい:
三者三様、どのハンターの狩りも、驚きにあふれていました。
カリと光るカリの技。
しっ
カリと見届けましたぞ~!

06.jpg

 



2015年3月22日放送「スクープ特集 一致団結!助け合う生きものたち」

2015051004.jpg

「スクープ特集、一致団結!助け合う生きものたち」に、
まず登場したのはワオキツネザル。
ワオキツネザルは、子どもを連れたお母さんが最も順位が高い”かかあ天下”です。
群れのメンバーはお互いに助け合いながら子どもを育てあげ、深い絆で結ばれています。
さらに、少ない食べ物を巡って、頻繁に縄張り争いが起こりますが、
戦うのは主にお母さんたちの役目です。
そして、争いのときも我が子のため、お母さんたちは団結して大切な縄張りを守るのです。

これを聞いてヒゲじい:
ワオキツネザルだけに仲間とのワオ(和を)大切にするってことか。
でも、私には かかあ天下 は
キツぃネ~・・・
なんてちゃってね。

06.jpg

 

2015051005.jpg

次の助け合う生きものは、ハキリアリ。
自分たちの食べ物の白いキノコの肥料となる葉っぱを小さく刻んで運び、
キノコにくっつけます。
アリたちの大きさは様々で、それぞれが専門の仕事を持っています。
見事な分業体制で作業し、効率的に巨大キノコ農場を営んでいます。
普段は効率重視の役割分担。でも、いざという時はみんなで協力します。
私たち人間の社会にも通じるモノがありますよね。

これを聞いてヒゲじい:
よしっ、私も今日からハキリアリみたいに
ハりキリって働きますぞ~!

06.jpg

 

2015051006.jpg

スクープ特集の最後の助け合う生きものは、仲間をなくしてしまったリカオンです。
ある日リカオンは、ジャッカルの家族をみつけ、親を追い払って子どもたちの
母親になろうとしました。しかし、ジャッカルの両親もゆずりません。
そんなある日、ハイエナが現われ、リカオンはジャッカルの両親と一緒になって 
ハイエナを追い払いました。
子どもを守るという共通の目的が生み出した、不思議な助け合い。
ジャッカルの両親もリカオンを仲間として認め、奇妙な共同生活が始まりました。
狩りの時も協力するようになり、種を越えて互いに助け合うようになりました。
これは、リカオンとジャッカルはどちらもイヌの仲間で、食べ物や行動がよく似ているから
こうした協力関係が出来上がったようです。


これを聞いてヒゲじい:
なるほどね。イヌの仲間だけに
ワンだふる、なお話でした~!

06.jpg

 


 2015年3月29日放送「荒野の育メン鳥 恋に子育てに全力疾走!」

2015051007.jpg

タゴニアに住むダーウィンレア。
メスが卵を産むとオスはたった1羽で、1か月以上卵を温め、ヒナを育てます。
天敵のキツネが卵を狙って来るため、食事に出るのも1日わずか30分ほどです。
オスが1羽で子育てを頑張っているのに、メスたちは「新たな恋に走ります」。
ひどい話のようですが、パタゴニアは厳しい環境のため、寒さによって卵が死んでしまったり、
天敵に食べられてしまったり、卵の半数近くはふ化に至らないのです。
そのため、メスは卵を産んでは、次のオスへ渡り歩き、できるだけ多くの卵を産みます。
子育てを行わないのは、卵を産む役割に徹するからです。
そしてオスは、メスから託された卵を一手に引き受け、ヒナが誕生したあとも、
面倒を見続けます。産卵と子育てを夫婦で役割分担をしているのです。
 

これを聞いてヒゲじい:
うーん、なるほどね~。
メスが新たな恋に走ったのも、厳し~い荒野で命を繋ぐためだったんですな。
オスとメスはきっとこう言っていますぞ。
「お互い頑張って
荒野を生きてい荒野!」
なんちゃって!

06.jpg
 

3月後半のダジャレは盛りたくさんでしたな~。
次回のダジャレ反省会でまたお会いしましょう!!

jikai.jpg

ちょっと待った~!

01.jpg
 
どうも、ヒゲじいです。
お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころ、ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのワタナベさん、おねがいしま~す。
 


はーい、よろしくお願いします!
次回はインド洋に浮かぶ小さな島、クリスマス島が舞台です。
まずは、こちらをご覧ください!

 


 2015051401.jpg
道路をカニの大群が埋め尽くす!

 


 01.jpg
ひぇ~!道路一面カニだらけですぞ!
いったい何これ? 
映画のワンシーンのようですか・・・?

 

いやいやヒゲじい、
これは年に一度クリスマス島で実際に起きる光景なんです。
こちらが今回の主人公、森にすむアカガニです。

 


 2015051402.jpg
森に暮らすアカガニ 

 

この、森にすむアカガニ5000万匹が、
海を目指して一斉に大行進するんです。

 


 2015051403.jpg
森から海へ大行進!

 


 2015051404.jpg
海岸に集結したカニの大群 

 


 05.jpg
おー、スゴイ数ですな!
でも、どうして海まで大行進するんですかね?

 

それはねヒゲじい。
海に卵を放つためなんです。

 

 

2015051405.jpg 
母なる海へ、わが子を放つ

 

 

2015051406.jpg
次々に海へ押し寄せるカニたち

 


 01.jpg
いやはや、スゴすぎて圧倒されちゃいました!

 

実はね、ヒゲじい。
今回、もっともっとスゴイ場面に遭遇したんですよ!
子どもたちを狙ってやってくる、世界最大の魚・ジンベエザメ。
大口を開けて子どもたちを吸い込んでいきます。

 


2015051407.jpg

 

世界で初めて撮影!
アカガニの子どもを狙うジンベエザメ

 


 2015051408.jpg
大きな口で海水ごと吸い込む!

 


 12.jpg
うわー!スゴい迫力!!

 

それだけじゃありません。
30年ぶりの規模という、
子ガニの集団上陸にも遭遇したんです!

 

 

 2015051409.jpg
30年ぶりという子ガニの集団上陸にも遭遇!

 

 
05.jpg

スゴい数!!
う~~~ん、こりゃ楽しみですな!

 

ハイ!驚きの映像満載でお届けします!どうぞお楽しみに!!!

 

「一面真っ赤!カニ5000万匹の大行進」
5月10日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。

(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

 


totugekiin.jpg
 
どうも~ヒゲじいです。
今日の放送「猛毒タケノコが大好物!謎のサル」
見ていただけましたかな?
きょうは「ダーウィンが来た!」のナレーションを担当されている
アナウンサーの方々がいる部屋にやってきました。
 23.jpg
今回は、この4月から加わりました
中山準之助アナウンサー
突撃インタビューをしちゃいます。
いろんなお話を聞いてまいりますぞ~♪
 


 

2015050301.jpg

 

 

23.jpg

Q :先日放送した「多摩川」が初めての収録でしたが、いかがでしたか?

戸惑いがあったというのが、正直なところです。
だって「主人公が“川”!?“動物”じゃないの?」と・・・(冷汗)
でも、多摩川には、都会が生んだ大自然があることを知り、
江戸川のほとりで育った私としても、とても興味深く、
最終的には、かなり身近な気持ちでナレーションすることができました.。

 

 

 

21.jpg
Q:ナレーション収録の際に、心がけていることはなんですか?

現場の映像や音、そして効果音などを邪魔しないことです!
番組に溶け込んだナレーションになったときこそ、
番組がより素晴らしいものになるものと思っています。
「ダーウィンが来た!」では、生きものに
「寄り添う」スタンスで、頑張っていきたいと思います!

 

 

 

 21.jpg
Q:好きな生きものはなんですか?ペットとか飼っていますか?

犬が大好きです。
「ハナ」と名付けた犬を、高校の頃から10年以上実家で飼っていました。
柴犬より少し大きいぐらいで、愛くるしい目をしていて、
人見知りが激しい犬でしたが、一緒にランニングをしたり、遊んだり・・・。
いまも心の中でずっと生きている大好きなワンちゃんです。

 

 

 

 23.jpg
Q:この生きものだけは無理!苦手!はありますか?

本当にないんですよねぇ。
強いて挙げれば、人を襲うかもしれない動物は嫌いです。
あっ、でも、ヒグマにも可愛らしい部分があるんですよねえ~。
やっぱり、無理!苦手!という生きものは、いません!!

 

 

 

 21.jpg
Q:もしロケに行ければ、見てみたい、リポートしたい生きものは?

100m走を10秒台で走っていた特技を活かしての、チーターとの対決!
と言いたい所ですが・・・さすがに勝てそうもない(笑)!ので、
あえての“海”、海の生きものと一緒に泳ぎながらのリポートをしてみたいです。
実は、潜水士の資格を持っていて沖縄が大好きなので
和久田アナウンサーと同じく、「ジンベエザメ」が気になってます。
あと、「マンタ」も見てみたいですね~♪

 

 

 

 23.jpg
Q:私ヒゲじいの第一印象は?

触ったら、ふわふわしていて、気持ち良さそう。
私もダジャレが好きなので、気は合うはず!と信じております。

 

 

 

 21.jpg
Q:最後にご自慢のダジャレをどうぞ!

う~ん、いろいろありますが、ここは大好きだったアニメより
「布団が吹っ飛んだぁー」「電話に誰も出んわ」
(失礼しましたー!)

 

 28.jpg