ダーウィンが来た!ブログ

2015年3月19日

jikai.jpg

ちょっと待った~!
どうも、おなじみのヒゲじいです。

01.jpg
 
今日は次回の「ダーウィンが来た!」の見どころを、ご紹介しちゃいます。
担当ディレクターのクボシマさん、おねがいしま~す。



はい、了解です!
次回はこれまで放送した番組の中から
選りすぐりのエピソードを集めたスクープ特集の第二弾。
仲間と助け合って暮らす生きものたちを大特集します!

最初の主人公はマダガスカルに暮らすワオキツネザル
ワオキツネザルの群れは“かかあ天下”。お母さんたちがとっても強いんです。

 


2014031901.jpg 
お母さん(右)がオス(左)から食べものを横取り!

 


 05.jpg
え!かかあ天下!?
我が家でこんなことになるとちょっと困りますな・・・

 

でも、お母さんたちは威張っているだけではありません。
体を張って大切な縄張りを守るのもお母さんたちの役目なんです。
一致団結してライバルと闘うんですよ。

 


 2015031902.jpg
戦うお母さんたち

 

2015031903.jpg

戦いも子供を背負ったまま

 


 11.jpg

うわ!激しい戦い。
しかも子連れですか!? 

 

そうなんです。
この戦いは大切な我が子のため。
仲間と力をあわせて群れを守る、たくまし~いお母さんたちの姿、必見です!

そしてお次はこちら。中米の熱帯雨林で
せっせと葉っぱを運ぶハキリアリ。

 


 2015031904.jpg

大きな葉っぱを運ぶハキリアリ

 


 05.jpg

こりゃ、重そうですね~。

 

すごいですよね。
体の2倍もの重さの葉っぱを運ぶんだそうです。

 


 05.jpg
ほーそりゃスゴイ。

 

でも、こんなことで驚いちゃいけませんよ。
このアリたち、なんと100万匹で協力して「巨大農場」を作るんです。

 


 03.jpg
え?アリの「巨大農場」??
どういうことですか?

 

じゃあ、ほんの一部だけお見せしましょう。
こちらです!

 

 

 2015031905.jpg
力をあわせてキノコ栽培!

 

これは巣の中の様子。
運んだ葉っぱを肥料にして自分たちの食べ物である「キノコ」を栽培しているところ。
白っぽい部分がキノコなんですよ。

 


12.jpg 
へぇー!アリがキノコ栽培するんですか。

 

しかもこのハキリアリたち、効率良くキノコ栽培するための、
人間顔負けの驚きの助け合いの仕組みを持っているんですよ。

 


 01.jpg
え?何?どんな仕組みなの?

 

それは、番組を見てのお楽しみです。

さらにお次の主人公はこちら、アフリカに暮らすイヌの仲間、リカオンです。
仲間を失って、たった一匹でくらすこちらのリカオン、「ソロ」と名付けられています。

 


 2015031906.jpg
ひとりぼっちのリカオン「ソロ」

 

この「ソロ」が一緒に暮らすことになった新しい仲間は、
まったく違う種類の動物ジャッカルなんです。

 


 2015031907.jpg
仲間はジャッカル!?

 

「ソロ」はジャッカルと一緒に子育てしたり、狩りをしたり。
互いに助け合うようになったんです。

 

 

 03.jpg

えー?違う種類の動物ですよね??
一体どうなってるの?

 

こちらも是非、番組で見て下さいね。
種をこえた不思議な絆の物語です!

「スクープ特集 一致団結!助け合う生きものたち」
3月22日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。お楽しみに!

(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)