ダーウィンが来た!ブログ

2014年12月

2014年12月28日 (日)

年末のご挨拶

osirase.jpg
 
みなさん、いかがお過ごしですかな?
さて、今日は今年最後のヒゲじいのブログですぞ~。
01.jpg

2014年もみなさんに支えられて無事「ダーウィンが来た!」を
放送することができました。
今年もたくさんの生きものが登場しましたな~。
ホッキョクグマ、ハチクマ、東京湾の魚たち、カブトムシ、トラ、イノシシ、
クジラにアリに、、、、まだまだありましたな~。
みなさんの印象に残っている生きものはなんでしたかな~?

また、みなさんからたくさんのイラストやお便りをいただいて、
私にとって、とても充実した年になりましたぞ~。
どうも有難うございました!

来年もわたくし、はりきってたくさんの生きものを紹介していきますので、
一緒にお便りやイラストでヒゲじいのブログを盛り上げてください!!

それでは、
みなさんよいお年を~!!

28.jpg
 

2014年12月25日 (木)

休止のお知らせ

 

osirase.jpg

ちょっと待った~!
どうも、ヒゲじいです。

01.jpg

 

今日は休止のお知らせですぞ~。


次回、12月28日(日)の「ダーウィンが来た!」は、
休止となります。

次回は「珍獣サイガ  巨大鼻の秘密!」
来年1月4日(日)、夜7:30~、総合テレビで放送予定です。

どうぞお楽しみに!!!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

 では、みなさん楽しいクリスマスを~!!

28.jpg

 

2014年12月21日 (日)

ダジャレ反省会

 

dajyare.jpg

ちょっと待った~!
どうもダジャレ反省会でおなじみのヒゲじいです。

01.jpg
 
今年も残り少なくなりましたな~。
さぁ!今日も元気よく11月分(後半)のダジャレ反省会はじめますぞ!


11月23日放送「顔は口ほどにものを言う!クロザル」

2014122101.jpg
 

インドネシア、スラウェシ島の森に暮らすクロザル。
顔で気持ちを伝え合う、独特のコミュニケーション術をもっています。
笑ったような顔で挨拶をしたり、口を「パクパク」して親しみや愛情を伝えたりして、
クロザルたちの群れは、いたって平和です。
しかし、クロザルといえども、顔だけで争いごとは防げない時もあります。
そういう時は「マウンティング」という、順位の高い格上のオスが、格下のオスのお尻に乗る方法で、上下関係を確認することがあります。また、格上のオスが、わざと格下のオスにマウンティングさせて若者に格上気分をあじわせて、自分への敵意を減らし、争いのタネを極力減らしたりします。クロザルは様々なコミュニケーション手段を駆使して、群れの平和を築いているのです。

これを聞いてヒゲじい:
へぇ~ クロザル
コミュニケーション術で
争いごとの
苦労(クロ~)去(サ)る(ル)、なんてね。

06.jpg
 
 


11月30日放送「本当はスゴい!トビの実力」

2014122102.jpg
 

今日の主人公「トビ」。
「トビがタカを生む」なんて言われるくらいだから、「トビって他のタカより劣っているんじゃないの?主人公にふさわしいんですか?」と思われがちですが、トビはとってもスゴい能力の持ち主です。まずは、はばたかなくても、高く舞い上がることができる飛行能力。そして、食べものを見つけると急降下して、一瞬の早業でゲットできる能力も持っています。また、漁師さんが投げた魚をいただいて、人の暮らしを利用する賢さも持っています。

アナウンサー:「今日はそんなトビの実力に徹底的に迫ります。トビの見方が変わりますよ。」

これを聞いてヒゲじい:
うん、トビっきり楽しみだ!
なんちゃって!

06.jpg
 

湘南の海などでは、トビが自慢の飛行能力で人の食べ物を取っていく被害があとを絶ちません。しかし、もともとの原因は、人間が餌を与えたり、食べ残しを捨てたりしたことがきっかけで、賢いトビは人の食べ物を奪うことを覚えてしまったのです。こういった被害を防ぐには、ほとんどの場合トビは、人の後ろから襲ってくるので、壁を背負って食事をすれば、襲うことができないそうです。さらに、傘などで食べ物を隠すことも効果的な防衛方法だそうです。私たちのすぐそばで暮らすトビ。
私たちがほんの少し注意すれば、もっと、うまく付き合っていけるかもしれません。

これを聞いてヒゲじい:
いやー、まったくです。
ヒトがトビっと注意すれば、
ヒトとトビの関係はヒトットビで解決。
なんちゃって。
トビさん、お手柔らかにね~!

06.jpg
 


11月後半のダジャレを振り返りましたが、いかがでしたかな?
次回のダジャレ反省会でまたお会いしましょう!!

jikai.jpg

ちょっと待った~!

01.jpg
 
どうも、ヒゲじいです。
今日は、次回の「ダーウィンが来た!」の見どころを
ご紹介しますぞ~。
担当ディレクターのコヤマさん、おねがいしま~す。
 


はいは~い、よろしくお願いします!
次回はアメリカ東海岸、大西洋が舞台。
主人公は「謎の巨大ザメ、ウバザメ」です!

 


03.jpg 
「ウバザメ」って聞いたことありませんなあ、
どれくらい大きいんですか??


はい、全長は10メートル以上にもなります。
ジンベエザメについで地球で2番目に大きい魚です。
世界に広く暮らしているんですが、数が少なくめったに会えません。
謎だらけのサメなんですよ。


 

2014121801.jpg 
ウバザメと潜水カメラマン 

 

24.jpg 
わ~、確かに大きいですなあ。
カメラマンはサメに近づいて、危なくないんですか?


大丈夫です。
プランクトンを食べる、おとなしいサメなんですよ。
でもプランクトンを探してあちこち動き回っているので、
見つけるのが大変なんです。

 


 01.jpg
ふ~ん、どうやって見つけるの?


背ビレを水面の上に出してくれれば、
船から双眼鏡をのぞけば見つけられます。
でも、そう簡単ではありません。
そこで助っ人をお願いしました。
こちらの方!

 

2014121802.jpg

 

2014121803.jpg

飛行機からウバザメ探し 

 

24.jpg
ほう空からですか~、
ダイナミックですなあ。


はい。空からベテランのパイロットが目をこらすと、
水面近くにウバザメがいれば、巨体なので見つけやすいんだそうです。

 


2014121804.jpg 
空から見たウバザメの姿 

 


 25.jpg
わ、ホントだ!
ん?サメの後ろに何か見えますな!


では、もっとアップに寄ってみましょう!

2231.jpg 
空から見たウバザメとカメラマン 

 


 14.jpg
おー、人だ。2人いる。
サメを追いかけているようですな。


はい、ウバザメにはめったに出会えませんから、
撮影チャンスはごくわずか。
カメラマンが必死に追跡しているところです。
けっこう速く泳ぐんで、なかなかついて行けないんです(泣)。

 


 29.jpg
それじゃあ、撮影はうまくいかなかった…ってコト?


いえいえ、大丈夫です。
水面近くで「ひなたぼっこ」をするかのようにゆっくり泳ぐ姿、
バッチリとらえました。
それになぜか、ウバザメの方から船に近づいてきてくれることもあったんです。
 

 

 2014121806.jpg
「ひなたぼっこ」をするかのように泳ぐウバザメ 

 

2014121807.jpg  
自分から近づいてくるウバザメ 

 


 03.jpg
はぁ? どういうこと?
追いかけたから、サメは怒って襲いに来たとか?
もう許さめー、なんて。


ここでダジャレですか…。
私たちはその謎を探るため、空からの捜索や水中での観察に加えて、
世界で初めての試みにも挑戦しました。
研究者とともに新開発したカメラをウバザメに装着して、
一日中暮らしぶりを観察することに成功したんです。

 

 

2014121808.jpg

 

2014121809.jpg
ウバザメに新開発したカメラを装着!

 


 16.jpg
わー、かっこいいカメラですなあ。
で、謎は解明できたんですか?


詳しくは番組を見てのお楽しみ!
実は、ウバザメの不思議な行動は、
「狩り」や「繁殖」と深い関係があったんです。
番組では、実物大模型での実験も交えながら、
あの手この手で暮らしぶりに迫りました。
巨大なサメの「意外な素顔」をぜひご覧ください。


「謎の巨大ザメ 追跡大作戦!」
12月21日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。

どうぞお楽しみに!!!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

2014年12月14日 (日)

イラスト紹介

 

irasuto.jpg

ちょっとまった~!どうも~♪ヒゲじいです。
今夜の放送「なぜか人気者!砂漠のドロボウ鳥」      
は見ていただけましたかな?
さて、今日はイラスト紹介の日ですぞ~!
早速、始まり始まり~♪

23.jpg


 

2014121401.jpg

富山県富山市の米山 直宏(よねやま なおひろ)君(6歳)の作品です♪

 


 

2014121402.jpg

東京都北区の本郷 快(ほんごう かい)君(7歳)の作品です♪

 


 

2014121403.jpg
北海道山越郡の川瀬 優生(かわせ ゆう)君(7歳)の作品です♪

 


 

2014121404.jpg

東京都大田区の芦田 空(あしだ そら)君(5歳)の作品です♪

 


 

2014121405.jpg

滋賀県米原市の吉田 晴紀(よしだ はるき)君(6歳)の作品です♪

 


 

2014121406.jpg

和歌山県海南市の深澤 泰三(ふかざわ たいぞう)君(7歳)の作品です♪

 



今回は魚のイラストが多かったですな~。
どれもこれも上手でしたな~!!
みなさん有難うございました♪
またお便り待ってますぞ~。


〒150-8001
NHK「ダーウィンが来た!」係
(※お名前、ご連絡先を忘れず記入してくださいね~♪)

Web投稿はこちら!!

https://upload.nhk.or.jp/video/index.aspx?id=darwin
(※お名前、ご連絡先を忘れず記入してくださいね~♪)

28.jpg

 

 jikai.jpg
ちょっと待った~!
どうも、ヒゲじいです。

01.jpg
 
今日は次回の「ダーウィンが来た!」の見どころを、
ご紹介しちゃいます。
担当ディレクターのクボシマさん、おねがいしま~す。


はい!了解です!
今回の主人公は全身黒ずくめのこちらの鳥、
クロオウチュウといいます。

 

2014121101.jpg

 

2014121102.jpg

主人公クロオウチュウ


 

 

 01.jpg
なんだか、カラスみたいな鳥ですねえ。 


この鳥、アフリカ南部のカラハリ砂漠に暮らしているんですが、
寒い冬の時期に食べものを得るための、驚きのワザを持っているんです。

 


05.jpg 
え?どんな方法?


他の生きものをダマして、その獲物を横取りするんです。

 


11.jpg 
え? 横取り? 
それじゃドロボウじゃないですか!
どこが驚きのワザなんですか?

 


2014121103.jpg 
他の生きものから獲物を盗む


まあまあ、落ち着いて下さい。
確かにドロボウには違いないんですが、
驚くほど華麗な「盗みのテクニック」があるんです。
詳しくは放送で見てもらうとして……

 


 26.jpg
ズルッ、教えてくれないんですか。


それより、ただのドロボウじゃないってことをお見せしますよ。
普通、ドロボウしていたら、周りの生きものから嫌われちゃいますよね。

 


01.jpg 
そりゃそうでしょうねえ。


でも、クロオウチュウは人気者なんです。
ミーアキャットはよく盗みの被害にあうんですが、
クロオウチュウを追い払ったりはしません。

 

2014121104.jpg

被害者ミーアキャット

 

2014121105.jpg

意外に仲良し!?


それどころか、わざわざクロオウチュウの近くに
集まってくる小鳥たちもいるほどなんですよ。

 


 03.jpg
へえー 獲物を盗まれちゃうっていうのに。
一体どうして??


その秘密は、クロオウチュウの鳴き声にあるんです!
続きはぜひ、番組をご覧下さい。

 


10.jpg 
ええ~ ヒントだけなの~!?

 

 

2014121106.jpg

鳴くクロオウチュウ


「なぜか人気者! 砂漠のドロボウ鳥」
12月14日(日)、よる7:20~、総合テレビでの放送予定です。

いつもより10分早い放送開始となります。ご注意ください。
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)


 

 
2014年12月07日 (日)

ダジャレ反省会

 

dajyare.jpg

ちょっと待った~!
どうもダジャレ反省会でおなじみのヒゲじいです。

01.jpg
 
今夜の放送「強烈パンチ!モンハナシャコ」                 
は見ていただけましたかな?
さぁ!今日も元気よく11月分(前半)のダジャレ反省会はじめますぞ!


11月2日放送「体を張って大接近!凶暴魚ゴマモンガラ」

2014120701.jpg
 

屋久島の凶暴魚として知られるゴマモンガラ。
近づくと攻撃してくる凶暴な理由を、取材班が探りました。
すると実際は小さな魚に追いかけられたり、夜7時くらいになると眠ったり。
凶暴な魚と聞いていたのに、むしろおとなしいくらいです。

これを聞いてヒゲじい:
ふうん。ずいぶん落ち着いた生活ですな。
やーでも、どれほど凶暴か、見たかったですなあ。


アナウンサー:
はい、ヒゲじい、ご安心下さい!
実はこの後、ゴマモンガラが豹変するんです。
期待にそぐわぬ凶暴ぶりを、たっぷりご覧に入れますよ。


ヒゲじい:
え!あ、そ、そうなの?
今日、ボウとしていても、ある日突然、凶暴に。
なんて。期待しておりますぞ!

06.jpg
 


普段は穏やかな暮らしをしているゴマモンガラですが、ある日突然凶暴な魚に豹変します。その理由は、卵を産むための「産卵床」を守っているからでした。
さらに、ゴマモンガラは海水の温度により、凶暴になったり、おとなしくなったりを繰り返してしていることがわかりました。
25度だとおとなしく、28度のときには、急に凶暴になるのです。
研究者によると、ゴマモンガラは水温が低いとおなかに卵を持っていても産卵せず、産んだ後の発育がいい28度以上になると卵を産むのだそうです。
この時、凶暴になるのは、間もなく迎える産卵に備え、敵を近づけないようにしているからだったのです。

これを聞いてヒゲじい:
ほぉー、なるほど。
わが子を守るために、凶暴になるっていうわけですなー。

の愛をマザマザーと見せつけられました。
なんちゃってね。

06.jpg
 
 


11月9日「臆病?大胆?イノシシ徹底追跡!」

2014120702.jpg
 

最近、田畑ではイノシシに農作物を食い荒らされる被害が続出しています。
それは、人があまり入らなくなった荒れたままの竹林が増えていて、
そこにイノシシが人目を気にせず自由に出入りして、
大好物のタケノコを食べているからだといいます。
こういった竹林は、たいてい田んぼや畑のすぐ近くにあるため、
農作物の被害が増えているのです。

これを聞いてヒゲじい:
ちょっと、ちょっと、イノシシたちよ、
せめて農家の皆さんには、迷惑
をかけないでね!
(イノシシに土をかけられ)
うわっ 私に土も
かけないでね!

06.jpg



11月16日「“トラの王国”復活大作戦!」

2014120703.jpg
  

インドのベンガルトラは、毛皮や薬にするため、骨を目当てに密猟され、数が激減しました。
サリスカ国立公園では、2004年、ついに最後の1頭が殺されてしまいました。
そこで2008年、前代未聞のプロジェクトが立ち上がりました。
他の保護区で暮らすトラをサリスカ国立公園へ連れてきて、繁殖をさせ、
子孫を増やそうという作戦です。
しかし、国立公園の中には1万5千人が暮らしているので、
インド政府は住民に立ち退きを求めましたが、住民となかなか折り合いがつきません。
トラを守るために出て行けと言われても困る人もいるのでしょうが、
そうも言ってはいられない状況なのです。100年ほど前、インドには4万頭ものトラがいましたが、密猟や開発により、今では1700頭ほどしか残っていません。次の寅年の2022年までに野生のトラが絶滅する可能性を指摘する専門家もいます。

これを聞いてヒゲじい:
う~ん。待ったなし、ということですな。
どんなに苦労しても、
人も
トラトラ・イするしかありませんな。

06.jpg
 


11月前半のダジャレを振り返りましたが、いかがでしたかな?
次回のダジャレ反省会でまたお会いしましょう!!

 

 jikai.jpg

ちょっと待った~!

01.jpg
 
どうも、ヒゲじいです。
お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころ、
ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのタドコロさん、おねがいしま~す。
 


どうも、ヒゲじいこんにちは。
今回の主人公はこちらです。

 


2014120401.jpg

主人公のモンハナシャコ

 


05.jpg 
いや~、こりゃ不思議な顔ですな。
一体何なんですか?


モンハナシャコという生きものです。
お寿司でおなじみのシャコの仲間です。
実は、すごい技の持ち主なんですよ。

 


 01.jpg
何々?


こちらです。

 


 2014120402.jpg
一発KO!シャコパンチ

 


 05.jpg
え~、何してるの?


カニをパンチしているんです。
一発で粉々にしてしまうほどの威力なんですよ。

 

 

12.jpg
 へ~、そりゃスゴイ!


今回、元ボクシング世界王者の内藤大助さんとの
パンチ力対決も敢行!驚きのパンチ力に迫ります。

 


 2014120403.jpg
内藤大助さん VS モンハナシャコ 

 


 24.jpg
えー、どっちが勝ったの?


それは番組を見てのお楽しみ。
「強烈パンチ!モンハナシャコ」
2014年12月7日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。

(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承下さい。)