ダーウィンが来た!ブログ

2014年10月 5日

2014年10月05日 (日)

ダジャレ反省会

 

dajyare.jpg

ちょっと待った~!
どうもダジャレ反省会でおなじみのヒゲじいです。

01.jpg
 
今夜の放送「葉っぱが我が家! 小さなカニの大家族」                 
は見ていただけましたかな?
さぁ!今日も元気よく9月分(前半)のダジャレ反省会はじめますぞ!


2014年9月7日放送「珍獣マーラ 奇妙なご近所づきあい」

2014101201.png

 

アルゼンチンのバルデス半島に暮らすモルモットの仲間、マーラ。
いくつもの夫婦が、一つの巣穴で共同子育てをします。
でも決して仲が良いわけではありません。
ときには近づいてくる「よその子」に激しく攻撃!
ではどうしてわざわざ同じ巣穴で子育てをするんでしょう?
それは怖い天敵から身を守るメリットがあるからです。
天敵が来ると、親は走って逃げますが、子どもは速く走れないので、
親が逃げたのを合図に、巣穴に逃げ込みます。
でも、親も食事に行かなければならず、
ずっと巣穴で見張っているわけにはいかないので、
たくさんの夫婦が入れ替わりやってきて、
誰かしら見張り役になってくれる「共同巣穴」の方が都合がいいんです。

これを聞いてヒゲじい:
なるほどね。「共同巣穴」なら
いつも誰かがいるから、親が
食事に行っても こ
マーラない。
なんちゃって!

06.jpg


 


2014年9月14日放送「特技はかくれんぼ! 謎の鳥ヨタカ」

2014101202.jpg

 

茶色のまだら模様を保護色にして、
じっと動かないことで天敵から身を守るヨタカ。
あるヨタカのお母さんが、伐採された山の斜面で卵を産んで、子育てをしていました。
身を隠すものが何もなく、一見、無防備なこの場所ですが、
研究者によると、ヨタカにとっては、
卵を守るのに最適なのではないかといいます。
直射日光を受けた斜面はとっても暑くなるため、
日中はヘビなどの天敵がほとんどやってこないからです。
夜も木が生えていないところなので、あまり獲物がいない場所に見えて、
天敵たちも素通りするのではないかと考えられています。

これを聞いてヒゲじい:
なるほど。敵のウラをかく作戦というわけですな。
ヨタカちゃん、いい場所見つけてヨタッカね! 
なんて。

06.jpg
 
9月前半のダジャレを振り返りましたが、いかがでしたかな?
次回のダジャレ反省会でまたお会いしましょう!!