ダーウィンが来た!ブログ

2014年5月22日

 jikai.jpg
ちょっと待った~!

01.jpg
 
どうも、ヒゲじいです。
お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころ、
ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのタカギさん、おねがいしま~す。


はーい、よろしくお願いします!
次回は、アフリカの“幻の湖”に現れるフラミンゴの物語です。

 

 

01.jpg
おお、動物園でよく見ますぞ。
ピンクの羽がきれいですな。

 

そうですよねー。
今回紹介するのは、野生のフラミンゴ。
驚きの暮らしぶりをたっぷり紹介しますよ!
でもその前に、皆さんからよく寄せられる質問があるので、そちらから。

ヒゲじい、フラミンゴって、どうして一本足で立っているのか、知ってますか?

 


 03.jpg
そうなんですよ。ずーっと気になっていました。
やっぱり、休んでいるんですかな?
でも片足だとかえって疲れそうですけど・・・

 

 

 2014052201.jpg
一本足で立つフラミンゴ

 

確かに休んでいる時に一本足になることが多いですよね。
これにはちゃんと理由があるんですよ。

 

 

05.jpg
 へえ?どんな?

 

フラミンゴの足には羽がありませんよね。
この足から熱が奪われるのを防ぐために、
片足を羽の中にしまい、休んでいると言われているんです。

 

 2014052202.jpg
足には羽が生えていないフラミンゴ

 

 

05.jpg

へ-、そうだったんですか!

 

特殊なカメラで見てみましょう。
温度が高い場所は赤、低い場所は青く見えるようになっています。

 

 2014052203.jpg
サーモカメラを使ってフラミンゴを撮影する取材班

 

 2014052204.png
サーモカメラを使って撮影したフラミンゴ

 


 03.jpg
おや、クチバシと足が赤いですな。

 

そうでしょう。
羽のない場所から熱が逃げている証拠です。
フラミンゴは長い間水の中で過ごしますから、
体温が奪われてしまう恐れがあります。
それでこうして一本足で立ち、
熱をあまり逃がさないようにしていると
考えられるんです。

 

 2014052205.jpg
水中で片足で立つフラミンゴ

 


 07.jpg
なるほど。クチバシも羽にしまっていますな。
これも同じ理由かも知れませんなー。

 

さてお待たせしました。
ここからいよいよ番組のご紹介です。
舞台はアフリカ、ボツワナ共和国にあるマカディカディ低地。
雨季になると、突然湖が現れるんです。

 

 2014052206.jpg
マカディカディ低地に現れる“幻の湖”

 

 

18.jpg
 ひやーずいぶん大きいですな。

 

はい。秋田県くらいの広さがあるんですよ。
実はこの湖は「塩湖」。塩分濃度は海水の4倍もあります。

 

 

03.jpg

それはかなりしょっぱそう。
生きものが住めるんですかな?

 

そう思うでしょ。
でもこの湖を目指して、フラミンゴたちがやって来るんです。
その数なんと30万羽!

 

 2014052207.jpg
30万羽のフラミンゴが大集結

 

 2014052208.jpg
ピンクに染まった湖

 


 14.jpg
ワワワ!こいつはすごいですな。
一体なんでまた、そんなしょっぱい湖に?


ある食べ物がお目当てなんですよ。

 

19.jpg
食べ物?
ずいぶん、しょっぱそうな食べ物ですな。
私も塩辛は大好物ですが・・・。
で、いったい何ですか?

 

それは番組を見てからのお楽しみに!
そしてもう一つの見所がこちら!

 

 2014052209.jpg
ヒナたちの謎の行進

 

 

01.jpg
ん?これはヒナですかな。
なんか一列に行進しているようですけど。

 

そうなんです。
ヒナたちは100㌔もの道のりを集団で行進するんです。

 

 

03.jpg
 え?なんのために?

 

それは、とっても切実な理由のため。
これも番組を見てのお楽しみでーす。

 

 

11.jpg
 
早く知りたいですなー

 

番組では、塩の湖で生き残れる理由や、赤い羽の秘密など
フラミンゴの意外な暮らしぶりをたっぷりご紹介します!
皆さん、ぜひ観てくださいね~。
「フラミンゴ30万羽!謎の大行進」。
2014年05月25日(日)、よる7:30~、総合テレビ
での放送予定です。
どうぞお楽しみに!!!
(放送予定は変更になることがあります。ご了承ください。)