ダーウィンが来た!ブログ

2014年4月

2014年04月27日 (日)

イラスト紹介

 irasuto.jpg

ちょっとまった~!どうも~♪ヒゲじいです。
今夜の放送「跳べ!走れ!インパラ」は見て頂けましたかな?
暖かくなってきましたな~。
さて、今日はイラスト紹介の日ですぞ~!
では、早速はじめますぞ~!!
 23.jpg


 

2014042701.jpg 
千葉県船橋市の岡田 草大(おかだ そうた)君(6歳)の作品です♪

 


 

2014042702.jpg
 神奈川県川崎市の本田 茜里(ほんだ あかり)さん(8歳)の作品です♪

 



2014042703.jpg

神奈川県横浜市の宮 大悟(みや だいご)君(7歳)の作品です♪

 


 

2014042704.jpg
 

 

2014042705.jpg

大阪府茨木市の黄田 大賀(きだ たいが)君(7歳)と
黄田 悠賀(きだ ゆうが)君(7歳)兄弟の作品です。

 



 

2014042706.jpg

東京都立川市の高橋 優太郎(たかはし ゆうたろう)君(10歳)の作品です♪

  


 

2014042707.jpg

神奈川県大和市の鈴木 幸永(すずき ゆきと)君(5歳)の作品です♪

 


 

2014042708.jpg
静岡県御殿場市の柴田 創太(しばた そうた)君(6歳)の作品です♪

 


 

2014042709.jpg
 
東京都台東区の千代谷 宙樹(ちよたに ひろき)君(6歳)の作品です♪

 


かわいいイラストたくさんでしたな~!
みなさん、どうも有難うございました!!
また送ってくださいね~。
お便り待ってますぞ~。

01.jpg
〒150-8001
NHK「ダーウィンが来た!」係
(※お名前、ご連絡先を忘れず記入してくださいね~♪)

Web投稿はこちら!!
(※お名前、ご連絡先を忘れず記入してくださいね~♪)

 28.jpg

jikai.jpg

ちょっと待った~!
 01.jpg
どうも、ヒゲじいです。

お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころ、
ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのハシバさん、おねがいしま~す。
 


はーい、よろしくお願いします!
次回の主人公は、アフリカのサバンナに住む草食動物のインパラです。

 

2014042401.jpg

インパラの群れ        

 

2014042401a.png
 
角があるのがオス

 

 

01.jpg
お、アフリカのサバンナではおなじみの動物ですな。
何度も見たことがありますぞ!

 

そうでしょう?
でも、インパラが主人公になるのは今回が初めて!
実は、過酷なサバンナで生き抜くための、
すごーい能力を持つ生きものなんですよ。
そんなインパラの知られざる暮らしぶり、
一足先にお伝えします!

インパラは、サバンナの中でも、
まばらに木が生えたこんな林で暮らしています。

 

2014042402.png
サバンナの疎林

 

2014042403.png
最大の敵ヒョウ

 

でもインパラが暮らす林には、ヒョウもいます。
ヒョウは忍び寄りの達人、インパラ最大の敵なんです。

 


 05.jpg
こんな敵がいたら大変じゃないですか!

 

ええ。でもこのヒョウとの攻防が、
番組の見どころの一つなんです。

 

 2014042404.png
インパラを狙うヒョウ

 

ヒョウがインパラを狙って忍び寄ります。

 

 

17.jpg
 ああ、大丈夫なんですかね。

 

大丈夫!
インパラの敵を発見する能力は、
サバンナの動物の中でもトップクラス。
敵の接近をいち早く見つけることができるんです。

 

 

01.jpg
へー、そうなんですか。
でも見つけたって、早く逃げないとダメなんじゃないですか?

 

ご心配なく!インパラは逃げ足もピカイチ。
抜群のジャンプ力であっという間に逃げ切ってしまうんですよ。

 

6a.jpg
 
得意のジャンプ 

 

         

 24.jpg
おお~。かっこいい。
まるで空を飛んでいるようですな。

 

はい。高さ2.5m、距離10mにも及ぶスーパージャンプを
連続して行えるんです。
このジャンプが特に威力を発揮するのが林の中。
敵を、倒木など障害物が多い林に誘い込み、
自分たちは得意のジャンプで逃げてしまうんです。

 

 

01.jpg

なるほど。インパラならではの技ですな。

 

ジャンプの技は他にもあるんですよ。
敵の接近に気づくのが遅れたときに繰り出すジャンプです。
四方八方に跳んで敵の目をくらます、名付けて「八方跳び!」

 

 7a.png
秘技“八方跳び”

 

 

25.jpg
 
おー、ぜひ見てみたいですな~。
こんな能力のあるインパラは、
まさに敵無しってとこですかね?

 

いえいえ、猛獣たちの格好の獲物になってしまう者もいるんです。
それがこちら。

 

 8a.png
ひとりで暮らす縄張りオス       

 

9a.png
立派な角をもつ縄張りオス

 

 

25.jpg
 
おやおや?立派な角ですな?
でも一頭だけでいるってこと?

 

はい。自分の縄張りを持ち、そこに一頭だけで暮らすオスです。
「縄張りオス」と呼ばれています。
オスどうしの競争を勝ち抜いた、強~いオスなんですが、
群れを持たないため、警戒力が低く、敵の接近を簡単に許してしまうんです。

 

10a.png
ヒョウに襲われた縄張りオス

 


 29.jpg
あ!ヒョウにやられちゃってる。

 

危険をおかして、あえて一頭でいるのは理由があります。
それは“恋”のためです。
インパラのメスは、食べ物を求め、群れでサバンナを転々としています。
「縄張りオス」は、このメスの群れを独占し、
自分の子孫をより多く残そうとしているんです。

 

 2014042413.jpg
メスの群れ

 

 

 16.jpg
なるほど、危険な恋の賭けなんですな。
でもこんなにメスが来てくれれば、
頑張ってた甲斐もあるってこと?

 

そう思うでしょ?
でも、苦労はこれからなんですよ。

 

 

03.jpg
 
どういうこと?

 

 2014042414.png
繁殖相手を探すオス

 

「縄張りオス」は、自分の縄張りにメスがやって来ると、
その中から、どのメスが繁殖可能かどうかを一頭一頭、
チェックするんです。
群れには100頭近くのメスがいますから、
食事をするヒマもないほど忙しいんですよ。

 

 

04.jpg
 
それは骨が折れますなー

 

それだけではありません。
縄張りには、「独身オス」と呼ばれる縄張りを持たないオスたちが
やって来ることもあるんです。それを追い払うのも大変な苦労。
とにかく走り回るしかないんです。

 

13a.png
独身オスたち           

 


 05.jpg
ひえー。インパラの恋は体力勝負なんですな。

 

そうなんです。
か弱い草食動物なんて思っていたら大間違い。
サバンナという過酷な場所で、懸命に生き続けているんですよ。

 

 

07.jpg
 
いやー、インパラ見直しましたぞ!
早く詳しく見たいですな。

 

ええ。迫力ある映像が満載です。ぜひご覧下さいね!
「跳べ!走れ!インパラ!」
2014年4月27日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。

どうぞお楽しみに!!!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

 

2014年04月20日 (日)

ダジャレ反省会

 dajyare.jpg

ちょっと待った~!
どうもダジャレ反省会でおなじみのヒゲじいです。

01.jpg
 
皆さん、いかがお過ごしですかな?
今夜の放送「衝撃!ハチクマ軍団VSスズメバチ軍団」
は見ていただけましたかな?
さぁ!今日も元気よく3月分(後半)のダジャレ反省会はじめますぞ!
 



3月16日放送「自由奔放!海の冒険者ウミウシ」
 2014042001.jpg

 

“海の宝石”と呼ばれるウミウシ。
色や形がたくさんありすぎて、つかみどころがありませんが
いったい何者なのでしょうか?

 

アナウンサー:
ひげじいにクイズです!
このウミウシたち、何の仲間だと思います?
 
1番 イカ
2番 巻き貝
3番 ひとで

 
 03.jpg
う~ん、なんでしょうな。
わかった!
イカの仲間ですな。
だってこの泳ぎ、
イカとそっくりではなイカ
ダジャレも決まった!

 

アナウンサー:
正解は2番、巻貝の仲間です。
じつは、ウミウシの正体は「貝殻のない巻き貝」。
その昔、進化の過程で貝殻を脱ぎ捨てたのです。
殻を作るエネルギーを体の成長に使うことができるため、
急成長できるようになったと考えられています。
ウミウシは、硬くて重い貝殻を捨てることで、
大胆で自由奔放な進化を遂げた「巻き貝」なんです。

 

これを聞いてヒゲじい:
なるほど。色~んなウミウシがいてつかみどころがないのは、
を捨てた「から」ということか。
 07.jpg

 

 

ウミウシの中には、なんとウミウシを専門に食べるものがいます。
ウミウシ最大の敵、それはウミウシそのものだったのです。

 

これを聞いてヒゲじい:
ひぇー。ウミウシって、奥の深い生き物なんですなぁ。
あまりにディープすぎて、私、自分を、
う~、見失いました・・

06.jpg

 


3月23日放送「珍獣オポッサム サバイバル大作戦!」
 2014042002.jpg

 

アルゼンチンのシロミミオポッサムは、
ジャングルで天敵のオセロットに襲われると
死んだふりをします。
オセロットなどネコ科の肉食動物は、
動かない獲物には興味をなくし、立ち去るからです。
今から300万年ほど前、南米にいたオポッサム以外のほとんどの有袋類は、
より知能が高い有胎盤類との競争に敗れ、絶滅しました。
この厳しい競争の中、オポッサムが生き残るために編み出した技こそ、
「死んだふり」だったんです。

 

これを聞いてヒゲじい:
そんなすごい技だったんだ!
オポッサムがする「
擬死」。
本当に効果があるのか「
疑心」暗鬼でしたが、
生き抜くアイデアが「
ぎっし」りつまっていたんだ~!
 06.jpg

 

オポッサムは、子だくさんで、
1度に20匹以上の子どもを産むこともあります。
でも、お母さんの乳首は13個と決まっているので、
生まれるとすぐに競争が始まるのです。
オポッサムには「死んだふり」以外、とくに身を守る技がありません。
敵の多い森で生き抜くには、生まれた時から子どもに競争をさせ、
少しでも強い子を育てていくしかないのです。
しかも妊娠期間はたった12日!とても早いペースで産むことで、
少しでも多くの子どもが生き残るようにしています。

 

なるほど。頑張っているオポッサムを応援して、この曲を行ってみよう!
1・2・3・・・(♪AKB「ヘビーローテーション」が流れる)
強い「
ベビー」を何度も産む。
これぞ「
ベビー」ローテーション!
 06.jpg

 



3月30日放送「ヒナをだっこ!水上の“育メン鳥”」
 2014042003.png

 

オーストラリアのカカドゥ国立公園の湿地。
トサカレンカクは水辺に浮かぶ浮き草の上に巣を作ります。
湿地にはトサレンカクの大好物の小さな虫がいるので、
空を飛ぶより、大きな足で水草の上を歩きながら
探したほうが効率的なのです。
ワニがたくさんいて怖そうですが、ワニはもっぱら魚を食べるので、
トサカレンカクなんて眼中にありません。

 

これを聞いてヒゲじい:
なるほどねぇ、トサカレンカク
安全な水草の上を、もう
離れら
レンカク・・・。なんちゃって!
 06.jpg

 

子どもが生まれると、お父さんが翼で抱っこして子育てをします。
しかしメスは、卵を産み終えると、子育てに関わることなく、
すぐに別のオスと繁殖します。とんでもないように思えますが、
水の上での子育ては危険が多く、少しでも多くの子どもを残そうと、
メスは複数のオスを相手に沢山の卵を産むようになったんです。
オスにとっても好都合。子育て中に卵やヒナを失っても、
メスはすぐに次の卵を産んでくれるからです。

 

これを聞いてヒゲじい:
へぇ~。奇妙に見えても「湿地」には
適した仕組みなんですなぁ。
さっきは怒っちゃって、「
シッチ」れいいたしました!
なんて。

06.jpg
 
皆さん、いかがでしたかな?
では、次回のダジャレ反省会でまたお会いしましょう!!

jikai.jpg 
 

ちょっと待った!
どうも、ヒゲじいです。
 01.jpg
今日は次回の「ダーウィンが来た!」の見所をご紹介しちゃいますぞ。
担当ディレクターのヤノさん、どうぞ。


は~い!宜しくお願いします。
次回はハチクマというタカの仲間です。
ハチを専門に襲って食べる珍しいタカなんですよ。

 

2014041701.jpg

主人公のハチクマ

 


 29.jpg
あの危険なハチを食べるなんて、
命知らずな鳥ですね。

 

はい。
訪れたのは、台湾中部の山間。

 

2014041702.jpg

日本の里山の様な場所です

 

2014041703.jpg

森の中の養蜂場にハチクマはやってきます

  

2014041704.jpg

農家の人が捨てた、ミツバチの巣を食べます

 

 

01.jpg
 
ほほぉ、ハチクマは本当にハチが好きなんですね。

 

でも、ハチクマが食べるのは、養蜂場のミツバチだけじゃないんですよ。
もっと凶暴で、巨大な巣を作るスズメバチを襲うんです。

 

2014041705.jpg
ハチクマが狙うのは世界最大級の超巨大巣!

 

2014041706.jpg
巣の主は凶暴なツマアカスズメバチ

 

しかもハチクマは集団で巣を襲うんです。

 

2014041707.jpg
様子を伺うハチクマ軍団

 

 

05.jpg

世界最大級の巣ですか!
そんなスズメバチの巣を襲うなんて信じられませんな。

 

そうですよね。でも本当に襲うんです。
見てください。巨大な巣に体当たりしています。

 

2014041708.jpg

アタック!

 

もちろん怒ったハチは猛反撃をします。

 

2014041709.jpg

ハチに反撃されるハチクマ

 

 

03.jpg

ちょっと、メチャクチャ刺されてるように見えますけど。
大丈夫なんですか?

 

ハチクマはちゃんと防御していますし、
ハチを操る“魔法”を使えば大丈夫です。

 

2014041710.jpg

”魔法”を繰り出すハチクマ

 

そうなればこんな風に、集団で攻撃もしちゃいます。

 

2014041711.jpg

ハチクマ軍団の総攻撃

 

 

05.jpg

“魔法”ですか、なんだかスゴそうですね。
これは楽しみになってきましたぞ。

 

詳しくは番組でご紹介します。
スクープ映像満載です、是非ご覧ください。
「衝撃!ハチクマ軍団VSスズメバチ軍団」
放送は総合テレビ2014年4月20日(日)よる7:30~、です。

お楽しみに~!

 

totugekiin.jpg

どうも~ヒゲじいです。

01.jpg
今日の放送「びっくり!人気者カクレクマノミの素顔」は見ていただけましたかな?

さて私、またまたこの部屋にやって参りました♪
ダーウィンが来た!の担当ディレクターの方々がいる部屋です。
今日はどんなお話を聞かせてもらえるのか?
ワクワクしてまいりましたぞ~♪

23.jpg
 
今日お話を伺うのは、ディレクターはクボシマさん。
クボシマさん、お願いしま~す♪


21.jpg

Q:ロケの前に必ずする事はなんですか?


ロケ前というか、ロケ地へ行く飛行機の中で必ずやっているのが、
トマトジュースを一気飲みして、ひたすら眠ること。
ロケの直前は準備が立て込んで、出発時にはたいてい寝不足気味。
でも、ロケ現場へ行ったら体力と集中力だけが頼りですから、
移動中は考え事も全てやめて“爆睡”に専念することにしています。
トマトジュースは、なんだか急に健康になるような気がするので飲んでいます(笑)。
東京でのデスクワーク中心の生活から、ロケ先での動き回ること中心の生活へ、
自分なりの切り替え儀式です。

 

 


 23.jpg

Q:ロケでのお楽しみはなんですか?


月並みですが、やっぱり食べること!
特に運動量が多い撮影だと、
ひそかに食事の時間が待ち遠しくて仕方ありません。
その地域ならではの食材との出会いも楽しみです。
それに加えて地元の人たちとのコミュニケーション。
自然相手の撮影、思い通りに撮影が進むことはめったにないので
ロケ期間中はかなり気が張っているんです。
そんな中、現地のスタッフと会話を交わしながら食事をする時間は
ほっといやされるひとときです。

 

 

 

21.jpg

Q:ロケ、撮影で苦労した事、苦労する事はなんですか?


ロケ地に撮影機材を安全に運びつつ、いざ撮影というときには、
素早くセッティングできるようにすること。これはにいつも苦労します。
スクープを撮影するためにはカメラは常にスタンバイ・・・という状態が
望ましいのですが、例えば山の中を歩き回る時は、そうはいきません。
最近撮影していたのはニホンザルだったのですが、
道無き山の斜面を、サルたちを追ってひたすら
歩き回らなければなりませんでした。
そこで、カメラや三脚、望遠レンズ、バッテリー、などの機材を
スタッフで手分けして運ぶことに。
普段の自分よりもかなり体が重くなった状態で、
サルと一緒に斜面を登ったり沢をわたったり・・・・
転ばないように慎重に、でもサルを見失わないように急ぎつつ。
そして撮影したいシーンが起こりそうな気配を察知すると
荷物をおろして撮影準備開始! でもこれが、意外に時間がかかるんです。
ザックから三脚を出して高さを調整、そこへカメラを据え付けて、
時にはレンズを交換して、準備が整ってからようやく撮影開始。
この作業中に目の前で“決定的瞬間”が終わってしまって
悔しい思いをすることはしょっちゅうです。
でも、そんな数々の失敗を繰り返す打ちにスタッフの息がぴったりあって、
スクープ映像が撮れた時は最高です!

 

 

 

23.jpg

Q:ロケに持っていくおやつはなんですか?


私は甘党なので、おやつはいっぱい持っていきます。
近所のスーパーでいろんな種類のお菓子を買い出しして、
ロケ中、スタッフと楽しむのが好きです。
それとは別に、ヒミツのおやつとして欠かさず持っていくものがあります。
それはミニようかん。
ロケがなかなかうまくいかなかったりして気分が落ち込んだとき、
とっておきのおやつとして登場させます。
幸せな気持ちにしてくれます!

 

 

 

21.jpg

Q:私ヒゲじいの事をどう思いますか?好きですか?(笑)

うーん、好きです!とは言い切れないですねぇ・・・・
やっぱり番組で会うときはちょっと身構えちゃいます。
どこに突っ込まれるかわからないので。
でも、ヒゲじいのダジャレ能力は尊敬していますし、
ヒゲじいのおかげで番組がわかりやすくなるのでとっても感謝しています。
これからも、よろしくお願いします!

jikai.jpg 
ちょっと待ったー!!!

01.jpg
 
どうも、ヒゲじいです。
今日は次回の「ダーウィンが来た!」の見どころを、
ご紹介しちゃいます。
担当ディレクターのイダさん、おねがいしま~す。
 


はいっ! 承知いたしました!!

次回の「ダーウィンが来た!」の主役は、アニメ映画で人気者になった
カクレクマノミです。

 

2014041001.jpg

 

 

16.jpg
かわいいですなぁ。
私も大好きですぞ。

 

ヒゲじい、ここで質問!

 


 07.jpg
えっ? 何ですか?

 

こちらの画像。
カクレクマノミは、普通の魚には不可能な、ある特別なことをしています。
さて何でしょう?

 

 2014041002.jpg

 

 

04.jpg
はぁ? 
うーん・・・ さっぱりわかりませんぞ。

 

正解は・・・イソギンチャクにさわること!
普通の魚は、さわったら命取りなんですよ。

その証拠がこちら。

 

 2014041003.jpg

イソギンチャクにさわると、食べられてしまうんです!

 

 

12.jpg
 
ええーっ!! そうなの?
でも何で、カクレクマノミは大丈夫なの?

 

それは・・・
番組で詳しくご紹介します(笑)

さらに今回、数々のスクープ映像も撮影しました!

まずはこちら。

 

2014041004.jpg

 

なんと、カクレクマノミの住みかであるイソギンチャクを
こちらの魚が食べ始めたんです。
イソギンチャクの天敵です。

するとカクレクマノミは・・・

 

 2014041005.jpg

 

 

05.jpg
 おっ!戦っているんですか?

 

そうなんですよ。自分より何倍も大きな魚を相手に戦い、
イソギンチャクを守っているんです。

他にも、こんな映像をとらえました!

 

 2014041006.jpg

 

カクレクマノミの幼魚が
他の幼魚から追われているんです。
イソギンチャクの中に一緒に群れ、
まるで家族のように見えるカクレクマノミですが、
実はかなり複雑な関係にあったんです!

「びっくり! 人気者カクレクマノミの素顔」。
2010年04月13日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。

お楽しみに!

 

2014年04月06日 (日)

ダジャレ反省会

 dajyare.jpg

ちょっと待った~!
どうもダジャレ反省会でおなじみのヒゲじいです。
 01.jpg
皆さん、いかがお過ごしですかな?
今夜の放送「歩いて冬眠!?ホッキョクグマの秘策」
は見ていただけましたかな?
さぁ!今日も元気よく3月分(前半)のダジャレ反省会はじめますぞ!
 


3月2日放送「空飛ぶ悪魔?謎の鳥カラカラ」

2014040601.jpg
 
フォークランド諸島に住むカラカラは、“好奇心”がとても旺盛な鳥です。
人を恐れず、時には物を奪いとることさえあるため、
「空飛ぶ悪魔」と呼ばれてきました。
でもこの“好奇心”が食べ物を探すのに役立っているんです。

獲物の海鳥たちが暮らす場所は、ほとんどが大人のカラカラの縄張りの中。
若鳥たちが入ってくると、すぐに追い払われてしまいます。
そこで若鳥たちは、縄張り以外の場所で、何が食べられるものはないかと、
見知らぬものでも何でも捕まえようとするんです。
ところが、食べられる物を見つけても、他の若鳥から横取りされることもしょっちゅう。
ライバルとの厳しい競争を常に強いられているんです。

食べ物をめぐってのしれつな争い。冬になると過酷さは増します。
夏は1000万羽もの海鳥で賑わっているフォークランドですが、
冬には海鳥のほとんどが島を離れるため、食べ物が極端に減るんです。
カラカラも島から出て行けばいいのではと思いますが、
フォークランドは西風が強く、しかも最寄りの陸地までは500キロもあります。
海鳥と違い、海の上で休めないカラカラには、あまりに遠いんです。
食べ物が極端に乏しい環境で、必死に生きていかなくてはいけません。

これを聞いてヒゲじい:
そうか。この島で生きていくしかないんだ。
あの強い好奇心や賢さは、厳しい環境で命
カラカラ生きている証し、
というわけですな!

 01.jpg


3月9日放送「激闘!ライオンVSバッファロー」

2014040602.jpg
 
ライオンといえば、アフリカ最強の肉食動物ですが
簡単には倒せない“強敵”がいます。
体重1トン近くにもなるアフリカンバッファロー(アフリカスイギュウ)です。
バッファローは、ライオンが接近してきても逃げません。
それどころか巨大な角を武器に、密集した状態で頭をライオンに向かっていきます。
これではライオンも手が出せません。ライオンの狩りは獲物の背後から襲いかかるやり方だからです。
そこでライオンたちがとったのは、バッファローの密集陣形を崩し、
群れから離れた一頭を狙うという作戦。
でもバッファローたちは、一度バラバラになってもすぐに集まって、
陣形を立て直してしまいます。なかなか勝負がつかないんです。

これを聞いてヒゲじい:
ほお~。だから一進一退の攻防が
延々と続くんですな。
バッファローたちは

だけに、ぎゅうぎゅうづめで
身を守る、ってわけですな。

06.jpg


でもライオンはあきらめません。
ある日、バッファローの群れが川を渡ろうとしていました。
ライオンは岸辺に身を潜め、街ち伏せ。油断していたバッファローを見事に捕らえました。

川岸には、乾季になると水がひいた窪地が現れます。そこに身を隠せば、バッファローに
気づかれることはありません。ライオンはそれを知っていて、うまく利用していたのです。

これを聞いてヒゲじい:
なるほどね~
ライオンたちの巧みな作戦に
いかに“
猛牛”バッファローといえども
もう、ぎゅうの音も出ない」
というわけか。

 01.jpg

皆さん、いかがでしたかな?
では、次回のダジャレ反省会でまたお会いしましょう!!

jikai.jpg
 
ちょっと待った~!
01.jpg 
どうも、ヒゲじいです。
お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころ、
ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのハラダさん、おねがいしま~す。
 


はーい、よろしくお願いします!
今度の主人公は、極北に暮らすホッキョクグマです。

 

2014040301.png

氷の王者ホッキョクグマ

 

 

05.jpg

おお!ホッキョクグマですか。
堂々としていますな!

 

はい。ホッキョクグマは地上最大の肉食動物。
体長は2.5㍍、体重は600㌔にもなります。
小型自動車並みですね。
足跡なんか、こんな具合!
私の手と比べてみたんですが、大きいでしょう?

 

 2014040302.png

ホッキョクグマの巨大な足跡

 

 

05.jpg

ほほー!
手だけでもこんなに大きいんですか。

 

そうですね。こっちに向かって来ると、さすがに逃げ出したくなります・・・。
地元の人が言うには、
ホッキョクグマは2歩で全力疾走に入れるんだとか。

 

 

17.jpg

ひゃ~、さすがに怖いですね。

 

そんなホッキョクグマが、秋になると900頭も集まる場所があるんです。
カナダ、ハドソン湾に流れ込む、チャーチル川の河口付近。
年に一度の大集結です!

 

 2014040303.png

年に一度の大集結!

 

 

01.jpg
 
へー。巨大なホッキョクグマがこんなに集まるなんて、
すごいですな。

 

でも、集まったホッキョクグマたちは、
世にも奇妙な状態なんです。
動き回ってはいますが、体の中は冬眠状態。
「歩く冬眠」と呼ばれているんです。

 

 2014040304.png

「歩く冬眠」と呼ばれる状態・・・

 

 

03.jpg 
「歩く冬眠」!?
一体どういうことですか??

 

知りたくなりましたか~?
もちろん、番組で詳しくご紹介しますね!

 


16.jpg 
放送が楽しみですな!

 

番組ではとってもかわいい親子も登場しますから、
楽しみにして下さいね★

 

 2014040305.png

ゴロゴロ転がる子グマ


「歩いて冬眠!?ホッキョクグマの秘策」
4月6日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。

どうぞお楽しみに!!!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)