ダーウィンが来た!ブログ

2013年12月 1日

2013年12月01日 (日)

ダジャレ反省会

dajyare.jpg

ちょっと待った~!
どうもダジャレ反省会でおなじみのヒゲじいです。
今夜の放送「おんぶで子育て!珍獣ナマケグマ」は見て頂けましたかな?


 01.jpg
さぁ!今日も元気よく11月前半のダジャレ反省会はじめますぞ!
 


11月3日放送「潜入!インドサイの楽園」
 2013120101.png
 

インドサイには立派な角がついていますよね。
実はこれ、皮膚の一部が盛り上がったもの。
戦うための武器にはならないんです。
ウシやヤギ、シカの仲間の角は、
頭蓋骨からしっかり生えているため硬くて丈夫ですが、
サイの角はやわらかいんです。

じゃあサイの角は、いったい何のために付いているのでしょうか?
角を木に引っ掛けて折って、その枝や葉っぱを食べるとか・・・、
多少は硬いものが顔の前についているので、
身を守るのに役立っているのではとか・・・、
いくつかの説がありますが、はっきりしたことは分かっていません。

これを聞いてヒゲじい:
うーん。なるほど。
インドサイは神秘のベールに包まれた動物だってことを、

サイかくにん!!しましたぞ。
ほな、
サイなら~。

06.jpg


11月10放送「“黄金の前足”が大活躍!アライグマ」

2013120102.jpg
 

「洗う」仕草がおなじみのアライグマ。
実はこれ、「洗っている」のではなく、「獲物を探す」ための行動だったんです!
水の中に前足を入れると、
皮膚が濡れて刺激が伝わりやすくなります。
ただでさえ敏感な前足の触覚が、さらに鋭くなるため、食べ物を探すのに便利なんです。

動物園では食べ物をくわえたあと、
わざわざ池に放して洗っているように見える行動をよく見かけます。
これは野生での狩りの行動を無意識になぞり、
似た動作をしているのだと考えられているんです。
いわば食べる前に“黄金の前足”で
“味見”をしているってところでしょうか。

これを聞いてヒゲじい:
なるほど~。でもそれを言うなら、
味見」というより「アシミのほうが
良さそうですな。

 

 28.jpg
11月前半のダジャレ反省会はいかがでしたかな?
次回のダジャレ反省会でまたお会いしましょう!!