ダーウィンが来た!ブログ

2013年10月

jikai.jpg 
 

ちょっと待った~!
どうも、ヒゲじいです。

01.jpg
 
お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころを、
ご紹介しちゃいます。
担当ディレクターのヒロさん、おねがいしま~す。



は~い!ヒゲじい、了解です!
次回の主人公は、インドサイです!
ちょっと不思議な姿をしているでしょう?


2013103101.png

 

 

01.jpg
 
そうですね~。
大きな体。ツノも立派ですなぁ。
さぞかし、ケンカも強いんでしょうな。

 

 

2013103102.jpg
 

 

と,思うでしょ?
でも実はインドサイはケンカにツノは使わないんです。

 

 

03.jpg
 
え?そうなんですか?
ダーウィンでもこれまでツノを使って戦う動物を
たくさん見てきましたけどねぇ。

 

そうなんですけど、
インドサイの一番の武器は実はツノではなく、
歯なんです。

 

 

2013103103.jpg
 

 

05.jpg
えー!そうなの?
なんで、なんで?
じゃあ、何のためにツノが生えてるの?

 

ふふふ。
その答えは、番組をご覧あれ!

 

 

11.jpg
 わ~!気になる!

 


今回の舞台はネパール。
インドサイが一年に一度大集結するという
場所に潜入します!
神秘のベールに包まれてきた
インドサイの知られざる姿をご覧下さい


「潜入!インドサイの楽園」
11月3日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。

どうぞお楽しみに!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

 

 

2013年10月27日 (日)

イラスト紹介

irasuto.jpg
ちょっとまった~!どうも~♪ヒゲじいです。
今夜の放送「さく裂!骨落とし ヒゲワシ?テクニック」は見て頂けましたかな?
さて、今日はイラスト紹介の日ですぞ~!
では、早速はじめますぞ~!!

23.jpg



2013102701.jpg

兵庫県川西市の大畑 直翔(おおはた なおと)君(6歳)の作品です♪

 


 

2013102702.jpg
 沖縄県那覇市の高峰 虹太(たかみね こうた)君(6歳)の作品です♪

 


 

2013102703.jpg
 新潟県新潟市の石井 紡(いしい つむぐ)君(6歳)の作品です♪

 


 

2013102704.jpg 
岐阜県関市の玉木 花歩(たまき かほ)さん(6歳)の作品です♪

 


 

2013102705.jpg
 神奈川県横浜市の河村 至夕宇(かわむら じゅう)君(6歳)の作品です♪

 


 

2013102706.jpg

 

2013102707.jpg

滋賀県草津市の高木 賢士(たかぎ けんじ)君(8歳)と
高木 静伊(たかぎ せい)さん(7歳)の兄弟の作品です♪

 


 

2013102708.jpg

千葉県千葉市の室井 惇司(むろい しゅんじ)君(5歳)の作品です♪

 


 

2013102709.jpg
 沖縄県那覇市の久保田 香奈(くぼた かな)さん(6歳)の作品です♪

 


 

2013102710.jpg

栃木県宇都宮市の宇賀神 佑煌(うがじん ゆうき)君(4歳)の作品です♪

 


 

2013102711.jpg

宮城県栗原市の伊藤 みづき(いとう みづき)さん(7歳)の作品です♪

 


 

2013102712.jpg
 滋賀県草津市の今村 ひかり(いまむら ひかり)さん(9歳)の作品です♪

 


 

2013102713.jpg

栃木県下都賀郡の高久 詩(たかく うた)さん(5歳)の作品です♪

 


 

2013102714.jpg

福岡県福岡市の岡野 光冬(おかの みふゆ)さん(6歳)の作品です♪

 


 

2013102715.jpg

 

2013102716.jpg

神奈川県横浜市の今井 凛(いまい りん)さん(8歳)と
今井 創太(いまい そうた)君(6歳)兄弟の作品です。♪

 


とっても楽しいイラストでしたな~!!
みなさん、たくさんのイラストどうも有難うございました!!
また送ってくださいね~。
お便り待ってますぞ~。

 01.jpg


〒150-8001
NHK「ダーウィンが来た!」係
(※お名前、ご連絡先を忘れず記入してくださいね~♪)

Web投稿はこちら!!

http://upload.nhk.or.jp/video/index.aspx?id=darwin
(※お名前、ご連絡先を忘れず記入してくださいね~♪)

 28.jpg

jikai.jpg
 
ちょっと待った~!
どうも、ヒゲじいです。

01.jpg
 
お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころを、
ご紹介しちゃいます。
担当ディレクターのコモダさん、おねがいしま~す。


はいこんにちは!よろしくお願いします!
次回の主人公は、巨大なワシ、ヒゲワシです!

 


 16.jpg
ヒゲワシ!とても他人とは思えない名前ですな。
きっと素敵な鳥に違いない!

 

ええ。骨を食べる、とっても珍しい鳥なんです。

 

2013102401.jpg

 


05.jpg 
え!?…骨?
ずいぶん妙な鳥ですな。

 


いえいえ、とんでもない!
骨を食べることで、とってもうまい生き方をしているんですよ。

 


 01.jpg
へえ、そうなんですか。

 

中でもとっておきの技が、
骨を岩に落として割るという、秘技「骨落とし」。
 

2013102402.jpg
 

 

地上50メートルから小さな岩場にピンポイントで骨を当てるという、
と~っても難しい技なんです。

 

 

24.jpg
 
上から落とすだけじゃないんですか?

 

ヒゲじいがそう思うのも無理はありません。
今回はその技の難しさを確かめるために、
ハンググライダーの名人が骨落としにチャレンジしました!

 

2013102403.jpg

 

 

24.jpg
 へえ~。どっちが勝ったんですか?

 

それはもちろん番組で!

 


07.jpg 
やっぱり!
これは私もじっくり見て、しっかり突っ込み入れなくては!


骨落としだけじゃなく、
ほかのライバルたちとの攻防や、親子のドラマも必見です。
見どころ満載!


「さく裂!骨落とし ヒゲワシ?テクニック」
10月27日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。

どうぞお楽しみに!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

 

2013年10月20日 (日)

ダジャレ反省会

dajyare.jpg 
 

ちょっと待った~!
どうもダジャレ反省会でおなじみのヒゲじいです。
今夜の放送「命がけの約束!サバンナの巨木と小さなハチ」は見ていただけましたかな?

01.jpg
 
さぁ!今日も元気よく9月後半のダジャレ反省会はじめますぞ!
 



9月22日放送 『“悪役”ハイエナ 意外な素顔』

2013102001.jpg

 野生の王国・アフリカのサバンナで、
最も繁栄している肉食動物はハイエナです。
ハイエナは獲物を横取りしてばかりの『悪役』の印象がありますが、
実際は、仲間と助け合いながら平和に暮らしています。
そんなハイエナの好物は、多くの動物が捨ててしまう硬い骨。
噛む力がとても強いので、骨をバリバリ食べることができるのです。
胃の能力も抜群で、骨を完全に溶かしてしまいます。
糞として出てくるのはカルシウムくらいなので、
ハイエナの糞は真っ白なんです。

これを聞いてヒゲじい:
ふ~んスゴい!

まで食べるなんて、意外にのあるやつですな!

 06.jpg



9月29日放送『世界遺産 小笠原 解明!イルカ曲芸のワケ』
 2013102002.jpg

イルカの芸って本当にすごいですよね~。
その一つが、シンクロナイズドスイミング!
人間だって、動きのタイミングを合わせるのは至難の業なのに
イルカはどうやってこれほど正確に動きを合わせられるんでしょう?!
実はイルカは水の中でかけ声をかけているんです。
水中マイクを使って、イルカのかけ声を録音してみると、
“ピーピー”とプールの底から浮上する直前に、鳴き声がします。
そうやって動きをぴったりと合わせているんです。

これを聞いてヒゲじい:
なるほどね。合図することで
苦労せずに合わせられるんですな。
これが本当のシン、「
クロウ」ナイ、ズドスイミング・・・、
なーんてね。

 06.jpg


イルカの素晴らしいジャンプ!
これはもともと、オスがメスにアピールするためのものと
考えられています。年頃になったオスたちは、互いに
自分たちのジャンプを競い合うんです。
でも実は、メスにとっても、ジャンプは欠かせません。
体につく寄生生物を振り落とすためです。
ちなみに水族館では、イルカが本来持っているジャンプの能力を、
ご褒美を与えることで引き出して、ショーへと仕立てていくんです。

これを聞いてヒゲじい:
なるほど、なるほど。お、お見事!
おーい
イルカくん
ご褒美は
イルカ、い?なんて・・
へへへへ。

 06.jpg

9月後半のダジャレ反省会、たくさんありましたが、いかがでしたかな?
次回のダジャレ反省会でまたお会いしましょう!!

 20.jpg


 

jikai.jpg

ちょっと待った?!
どうもヒゲじいです。
今日は、次回の「ダーウィンが来た!」の見どころをご紹介しちゃいます。
担当のディレクター、サカイさん、お願いしま~す。


は~い、おまかせ下さい!
次回の主人公は、
アフリカのサバンナに根を張る巨木「エジプトイチジク」です。
見て下さい!この実の量!1回になんと1㌧も実を付けるんですよ!

 

 2013101701.png
豊かに実るエジプトイチジクの実

 


 24.jpg
ウヒョヒョ!
木の幹が見えないくらい実ってますな?。
こりゃスゴい!!

 

そうでしょ?、さらにこのエジプトイチジクの木は、
年に2度、3度とひっきりなしに実をつけるんです。
だから、サバンナに住むたくさんの生きものにとって、
大切な食事を与えてくれる、ありがた~い木なんですよ!

 


2013101702.png 
イチジクに集まるキリンの群れ

 

 2013101703.png
イチジクの実を食べるゾウ

 

 

24.jpg
キリンやゾウが集まって、
イチジクの実を美味しそうに食べていますね。
みんなイチジクの実を頼りにしているんですな?。

 

実は、そんなイチジクの木もまた、
ある生きものを頼りにしているんですよ。
その生きものとは、イチジクコバチという昆虫です。
これこそ今回のもう一つの主人公!!
ハチの仲間なんですが、体長はわずか1ミリしかありません。
1円玉の厚さが1、5ミリですから、それよりも小さいんですよ!!

 

 

2013101704.png
 イチジクコバチ

 


 24.jpg
ほぇ~たった1ミリ!!
でも、そんな小さなハチがどうして
あんな大きなイチジクの木に
頼りにされるんですかね??

 

それはイチジクコバチだけが、
イチジクの受粉を手伝ってくれる存在だからです。
イチジクの花は実のようなものに覆われているので、
誰もが入って受粉できるわけではありません。
イチジクコバチはイチジクの受粉を手伝ってあげる代わりに
中で卵を産ませてもらうんです。
まさに“ギブ・アンド・テイク”ですね。

 

2013101705.png
 
実の中で受粉、産卵するイチジクコバチ

 


 24.jpg
なるほど~
イチジクコバチにとっても
イチジクは大切な存在なんですな!
いや?素晴らしい関係ですな。

 

たしかにお互い、“持ちつ持たれつ”
の関係を築いているんですが、
イチジクコバチにとっては、
まさに“命がけの使命”を果たしているんです。
外の世界にはホラッ、危険がいっぱい潜んでいるんですよ!!

 

2013101706.png

クモの巣に捕まるイチジクコバチ

 


 24.jpg
あちゃ~~~、
クモに巣にひっかかっちゃってる!!
イチジクコバチは無事にイチジクの花粉を
届けることができるんでしょうかね?

 

ぜひ番組を見て、花粉を頑張って運ぶ小さなハチ、
イチジクコバチを応援して下さい!

サバンナで交わされた、大きな植物と小さな昆虫との大事な約束・・・
「命がけの約束! サバンナの巨木と小さなハチ」。
2013年10月20日(日)、よる7:30~、

総合テレビで放送予定です。お楽しみに!!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)


 

totugekiin.jpg

どうも~ヒゲじいです。

01.jpg
 
今日の放送「たくましきタンチョウ 新たな故郷を開拓中
は見ていただけましたかな?
見ていないみんなは是非、再放送をチェックして下さいね!
実は私、今こっそりとある部屋に潜入しておりますぞ~♪
ここはダーウィンが来た!の担当ディレクターの方々がいる部屋です。
ここから数々の生きもの新伝説が生まれるんですね!
私ワクワクしてまいりましたぞ~♪

23.jpg
 
さてさて、今日は担当ディレクターの原田さんに突撃インタビューをしちゃいます。
いろんなお話を聞いてまいりますぞ~♪
原田さんお願いします~♪
 


21.jpg
 
ロケの前に必ずする事はなんですか?

 

美容院に行って髪を切ります! 
気合が入って、いよいよ行くぞという気分になります。
でも、現実的な話をすると、1か月以上のロケになるので、
髪が伸びると邪魔なんです。
双眼鏡をのぞいたり、汗だく泥だらけになることもありますから、
手入れの楽なのが一番♪
場所によっては、水がとても貴重なので、
毎日シャワーを浴びたり髪を洗うことができません。
そんな時はロケから帰って、
日本の泡立ちのいいシャンプーに、すご~く感動します! 
いつでも清潔な水が出るありがたさも実感しますよ。
(ロケの後の話にもなっちゃいました。)

 


 23.jpg
ロケでのお楽しみはなんですか?

 

ほかのディレクターさんと同じく食事です!
こちらはウガンダのサービスエリアのような場所。
名物は焼き鳥です。
シンプルな塩味ですが、とってもおいしかった! 
急ぎの時にはドライブスルーとしても利用できます。

 

 2013101301.jpg
ウガンダのサービスエリア   

    

 2013101302.jpg
一番人気はこの焼き鳥!

 

あと、小さな楽しみが、コーヒータイムです。
特に寒い地域のロケで飲む熱々のコーヒーは最高です!
毎朝必ずコーヒーをつくって、水筒に入れて持って行きますが、
雪の中に隠れて動物を待っていると、晴れていても体は冷えきってしまいます。
そんな時に、ちょびっとコーヒーをお腹に入れれば、体はポッカポカ~。
それに、動物を待つ時は想像以上に集中しているのかもしれません。
僅かに揺れる枝や、遠くの微かな物音に耳を澄ませたり。
たま~にコーヒーを飲んで頭をすっきりさせると、
動物が現れてくれたりもするんですよ。気のせいかもしれませんが。(笑)

 


 21.jpg
ダーウィンが来た!で自分が担当した回で印象に
残っている事などあったら教えて下さい。

 

やっぱり、はじめて「ダーウィンが来た!」を担当した回ですね。
南アフリカのケープペンギンが主人公。
しかも、ある特定のオスとメスを「ホープ君」「ケープちゃん」
と名付けて撮影をしたんで、すっかり感情移入してしまいました。
このペンギン夫婦は毎朝、海に魚とりに出かけて、
夕方になると戻って来きます。
でも、周りの海にはペンギンを狙う天敵オットセイもウヨウヨいます。
一度、夕方いつまでたっても2羽が海から戻らず、
近くでオットセイがペンギンを襲っていた時には、本当に心配しました。
カメラマンも「無事でいてくれ~」と心の中で願っていたようです。
結局、2羽はいつもの時間よりかなり遅れて帰宅したんですが、
お腹がパンパン。大漁だったんで遅れたのかもしれません。
今頃どうしているんですかね。
きっと元気に新しい子供たちを育てていると思います。

 

 2013101303.JPG
無事の帰宅を見守る日々       

 

 2013101304.png
人間用の扉までちゃっかり利用してました

 

 2013101305.png
夕暮れ時 帰宅しておくつろぎ

 


 23.jpg
今後のロケでこれは撮影したい!と思う生きものはなんですか?

 

まだまだ紹介したい生きものはいますが、
皆さんが見たい動物は何ですか?
ぜひ教えて下さ?い!(笑)

 


21.jpg 
好きな生きものはなんですか?
ペットとか飼っていますか?

 

数年前に死んでしまったんですが、
ピンポンパールという体がまん丸な金魚を飼ってました。
飼い始めたころは、ピンポン玉よりも小さくて、
ぽよよ~んと泳ぐ、かわいらしい姿をしていたんですが、
2年くらいであっという間にゴムボールのように…。
体はちょうど握りこぶしの大きさになりました。
名前は「ぎょっピー」。魚(ぎょ)にかわいらしく「ピー」をつけたんですが、
見る人見る人がゴムボールのような体を見てギョッ!としたので、
名前もすぐに覚えてもらえました。(笑)
ブクブクと泡が出る空気ポンプがお気に入りで、
小さいころはジャグジーにでもつかるかのように
全身で泡を浴びていましたが、
大きく成長した後は小さな空気ポンプを枕に寝ていました。

 

 2013101306.JPG
「ぎょっぴー」です。セクシーなまん丸ボディ・・・ 

 

  2013101307.JPG
空気ポンプがお気に入りの枕。昼寝中です  

 

 2013101308.JPG
お気に入りの一枚。お腹が空いた!と言ってます

 


 23.jpg
ロケにどうしてこれだけは持って行きたい!物は?
(枕でも、食べ物でも何でも構いません!)

 

私は「みそ汁」です。
ロケも中盤になると、あの塩味がたまりません。
体が欲するんです。
現地の人は「ミソスープだ!」と言って興味を示しますが、
他の国ではワカメなどの海藻を食べる習慣がほとんどありません。
皆さん一口飲むと、「うーん…、ありがとう。」と苦笑い。
一度、エクアドルの船乗りさんに、
「日本にここの(誰も食べない)海藻を売ったら俺は大金持ちになれそうだ。
ぜひ商売をさせてくれ!」と言われました。(笑) 
それくらい我々がおいしそうにみそ汁をすすっていたんでしょうね。

カップラーメンも持って行きます。
ウガンダでの話ですが、現地の料理がとてもおいしかったので、
非常食として持っていたカップラーメンを全く食べなかったんです。
もったいないので、帰国日に現地の人にあげました。
すると、みんな生まれて初めてのカップラーメンにドキドキ。
お湯を注いで3分で食べられることにも驚いたようですが、その味が初体験! 
3種類持っていった味の中で、一番の人気はカレー味でした。
あまりにおいしかったようで、ぜひ家族にも食べさせたい料理だと、
お湯の注ぎ方を覚えて、喜んで持って帰ってくれました。
食べ物の話ばかりになっちゃいましたが、地元の人との会話も弾むので大切な持ち物です!

 

 

21.jpg
 私ヒゲじいの事をどう思いますか?好きですか?(笑)

 

う~ん、難しい質問ですね。もちろん、嫌いじゃないですよ。(笑)
でも、いつ、何を言われるかドキドキしていて、常に気になる存在です。
この感覚は・・・、もしや私の片思い!? 

 

28.jpg
 

jikai.jpg

 ちょっと待った~!

01.jpg
 
どうも、ヒゲじいです。

お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころ、
ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのオオタさん、おねがいしま~す。


はーい、よろしくお願いします!
次回の主人公は、北海道にくらす鳥、タンチョウ
国の特別天然記念物に指定されています。
ヒゲじぃも名前ぐらいは知っているでしょう?

 


2013101001.jpg 
華麗に舞うタンチョウ!

 


01.jpg 
もちろん知ってますよ。
雪景色の中で舞う姿は美しいですなあ。

 


でしょう? でもね、タンチョウは美しいだけではないんです。
とっても、たくましい鳥なんですよ。
ちょっとこちらをご覧ください。

 

2013101002.jpg
 畑の堆肥の上のタンチョウ

 


タンチョウと言えば、本来、
北海道の釧路湿原などで暮らす“水辺の鳥”なんですが、
最近、人里のすぐそばの畑で多く見られるようになっているんです。

 


05.jpg 
へえ~そうなんだあ。

 


しかもね。
道路脇や人家のすぐ近くに巣を作って、
畑や牧草地で子育てをするタンチョウが急増しているんです。


2013101003.jpg 
牧草地の巣で孵ったヒナ

 

 

16.jpg
 
お~かわいいヒナですねぇ~。

 


そうでしょう。
でも湿原とはまったく違う環境での子育ては苦労も多いんです。
苦労の一つは、食べ物。

 

2013101004.jpg
 草原を歩く親子

 


湿原にくらすタンチョウは、巣の周りがすぐ水辺。
そこで魚やカエルなどを捕まえて食べるんですが、
畑や牧草地では近くに水辺がありません。
だから、ヒナたちは生まれてすぐに水辺まで
歩いて行かないといけないんです。

 


04.jpg 
ほう~。
幼いヒナが草原を歩いて行くなんてねえ。
なんか危なっかしいですなあ。

 

はい。そうなんです。
ここはキツネなど、
ヒナを狙う天敵がとっても多いところなんですよ。


2013101005.jpg 
ヒナを狙うキツネ

 


 05.jpg
ひえー!!危ない。
それにしても、食べ物にも困るし、敵も多いなんて・・・
わざわざ、人里で子育てしなくてもいいんじゃないですか??

 

 

確かに。そう思いますよね。
でも、この場所には、タンチョウをひきつける魅力があるんですよ。

 


02.jpg 
そうなの。
それは一体何なんですか?

 

その答えは、番組で詳しくご紹介しますよ!

「たくましきタンチョウ 新たな故郷を開拓中」
10月13日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。

どうぞお楽しみに!!!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

 

2013年10月06日 (日)

ダジャレ反省会

 dajyare.jpg

ちょっと待った~!
どうもダジャレ反省会でおなじみのヒゲじいです。
今夜の放送「一匹オオカミ 頂点への道」は見ていただけましたかな?

01.jpg


さぁ!今日も元気よく9月前半のダジャレ反省会はじめますぞ!



 9月1日放送『森で発見!オットセイの秘密基地』

2013100601.jpg
 

ニュージーランドの森の川の滝壺で
たくさんのオットセイの子供が遊んでいるのが発見されました。
川をわざわざ上ってこなくても、
海岸で遊べばいいのにと思いますが、
最近ではオットセイの数が急増して十分な遊び場がなく、
海には天敵もいるので、森の中で遊ぶようになったんです。
森の奥に、これだけのオットセイが集まる場所は、
世界でもここしか知られていません。
オットセイは海の生きものですが、
オットセイは海水でも真水でも、どちらでも生きていけるので
川でも大丈夫なのです。

これを聞いてヒゲじい:
オットセイ、川で遊びを、
もっとせい」、なんちゃって、ははは。

 06.jpg

 


9月15日放送『無敵!スカンクの真実』

2013100602.jpg
 

世界一くさいことで有名なスカンク。
強烈なニオイで敵なし!と思われていますが、
実はスカンクは根が穏やかで、できるだけ戦いを避ける動物なんです。
強烈なニオイをすぐに発射するわけではなく、「逃げる」「威嚇する」「逆立ちをする」
などいくつもの方法で相手を追い払おうとします。それでも敵がひるまないときは、
最後の手段として、強烈な一発をお見舞いするのです。
でも実は、スカンクも自分たちのニオイは苦手なようで、
スカンク同士がケンカをしても、滅多なことでは発射しません。
取っ組み合いをしたり、お尻でぐいぐい押し合ったりすることで勝負を決めています。

これを聞いてヒゲじい:
なるほど。
もし仲間に向けて発射したら、同じ
スカンクたちから、
スカンくらっちゃいますもんね。
なんちゃって!

9月前半のダジャレ反省会、たくさんありましたが、いかがでしたかな?
次回のダジャレ反省会でまたお会いしましょう!!
 28.jpg

 jikai.jpg

ちょっと待った~!

01.jpg
 
どうも、ヒゲじいです。

お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころ、
ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのホシさん、おねがいしま~す。
 



どうも?、よろしくお願いします。
次回の主人公は、一匹オオカミから群れの頂点に登り詰めた
黒いオオカミが主人公です。

 


 05.jpg
ほう、いかにも強そうですな。

 


2013100301.png 
主人公は黒いオオカミ

 

と思うでしょ。
ところが、この黒いオオカミは、気弱なのか、
争いごとがとっても苦手のようなんです。

 


 14.jpg
ええ?!?
そんなんで、群れのリーダーになれるんですか??

 

たしかに、群れのリーダーは力の強いオオカミがなるものです。
ところが、この黒いオオカミは、争うことなく、
知恵を使ってリーダーの座を手に入れたんです。

 

 

11.jpg
ええ?! いったいどうやって? 
教えて?

 


それはぜひ番組を見てください。
とってもドラマティックな物語ですよ!

 

 

02.jpg
これは見ずにはいられませんなぁ!
しかし、そんな気弱なやつが一匹オオカミなんてやれるんですか?
ほら、一匹オオカミって、
一人でたくましく生きているイメージじゃないですか?

 


私たちが使う「一匹オオカミ」の意味はその通りでしょう。
でも、本当の一匹オオカミは、
そんなかっこいいもんじゃないんですよ。
普通、オオカミは群れで行動します。
大きな縄張りを作り、群れの仲間と協力して大きな獲物を捕まえます。

 


 2013100302.png
大きなワピチを狩るオオカミの群れ

 


ところが、一匹オオカミには、群れの仲間がいないので
大型動物は捕まえられず、ネズミなどの小動物を捕まえて食べます。

 


2013100303.png 
ワピチの反撃にあう一匹オオカミ

 

もちろん、縄張りを作れないので、放浪生活をしなければなりません。
ヒグマやコヨーテなどライバルも多く、そのくらしは苦労の連続。
その言葉のイメージとは裏腹に、けっこう惨めな場面も多いんですよ。

 

 

2013100304.png
 コヨーテ(左)に邪魔される一匹オオカミ

 


 02.jpg
そうだったんですか!
オオカミの世界も大変なんですなぁ。
あの黒いオオカミがどうやってリーダーになったのか
ますまず興味が湧いてきましたよー!

 

10年間におよぶ長期追跡が明らかにした
黒いオオカミの波乱万丈のサクセスストーリー。

「一匹オオカミ 頂点への道!」
10月3日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。

どうぞお楽しみに!!!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)