ダーウィンが来た!ブログ

2013年8月18日

2013年08月18日 (日)

ダジャレ反省会

dajyare.jpg

ちょっと待った~!
どうもダジャレ反省会でおなじみのヒゲじいです。
今夜の放送「アフリカ古代湖 魚たちの子育て大作戦!」
は見ていただけましたかな?

01.jpg

 
さぁ!早速今日も元気よく7月分(後半)のダジャレ反省会はじめますぞ!


7月28日「珍獣アマミノクロウサギ びっくり子育て術」

2013081801.jpg
 

国の特別天然記念物アマミノクロウサギ。
住んでいるのは、世界でも奄美大島と徳之島だけです。
このクロウサギ、主に夜しか活動しません。

その理由は、クロウサギの祖先が数百万年前、
大陸で暮らしていたときの名残りだと考えられています。
昼間はウサギを狙う肉食動物が多いため、
夜に行動するようになり、
その習性を今でも引き継いでいるというのです。

もう一つの理由は、暑さ対策です。
クロウサギが暮らす奄美では半年ものあいだ、
日中の最高気温が24℃を越します。
クロウサギは暑さに弱いので、少しでも涼しい
夜に活動しているというのです。

ヒゲじい:はー。そういうわけか。それで
「夜」のうちに動か「
ナイト
いけ「
ナイト」ゆうことですなあ。

アナウンサー:ヒゲじい、そろそろ次に行か「ナイト」。

ヒゲじい:わ~ぉ~。

29.jpg
 

 

アマミノクロウサギのお母さんは
自分の巣穴から離れたところで子育てをします。
授乳は、わずか5分ほどで終了。
そのあとお母さんは、巣穴の入り口を土で埋めてしまいます。
穴を埋めてしまえば、子供が
最大の天敵、ハブから襲われる心配がないからです。

巣穴は1.5メートルも続いていて空気は十分。
しかもクロウサギのお乳は、牛乳の数倍も高カロリーなので、
1~2日に1回授乳すれば、問題ないのです。

これを聞いてヒゲじい:
ほー。
んー、なるほど、お乳は栄養満点なんですか。
それなら5分でも
えいよう」。なんちゃって。
うふふ・・・。


皆さん、いかがでしたかな?
では、次回のダジャレ反省会でまたお会いしましょう!!

28.jpg