ダーウィンが来た!ブログ

2013年6月23日

totugekiin.jpg

どうも~ヒゲじいです。

01.jpg
今日の放送「これは珍しい!木に登ったカンガルー」
は見ていただけましたかな?

実は私、今こっそりとある部屋に潜入しておりますぞ~♪
ここはダーウィンが来た!の担当ディレクターの方々がいる部屋です。
ここから数々の生きもの新伝説が生まれるんですね!
私ワクワクしてまいりましたぞ~♪

さてさて今日は担当ディレクターのタケガミさん
突撃インタビューをしちゃいます。
いろんなお話を聞いてまいりますぞ~♪
タケガミさんお願いします~♪

23.jpg


は~い、タケガミです。
去年の夏から「ダーウィンが来た!」を制作しています!
これまで、オオミズナギドリやカバを担当しました。
まだまだ新米ですが、
今日は精一杯ヒゲじいの質問に答えたいと思います!
よろしくお願いします。

 

 2013062301.JPG 
東京都・御蔵島の森にて 

  

2013062302.JPG
 
ケニアにて、マサイの男性と記念に

 

21.jpg
ロケでのお楽しみはなんですか?
 

1日3回の食事です!
自然番組のロケは重い機材を背負って、
大自然を駆け回るので、いつも以上にお腹が減ります。
僕にとっては食事の時間こそ、
最も重要にして最も楽しいひとときです。
遠く離れた場所に撮影に出かけ、
その土地でしか食べられないものや、
その土地だからこそおいしく食べられるものなど、
さまざまな食事ができることが本当に幸せです。
あと、ふだん食べている魚のお刺身でも、とれたてのものを、
太平洋の荒波の音を聞きながら食べると格別のおいしさです!
「食事にはムードが欠かせないなぁ」といつも思います。

 

2013062303.JPG
  
御蔵島で食べたとれたてのカンパチの刺身。
脂がのっていておいしかった!

 

 2013062304.JPG
夏のロケ。
疲れを吹き飛ばしてくれるのは冷たい素麺!

 

 2013062305.JPG
ケニアのレストランにて。
ついつい肉ばかり食べてしまいます・・・。

 

23.jpg
 
ロケ、撮影で苦労したこと、苦労することはなんですか?

 

ズバリ「夜の撮影」です!
動物たちにとって夜は、天敵に見つかりにくかったり、
涼しくて動きやすかったりと、何かと都合がいいみたいで、
「本格的に撮影を始めるのは夜」ということがよくあります。
撮影現場は足元が悪い所も多いので、
夜は、スタッフや機材の安全確保などで、
昼の何倍もの慎重さが求められます。
おまけに夜は、照明などの機材がたくさん必要なので、
持ち運びが大変です!(とにかく重い!)
さらに、これは個人的な問題なのですが、
僕は夜、ものすごく眠くなってしまう体質なんです!
動物が巣穴から出てくるのを、物音をたてないように、
じーと待っていたりすると、ついウトウト・・・。
夜の撮影では、濃いコーヒーをすすりながら、
いつも睡魔と闘っています。
・・・でも、苦しい夜の撮影にも、たまにはご褒美が・・・。
それが満点の星空です!
写真は、オオミズナギドリの撮影で訪れた東京都御蔵島の星空。
流れ星が空をビュンビュン横切り、束の間、眠気が吹き飛びました。

 

  2013062306.jpg
足元に注意しつつ夜の森へ・・・  

 

 2013062307.jpg  
 流れ星に「撮影の成功」を祈る!


21.jpg 
ロケで感動したこととかあったら教えてください。

 

ケニアで夕日に染まるキリマンジャロ山を見たときに、
胸が「ジーン」としました。
今年の冬、山の近くで撮影を行っていたのですが、
乾期で雨がほとんど降っていないためか、
砂煙でほとんど見えませんでした。
ところが、1日だけ、乾期には珍しいものすごい量の雨が降り、
夕方、雨上がりにくっきりと山の稜線が見えたんです!
初めての海外ロケで、思うように物事が進まず、
かなり落ち込んでいましたが、
この夕景を見て、アフリカの大地に力強く抱かれたような
落ち着いた気分になりました。
「撮影が上手く進まないくらいなんだ!
明日はきっといいシーンが撮れるぞ!」と、
かなりテンションが上がりました。
(・・・結局、最後まで撮影には苦労しましたが・・・)。

 

2013062308.jpg
 
アフリカ最高峰5895mのキリマンジャロ山


21.jpg 
この生きものにはビックリした!そんなエピソードは?

 

ケニアで出会った「カバ」に驚きました。
カバって、のほほんとしたイメージがありますが、
とっても頭がいいんです!
撮影クルーが木陰からこっそり忍び足で近づいても、
わずかな足音やにおいを察知して、
たちまち水中に姿を隠してしまいます。
また、夜間にカバの通り道にこっそりと設置した
15cmほどの無人カメラも、いち早く見つけ出し、
できるだけ近づかないように警戒していました。
無人カメラは、1か月間、毎晩設置しましたが、
撮影できたのはわずか1回、それもわずかに10秒でした。
カメラから5mほどの所まで近づいてくれましたが、
すぐに体を反転して水場の方に逃げてしまったんです。
3m近い大きな体を持ち、
怒るとワニを投げ飛ばすほどのパワーを持つカバですが、
そのすごさは、周囲の異変を察知する
「感覚の鋭さ」にあるのだと感じました。

 

 2013062309.jpg

「のんびり」イメージについつい油断!

 

2013062310.jpg
   
 カメラに最も近づいた瞬間!

 

23.jpg
 
私ヒゲじいのことをどう思いますか?好きですか?(笑)

 

大好きですよ!
初めてテレビで見たときは「この高飛車なモジャモジャ星人は何者???」と、
かなり不審に思いましたが、
次第にとっても庶民的な方だと分かり、
好感度がアップしました。
実際に番組でご一緒させていただくようになってからは、
ヒゲじいの鋭い突っ込みのおかげで、番組にリズムや緊張感が出て、
ディレクターの立場からすれば、感謝感謝です!
でも、僕の担当回での突っ込みはなるべくお手柔らかにお願いします! 
(その分、ダジャレへの全力投球、期待していまーす!)