ダーウィンが来た!ブログ

2013年4月

2013年04月28日 (日)

イラスト紹介コーナー!

irasuto.jpg 
ちょっとまった~どうも~♪ヒゲじいです。
さぁ、今日もはじまりました!
イラスト紹介コーナー!
今日はどんな生きもののイラストが登場しますかな!
とても楽しみですぞ~!

01.jpg
 


 

2013042801.jpg

北海道江別市の鈴木 陽(すずき はる)君(8歳)の作品です♪

 


 

2013042802.jpg 
神奈川県横浜市の梶山 結衣花(かじやま ゆいか)さん(6歳)の作品です♪

 


 

2013042803.jpg 
埼玉県さいたま市の池田 宗亮(いけだ しゅうすけ)君(7歳)の作品です♪

 


 

2013042804.jpg

愛知県刈谷市の館山 晄希(たてやま こうき)君(7歳)の作品です♪

 


 

2013042805.jpg 
京都府京都市の小倉 明未(おぐら はるみ)君(6歳)の作品です♪

 


 

2013042806.jpg 
愛知県豊田市の鷲見 康介(すみ こうすけ)君(4歳)の作品です♪

 


 

2013042807.jpg

大阪府大阪市の松井 健太(まつい けんた)君(9歳)の作品です♪

 


 

2013042808.jpg

千葉県市川市の渡辺 敬介(わたなべ けいすけ)君(6歳)の作品です♪

 


 

2013042809.jpg 
東京都日野市の安達 乃絵(あだち のえ)さん(8歳)の作品です♪

 


 

2013042810.jpg

岐阜県可児市の加納 音汰(かのう おとた)君(12歳)の作品です♪

 


 

2013042811.jpg 
神奈川県大和市の小室 晴来(こむろ はるき)君(6歳)の作品です♪

 


 

2013042812.jpg

福井県勝山市の田鳥 菜々子(たとり ななこ)さん(14歳)の作品です♪

 


 

2013042813.jpg 
東京都渋谷区の清水 泰知(しみず たいち)さん(6歳)の作品です♪

 


 

2013042814.jpg 
京都府京都市の橋岡 裕朋(はしおか ひろとも)君(8歳)の作品です♪

 


 

2013042815.jpg
 愛知県名古屋市の松脇 菜那子(まつわき ななこ)さん(14歳)の作品です♪

 


今回もいろいろな生きものが登場しましたな~。
みなさん、素敵なイラストどうもありがとうございました。

みんなも生きものイラスト、私ヒゲじいの似顔絵に
ファンレターなどお便りどんどんお寄せくださいね~♪

〒150-8001
NHK「ダーウィンが来た!」係
(※お名前、ご連絡先を忘れず記入してくださいね~♪)

Web投稿はこちら

http://upload.nhk.or.jp/video/index.aspx?id=darwin
(※お名前、ご連絡先を忘れず記入してくださいね~♪)
 28.jpg
みんなのお便り楽しみに待っておりますぞ~♪


 

jikai.jpg 
 
ちょっと待った~!
どうも、ヒゲじいです。
今日は、次回の「ダーウィンが来た!」の見どころを紹介しますぞ~。

01.jpg


担当ディレクターのイノウエさん、お願いしま~す。
 


皆さん、チャオ~!こんにちは。
次回は皆さんと、イタリアの大空を旅したいと思います!

 

 03.jpg
イタリアの空の旅?これは旅番組じゃありませんぞ。
動物はどうしたんです、動物は?

 

おっと失礼!言葉が足りませんでした。
渡り鳥のハイイロガンと一緒に空を飛ぼうという趣向です。
この通り~!

 

2013042501.jpg

空飛ぶガンの迫力映像

 

2013042502.jpg 
空飛ぶガンの正面からのアップ

 

2013042503.jpg 
ガンと飛ぼう!

 

 05.jpg
わ~お!飛んでる鳥の真ん前からのドアップ。
これCGじゃないですよね?

 

実際に飛んでいるハイイロガンを数十センチの距離から撮影しているんですよ。
ね、一緒に飛んでいる気分を味わえるでしょ。
実は撮影トリックはこれ!
ちゃんと人が撮影しているんですよ。

 

 2013042504.jpg
すぐ脇を飛ぶガンを撮影するアキッレさん

 

24.jpg 
あれれれ、この人は誰です?
どうして鳥と一緒に飛んでいるの?

 

この人はモーターハンググライダーのパイロットでアキッレさん。
アキッレさんはこのガンたちに渡りを教えているんです。

 

 2013042505.jpg
ガンを率いて渡るのはパイロットのアキッレさん 

 

 2013042506.jpg
イタリアを北から南へ渡って行きます

 

 2013042507.jpg
ガンと人が一緒に渡ります

 

 2013042508.jpg
人と鳥が一緒に飛んでいます

 

03.jpg 
人が鳥に渡りを教えるですと~!
そりゃまた、どうして?

 

ハイイロガンは渡り鳥なんですけど、
イタリアには渡りを忘れてしまったハイイロガンがいるんですよ。
そこで、そのハイイロガンの渡りを復活させようという
壮大なプロジェクトが立ち上げられたんです。
名付けて「渡り鳥復活プロジェクト」!

 

 25.jpg
おお!すごそうですな~!!
で、具体的にはどんなことをするの?

 

そこはぜひ、番組をご覧いただきたいところなんですが・・・、
ちょっとだけお見せしちゃいましょう。

アキッレさん、卵をかえして


 2013042509.jpg
卵が孵るのをじっと待ち続けるアキッレさん

 

 2013042510.jpg
やっと孵化

 

2013042511.jpg 
生まれたてのヒナとアキッレさんの対面

ヒナから育て

 

 2013042512.jpg
アキッレ・ママと散歩に

 

 2013042513.jpg
こんなヒナの頃から育てました

 

 2013042514.jpg
豆畑を走るヒナたち

 

 2013042515.jpg
ヒナと一緒に泊まり込み

 

モーターハンググライダーの後ろに従うように訓練し

 

 2013042516.jpg
モーターハンググライダーの後に従って走る訓練

 

 2013042517.jpg
モーターハンググライダーの姿や音に慣らします

 

 2013042518.jpg
アキッレ・ママを信じて走るヒナ

 

そして大空へ、渡りへと導くのですが

 

 2013042519.jpg
モーターハンググライダーと一緒に飛びます

 

 2013042520.jpg
人と鳥の飛翔

そこにはたくさんの苦労と笑いがありました。

 

 2013042521.jpg
バイクの上で呆然とするアキッレさん

 

 2013042522.jpg
荒い息をつくガン

 

 2013042523.jpg
湖でスキンシップをはかるアキッレさん

 

こうして絆を深めたハイイロガンと人がついに渡りに出発。
イタリアを縦断する500キロの旅には、
いったいどんなドラマがあるのでしょうか!?

「イタリアの大空へ! 渡り鳥復活大作戦」
4月28日(日)、よる7:30~、総合テレビ
での放送予定です。
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

 

 

2013年04月21日 (日)

ダジャレ反省会

 dajyare.jpg

ちょっと待った~!

01.jpg
 
どうも、ダジャレ反省会でおなじみのヒゲじいです。
今夜の放送「実は最強!?カバの素顔」は見ていただけましたかな?
のんびり屋にみえたカバも、実は違う一面があったのですな~。

さぁ!今日も元気よく3月分(後半)のダジャレ反省会はじめますぞ!



3月24日放送「敵がいっぱい!ウサギの英国田園ライフ」
 2013042101.png

アナウサギは、美しいイギリスの田園地帯に住んでいます。
しかし、そこには、オコジョなど天敵がたくさんいて
ウサギにとって決して住み良い場所ではありません。
天敵がたくさんアナウサギを捕らえるので、
いなくなってしまうのではと思いますが、
アナウサギは子だくさんなので大丈夫なのです。
1年に5回、一度に5匹ほど産むとすれば、
25匹も生まれる計算になります。
仮に一つの群れにメスが4匹いれば、
計算上1年で100匹の赤ちゃんが生まれることになります。

ヒゲじい:
そんなに増えちゃうの?
アナウサギだからって
アナどれませんね!
 09.jpg

 

数百年以上前、人間たちが狩りを楽しむため、
地中海から持ち込まれたアナウサギ。
その後、増えすぎて畑を荒らす害獣として扱われるようになりました。
1953年に駆除され、99%のアナウサギが死んだと言われています。
ところが、アナウサギがいなくなると、
アナウサギを捕らえる他の生き物の数も激減しました。
もともと人間につれて来られたアナウサギですが、
田園地帯の命の輪の重要な一員になっていたのです。
その後、生き残ったアナウサギたちは数を増やして今では、
以前の半分くらいまで戻ってきています。

 13.jpg
これを聞いてヒゲじい:
いやあ、アナウサギを翻弄した人間の身勝手さ。
同じ人間として、
があったら入りたい!


 

3月31日放送「進め!ヌー親子 100万頭の大移動」
 2013042102.jpg

毎年、100万頭以上のヌーの群れが
千五百キロものサバンナを大移動します。
大群で移動するのは、サバンナに恐ろしい敵がたくさんいるからです。
実はヌーはとっても小心者。
安全が保証されていない先頭を歩きたくないのです。
先頭を歩いているのは、なんとシマウマです!
シマウマも草を求めて移動するので、その後ろから、
ヌーの群れがぞろぞろとついて行きます。
草原のように広い場所だと、シマウマの目はヌーの目の高さより、
五十センチ近くも高い上、ヌーよりも目が良く、敵を察知する能力が高いでので、
ヌーは、シマウマを見張り番として利用しているのです。
敵が群れに近付いてくるとシマウマは、すぐに気付いて、
逃げ出し、ヌーたちもシマウマにならって、逃げます。

これを聞いてヒゲじい:
なるほど。
ヌーは、いつもシマウマを
先頭に立たせんとういかん!
な~んてね。
06.jpg

 

ヌーたちは、乾季に、雨が降り、草が繁る北部へ向かいます。
その途中、巨大なマラ川や、ヌーを狙うワニが行く手を阻みますが、
ヌーたちは渡りやすい場所へ迂回しながら進みます。
9月に入り、雨季が近くとヌーたちは、今度は南部を目指します。
しかしこのとき、ヌーたちは、増水した激しい流れの川を渡らなければいけません。
本格的な雨季に入ると、雨はさらに激しくなり、
迂回している間に、支流の川ですら渡れなくなることがあるので、
多少増水していても、雨季の始まったばかりの
この時期に、さっさと川を渡っておいた方が良いのです。
ヌーたちは決死の覚悟で川を渡っていきます。

これを聞いてヒゲじい:
あ、そうなんだ。でも急がないと
雨季」には、川は渡れない
憂き目(うきめ)」に遇います。
なんちゃって。

22.jpg

3月のダジャレ(後半)を振り返りましたが、いかがでしたかな?
次回のダジャレ反省会でまたお会いしましょう!!

 

jikai.jpg

ちょっと待った~!
 01.jpg
どうも、ヒゲじいです。

お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころ、
ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのタケガミさん、おねがいしま~す。
 



はーい、よろしくお願いします!
次回の主人公は、皆さんご存じ「カバ」です。

 2013041801.jpg
▲のんびり屋のイメージ!


16.jpg 
ほほほ、気持ちよさそうに寝ておりますなぁ。

そうですよね、カバといえば、
こういう、のんびり&おだやかなイメージですよね。

 

 03.jpg
・・・「イメージ」ということは、何だか裏がありそうですな。

ヒゲじい、するどい。
今回はカバの意外な素顔に迫りますよ、
まずは、こちらを見てください!

2013041802.jpg 
▲実は水陸両用ミラクルボディーの持ち主!

 

 05.jpg
なんですか、これカバ?何か跳んでるみたい。

もちろんカバです!
実はカバが水中を猛スピードで移動するとき、
こんなふうにとび跳ねるようにして走るんです。

 

 14.jpg
えぇ~!?そうなんだ~

 

 2013041803.jpg
▲実は水陸両用ミラクルボディーの持ち主!

そのスピードは時速30kmを超えるといいますから、
100mなら10秒ほど。
100m走のオリンピック選手にも引けをとらないスピードです。
その上、カバは水中で6分間も息を止めることができるんです。

 

 12.jpg
ほー!そりゃすごい!!

実は遺伝子を調べると、
カバはクジラやイルカの仲間と最も近い動物同士なんです。
カバ以上に水中での暮らしに合わせて進化していったのが、
クジラやイルカなんですよ。

 

 09.jpg
ほほぅ、そう言われてみれば、
さっきの水中をとび跳ねている写真、
イルカのようでもありますな。

ヒゲじい、番組ではもっと意外なカバの素顔を紹介しますよ。

 2013041804.jpg
▲のんびり屋さんが「強い動物」に変わるとき

 

29.jpg
 
わぁ、こわい!なんですか、
2頭ともずいぶんこわい顔をしてますなぁ。

実はこれ、オス同士の縄張り争いの様子です。
激しい戦いの果てに、命を落とすこともあるんですよ。

 

 18.jpg
えー!なんでそこまで。

カバは、一部の強いオスがメスを集めて自分の縄張りを作ります。
縄張りを持たないと、子孫を残すことができないんです。
だから、縄張りのこととなると「強くてこわい」一面を見せるんです。

縄張りを持つオスは、家族を守るためにも必死です。
縄張りを奪われると、その相手に、自分の子供を殺されてしまうこともあるからです。

2013041985.jpg 
▲かわいい子供を守るため「強さ」は不可欠

 

 13.jpg
あらら、そんなことまで起きてしまうの。
野生の掟は厳
しいですなぁ。

そうですね、ヒゲじい。
おまけに、もっとやっかいな敵もいるんですよ!

2013041806.jpg 
▲怖い目

 

17.jpg 
えぇ、何者ですか!

子供のカバにとってはとっても危険な相手、ワニです。

 

 18.jpg
この目、何かを狙っておるようですな。子供は、大丈夫なんですか?

 

 2013041807.jpg
▲仲良し親子

一体どうなるのか・・・気になる続きは番組でお伝えします。
かわいい子供を守ろうとする親の強さに注目して見てください。

「実は最強!? カバの素顔」
4月21日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。

(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

28.jpg

2013年04月14日 (日)

投稿写真コーナー

toukousyasin.jpg

ちょっとまった~
どうも~♪ヒゲじいです。
今夜の放送「追跡!ペンギン大脱走」は見て頂けましたかな?

01.jpg
 
今日はとても興味深い写真を送ってもらいましたので、
ひさしぶりに写真を紹介いたしますぞ~♪
_______________________________________________________________________
 

まずはじめに紹介します写真は、
愛知県にお住まいの鈴木 優希(すずき ゆうき)君(7歳)からの
「モズのはやにえ!?」です。

 2013041401.jpg

 

優希君のお便りによりますと、
12月頃、家の前にあるドウダンツツジの葉が落ちた頃、
その枝に、干からびたカエルがさしてあるのに気付いたそうです。
それを見つけた優希君は「モズのしわざだな!」と叫んだそうです!!

2年前にも同じ木にカエルと小魚がささっていたことがあったそうです。
その時は、「何だろうね・・・・?」と不思議に思っていたそうです。

 

14.jpg 
なななんと~!!これは!
ほんとにモズのしわざかもしれませんぞ~?!
家の前でみつけるとは~!!
そんな身近なところでも発見できるんですな~!

それにしても、よくこんなに立派なカエルをつかまえましたな~♪
早速、わたくしも身近なところで観察をはじめますぞ~♪
優希君、おもしろい報告と写真をありがとうございました。
また、何かみつけたら教えてくださいね!


 

次に紹介しますのは、
神奈川県相模原市の峰岸 陽基(みねぎし はるき)君(5歳)からの投稿です。
「気球に乗って望遠鏡を持っているヒゲじい」

 
2013041402.jpg

2013041403.jpg

 

おおお~!
これは、わたくし!
前からと後ろからの姿ですな~。
立体的によ~くできてますな~。
とっても感激しましたぞ~!!
もう、すっかり旅行した気分になりましたぞ。
ありがとう、陽基くん!
将来の「生きもの博士」になりたい夢、応援してますぞ~♪

20.jpg
 

みなさんも身近で撮影した生きもの写真とお便り
どんどんお寄せくださいね~♪

〒150-8001
NHK「ダーウィンが来た!」係
(※お名前、ご連絡先を忘れず記入してくださいね~♪)

Web投稿はこちら

http://upload.nhk.or.jp/video/index.aspx?id=darwin
(※お名前、ご連絡先を忘れず記入してくださいね~♪)
 

楽しみに待っておりますぞ~!

 
jikai.jpg

ちょっと待った~!
どうも、ヒゲじいです。

01.jpg
 
お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころ、
ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのオオキさん、おねがいしま~す。
 


ハーイ、ヒゲじいこんにちは。
次回のテーマは、なんと「脱走」!

2013041201.jpg

池のトットちゃん

 

2013041202.jpg 
東京湾のさざなみくん

 07.jpg
ヒゲじい:おっ、いきなり変わったテーマから攻めて来ましたな?

ハイ、今回は、去年動物園や水族館でおきた「ペンギンの連続脱走劇」
の真相にせまります。

ヒゲじい:ほう、なるほど。

脱走したことはニュースでもやっていたから、知っている人も多いと思いますが、
なぜ脱走したか、どうやって脱走したのかは、ほとんど誰も知らないでしょう?

ヒゲじい:そりゃそうだ。

だから、同じフンボルトペンギンが大自然の中で暮らしている、
南米のチリに行って、その謎を解いていくというわけ。

09.jpg 
ヒゲじい:謎を解く…そりゃ見ものですな。しっかり拝見させていただきますぞ。

いや、今回はヒゲじいも私たちと一緒に謎を解いてもらいます。
例えばこんなふうに…

2013041203.jpg
 チリのペンギン母子(ペンギン脱走の謎が解けましたぞ!?)

ヒゲじいの推理も、視聴者のみなさんが謎を解くヒントになるはずだから、
頑張ってくださいね。

 07.jpg
ヒゲじい:それは責任重大、緊張して来ましたな。

そこは緊張しなくても大丈夫。
たとえば、脱走事件が起きた動物園と同じようなセットを作って、
脱走したヒナと同じ年ごろのペンギンに「脱走」にチャレンジしてもらいます。
 

2013041204.jpg
ペンギン飛行(ヒナはこう脱走した?)

 03.jpg
ヒゲじい:でも、ホントに脱走できたんですかね。

それは番組を見てのお楽しみ。
とにかく、ヒゲじいもワクワクドキドキしながら楽しく謎を解いていけると思いますよ。

「追跡! ペンギン大脱走」
4月14日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です

(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)
 28.jpg

 

2013年04月07日 (日)

ダジャレ反省会

dajyare.jpg

ちょっと待った~!
どうもダジャレ反省会でおなじみのヒゲじいです。
今夜の放送「アフリカゾウ300頭!謎の大集合
は見ていただけましたかな?

01.jpg
 
さぁ!今日も元気よく3月分(前半)のダジャレ反省会はじめますぞ!


3月3日放送「ふしぎ!輝くクモの水中生活」

2013040701.jpg
 
ミズグモはほぼ一生を水中で過ごします。
しかし、空気を吸わないと死んでしまうのは陸のクモと同じ。
だから、ときどきおなかの先を水の上へ出して、
「空気の泡」をおなか全体につけて、水中に運びます。
これはいわば「空気タンク」です。
また、水中の狩りは難しく、成功率はたった1割ほど。
こんなに苦労するのに水中に住んでいる理由は、
水中には、鳥など、クモを狙う天敵がいないからです。
え?魚がいるじゃないかって?
ミズグモがすんでいる湿地のよどみは酸素が少ないので、
あまり魚がいないのです。

これを聞いてヒゲじい:
天敵がいないなら
湿地の水の中にすむのも
分かりますな。

湿地の良さを
シッチまったらもう離れられない、
なんちゃって。

アナウンサー:ヒゲじい、ベタですね。

ヒゲじい:あっ、どうもシッチれいいたしました!
06.jpg


3月10日放送「えっ!鳥がお芝居?白夜の恋」
2013040702.jpg

エリマキシギのオスは、恋の季節、激しく争います。
しかし、これはメスを呼び寄せるためのお芝居!
2羽がお互い合意のうえで、攻撃役とやられ役に別れ、
決まった筋書きにそって争います。
こうして、強いオスが好きなメスの気を引いているのです。
このとき、やられ役のオスの多くは白いエリマキをしていて、
縄張り争いに参加しないケンカの弱いオスです。(シロエリ)

これを聞いてヒゲじい:
シロエリにとって縄張りオスの引き立て役なんて、
なんの得もないじゃないですかね?

03.jpg

アナウンサー:
いえいえ、シロエリには、このお芝居を上手く利用した起死回生の秘策があるんです。
それは、第2章で!

ヒゲじい:
おっとっと、そーですか。
それは楽しみですなあ。

シロエリのとっておきの秘策、
エリを正して拝見しますぞ~。

09.jpg
 

それにしても、シロエリの起死回生の秘策って、
いったい何なんでしょうか?
その全貌が分かりました!
やられ役を演じていたシロエリ。
縄張りオスがよそ見をした瞬間、メスにアタック!
これこそがシロエリの作戦です。
やられ役を演じていれば、必ずメスに近づけるのです。
こんなやられ役まで演じてメスを射止めようとする鳥は、
世界中でもエリマキシギしか確認されていません。
 

これを聞いてヒゲじい:
うーん。
私の常識も、すっかりひっくりか
エリマキシギ。

06.jpg
 


3月17日放送「寝袋でグッスリ!?眠る魚の秘密」
 2013040703.jpg

魚は眠るのかを調べるため、魚の脳波を測定!
その結果、夜、魚は脳を休めていることがわかりました。
つまり、ちゃんと眠るのです。
でも、海水に流されないように、寝ているときでもヒレを動かす魚もいます。
マグロはもっとすごいことに、寝ながら泳いでいます。
泳ぐことで、口からエラに新鮮な水を送り込んで呼吸するため、
常に泳ぎ続けていなければならないのです。
このため、マグロの睡眠時間は1回あたりせいぜい5秒ほど。
魚の脳は小さいため、短い眠りでも何度もとれば十分だと考えられています。

これを聞いてヒゲじい:
おっほーはっははー。そりゃ便利だ。
つまり
睡眠をとりながら泳ぐのがいい。
これがホントの
スイミン グー!
なーんてね。
 06.jpg

3月前半のダジャレを振り返りましたが、いかがでしたかな?
次回のダジャレ反省会でまたお会いしましょう!!

jikai.jpg

ちょっと待った~!
どうも、ヒゲじいです。
さあ今日は、次回の「ダーウィンが来た!」の見どころを
ご紹介しますぞ!

01.jpg
 
担当ディレクターのハシバさん、おねがいしま~す。


はぁい、皆さんこんにちは。ハシバです。
次回の主役はこの生きものです。

2013040501.JPG
 みんなよく知っているアフリカゾウ!

 24.jpg
うわ、りっぱな牙!長い鼻。大きな耳。ゾウって大きいですな。

地上で一番大きな動物なんですよ。体重は5トン以上。
背の高さは3メートルにもなります。

2013040502.JPG
 普段は、リーダーのメスを中心に、
多くても10頭ほどの家族で暮らしています。

2013040503.png
 ここはケニア、アンボセリ国立公園の湿地。
上空から撮影した映像です。
真ん中に小さく見えるのがアフリカゾウです。
実はこの湿地にもうしばらくすると、
普段バラバラに暮らしているゾウが300頭も大集合するんです。

14.jpg 
え、そんなにたくさん集まるの!?

そうなんです。
この大集合、一年のうち乾季の始まるころたった3週間だけなんですよ。

2013040504.JPG
 ほら、ゾウが続々とやってきたでしょ。

2013040505.JPG
 一頭でも大きなゾウが大集団になると圧巻です。

12.jpg 
こりゃ、すごい!

この群れは血のつながりのある家族だけが
集まってつくる集団で、「絆群れ」と呼ばれています。
つまり親戚のメスと子供が集まった群れですね。
こうした絆群れがいくつも集まって
300頭近くの大集団になるんです。

2013040506.png
 湿地は1年ぶりに会う親族の絆を深める場になるんです。

2013040507.png
 この2頭は再会を喜んで鼻で触れ合いあいさつをしています。
親戚同士です。

03.jpg 
でも、どうしてこの時期だけあつまるの?

その謎を解くのが今回の番組のテーマです。


2013040508.png 
ゾウの周りになにやら煙のようなものが立ちこめているでしょう?

 03.jpg
いったいなにごとですか?

この不思議な煙こそ、ゾウが大集合するワケだったんです。

01.jpg 
え、どういうこと?

それは番組でくわしくお教えしますよ。

2013040509.png
 ゾウの集まる湿地にはほかの動物もやってきます。
ゾウの前で羽を広げているのはホオジロカンムリヅル。

 03.jpg
うわ、ゾウが驚いていますぞ。ゾウと鳥、どっちが強いの?

それも、今は内緒。意外な展開を番組で確かめてください。

2013040510.png
 悪役もやってきます。ハイエナです。子ゾウが狙われています。
 
05.jpg 
うわ、たいへんだ!

迫ってくる危険にゾウは絆の力で立ち向かいます。
知っているようで知らないゾウたちの生きる知恵がたくさん見えてきますよ。

「アフリカゾウ300頭!謎の大集合」
4月7日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。

(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

 28.jpg