ダーウィンが来た!ブログ

2013年2月

jikai.jpg 
ちょっと待った~!
どうも、ヒゲじいです。
さあ今日は、次回の「ダーウィンが来た!」の見どころを
ご紹介しますぞ!

01.jpg
 
担当ディレクターのNコバヤシさん、おねがいしま~す。
 


はぁい、皆さんこんにちは。Nコバヤシです。

 

次回の主役はこの生きものです。

2013022801.jpg
 
光り輝く謎の生物

 

24.jpg

おや、ピカピカ光っておりますな。なんですかこれ?

 

実はですね・・・クモです。光って見えていたのは
クモの “おなか”なんですよ。
2013022802.jpg 
実はクモ!

 

14.jpg

ひゃあ~クモですか!!苦手な人、多いと思いますけど(実は私も)・・・。

 

はい。
だからこそこのクモのおもしろさを宣伝させていただこうと思って、
今日は張り切って来ました!
何といってもこのクモ、とっても変わった場所にすんでいるのが特徴。
実は・・水の中なんです!

 

12.jpg 
え、水中!?

 

はい。世界にはおよそ4万種類のクモがいるんですが、
このクモだけが一生を水中で過ごします。その名も「ミズグモ」といいます。

今回私たちは北海道のとある湿地でミズグモの撮影を行いました。
2013022803.jpg 
舞台は北海道の湿地

 

こんなふうに、ひざ丈位の浅い水の中で探すんですよ。

2013022804.jpg
 
水の中をのぞくディレクター

でね、ヒゲじい。
水中生活を送る上で欠かせないのがあの光り輝くおなかなんです。

 

03.jpg

・・・どういうこと???

 

ほら、こんなふうに変幻自在に形が変わり・・

2013022805.jpg
 
変幻自在のおなか

 

おなかを使った技で水中に「家」まで作るんです!
2013022806.jpg 
水中ハウス制作中

 

2013022807.jpg
「家」の中にクモ!

 

05.jpg
うわ、たしかに中にいる!
いやぁ、このクモ本当に変わってますなぁ

 

そうなんです。取材スタッフにとっても驚きと不思議だらけ!
そこで今回は、ミズグモのある「謎」を解いてくれる
ゲストにも登場してもらいました。
ご存知、科学実験のスペシャリストの米村でんじろう先生です。 

2013022808.jpg
米村でんじろう先生

 

オモシロ実験で、ミズグモの水中生活術の秘密にするどく迫りますよ!

2013022809.jpg
 
オモシロ実験でミズグモの謎を解く!

 

 23.jpg
「ふしぎ!輝くクモの水中生活」
3月3日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。

(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

 

2013年02月24日 (日)

イラスト紹介

irasuto.jpg

ちょっとまった~
どうも~♪ヒゲじいです。
今夜の放送「ヤシの酒場に通いづめ!酒豪ツパイ」は見ていただけましたかな?
おいしそうなお酒でしたな~♪
ツパイがあんなにアルコールを飲むとは驚きましたぞ!
さてさて、今日もたくさんの素敵なイラストを紹介しますぞ~!!
23.jpg


 

2013022401.jpg 
埼玉県川越市の太田 優貴(おおた ゆうき)君(7歳)の作品です♪

 


 

2013022402.jpg
大阪府泉佐野市の伊東 麗奈(いとう れいな)さん(9歳)の作品です♪

 


 

2013022403.jpg

 

2013020404.jpg

東京都江戸川区の綿貫 倖和(わたぬき さちな)さん(6歳)お姉さんの作品と
弟さん、綿貫 孝吾(わたぬき こうご)君(4歳)の兄弟の作品です♪♪

 


 

2013022405.jpg
 愛知県豊田市の安井 優里子(やすい ゆりこ)さん(7歳)の作品です♪

 


 

2013022406.jpg 
神奈川県川崎市の松本 咲(まつもと さき)さん(9歳)の作品です♪

 


 

2013022407.jpg

千葉県市川市の市川 勝(いちかわ まさる)さんの作品です♪

 


 

2013022408.jpg
 
北海道札幌市の岡 稜太郎(おか りょうたろう)君(6歳)の作品です♪

 


 

2013022409.jpg

愛知県豊田市の秋田 太陽(あきた たいよう)君(6歳)の作品です

 


 

2013022410.jpg
 神奈川県藤沢市の大林 奈々子(おおばやし ななこ)さん(8歳)の作品です♪

 


 

2013022411.jpg
 東京都立川市の高橋 優太郎(たかはし ゆうたろう)君(9歳)の作品です♪

 


 

2013022412.jpg
 
徳島県板野郡の藤野 留生(ふじの るい)君(6歳)の作品です♪

 


 

2013022413.jpg 
埼玉県川越市の仁科 聡史(にしな さとし)君(10歳)の作品です♪

 


 

2013022414.jpg
 京都府京都市の窪田 浩太郎(くぼた こうたろう)(7歳)の作品です♪

 


 

2013022415.jpg
 
福井県坂井市の中西 稜隆(なかにし いずる)君(6歳)の作品です♪

 


 

2013022416.jpg

神奈川県鎌倉市の海老原 かれん(えびはら かれん)さん(8歳)の作品です♪

 


 

2013022417.jpg

北海道札幌市の若林 東吾(わかばやし とうご)君(7歳)の作品です♪


今回はいろいろな生きもののイラストを送っていただいて
バラエティーにとんでましたな~♪
皆さん、たくさんのイラスト本当にどうもありがとうございました!

 

みんなも生きもののイラストや写真、ご自慢の作品、番組の感想、
ヒゲじいへのファンレターなど。お便りお寄せくださいね~♪

〒150-8001
NHK「ダーウィンが来た!」係
(※お名前、ご連絡先を忘れず記入してくださいね~♪)

Web投稿はこちら!!

http://upload.nhk.or.jp/video/index.aspx?id=darwin
(※お名前、ご連絡先を忘れず記入してくださいね~♪)

 

01.jpg
みんなのお便り楽しみに待っておりますぞ~♪

 

jikai.jpg

 ちょっと待った~!
どうも、ヒゲじいです。

21.jpg
 
今日は、次回の「ダーウィンが来た!」の見どころをご紹介しちゃいます。
担当のディレクター、マツバヤシさん、お願いしま~す。
 



はい、わかりました~。
次回の番組を担当しているディレクターのマツバヤシです。

次回の主役は、「ツパイ」。
体長は20㌢ほど、東南アジアにすむ小型のほ乳類です。

2013022101.jpg

(次回の主人公、ツパイ)

 

24.jpg

これってリスですか?
それともネズミの仲間ですか?

一見、リスに似ていますが、全く別の種です。
最近までは、原始的なサルの仲間
と考えられてきたんですよ。

2013022102.jpg

(同じ森に住む原始的なサル スローロリス)


最近は独立した種というのが定説になっていますが、
いずれにせよサルの仲間に近いことは間違いありません。

実はこのツパイ、いまから4年前の2008年、
ドイツの研究グループによって衝撃的な事実が報告されました。
それは「人間ならアルコール中毒になるほど多量のお酒を毎日飲む」
というものです。

 

05.jpg

なんと!うらやましい限りですな・・・
でもツパイのいるところに
酒場なんてあるんですかね?

実は、あるヤシの木がツパイの酒場になっています。
そのヤシとは、現地の言葉で「ブルタム」と呼ばれる木。
ブルタムヤシは花のつぼみの中に
アルコールを含むミツをたっぷりためているんです。
アルコール度数は軽めのビール並、
自然界では最も強いものの一つなんですよ。

2013022103.jpg

(ブルタムヤシのつぼみ)

 

01.jpg
 
へー、ここからお酒が出てくるなんて、ふしぎですな。

なぜヤシのつぼみの中にお酒があるのでしょう?
その秘密は、つぼみの中にある酵母菌の働きにあります。
こちらは、その酵母菌の写真。

2013022104.jpg
 
(ブルタムヤシのつぼみの中にすむ酵母菌)

この酵母菌があるおかげでミツが発酵し、
アルコールになるんです。
泡を含んだ液体が流れ出ていますよね、
これがアルコールを含んだミツです。

2013022105.jpg
 
(ブルタムヤシのつぼみからしみ出したミツ)

 

06.jpg

うーん、私もなめてみたいですぞ

ツパイは一日に何度も訪れ、
アルコールを含んだミツを大量になめます。
ツパイがブルタムヤシのミツを舐めているところが
これほどはっきり捉えられたのは、おそらく初めてのことです。

2013022106.jpg

(アルコールが含まれたミツを舐めるツパイ)

 

22.jpg
 
お、それはスゴイですな!

ブルタムヤシがお酒をつくってツパイを呼ぶ裏には、
ヤシの巧妙な戦略が隠されていました。
太古の昔から続くというヤシとツパイのふしぎな関係、
そのすべてを明らかにします!

28.jpg
 
「ヤシの酒場に通いづめ!酒豪ツパイ」
2月24日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。

お楽しみに~!!
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

2013年02月17日 (日)

ダジャレ反省会

dajyare.jpg

ちょっと待った~!
どうもダジャレ反省会でおなじみのヒゲじいです。

今夜の放送
「型破りのイグアナ ガラパゴスで泳ぐ!」は見ていただけましたかな?

01.jpg
 
さぁ!今日も元気よく1月後半のダジャレ反省会はじめますぞ!
 


1月20日放送「鼻から風船!? 珍獣ズキンアザラシ」
2013021701.jpg

 
氷の海の、はるか沖合で暮らすズキンアザラシ。
わずか4日間で授乳を終え、子供がひとり立ちします。
「まだ海に入ったこともない子供をひとりぼっちにして
たった4日の子育てなんて短すぎ!」と思いますが、
これには深~いワケがあるんです。
大きな理由のひとつは天敵です。
ズキンアザラシが子育てをする北極海周辺には、
シャチやホッキョクグマなどの天敵がすんでいます

ヒゲじい:
ズキーン!恐ろしいですなあ
10.jpg

体の大きな母親が子供と一緒にいると、
天敵に見つかりやすくとても危険なので、
子育てを極端に短くするようになったと考えられています。
実はズキンアザラシは出産の時、
子供はお腹の中で大人と同じ泳ぎに適した毛に生えかわってから
生まれてくるので、すでに泳ぐ能力が備わっています。
その上、子供は4日間とはいえ栄養たっぷりのお乳で十分な脂肪を蓄えているので
溺れることも寒さで凍えることもありません。

これを聞いてヒゲじい:
そりゃ安心しました。

こおりの上の子育ての秘密、こおりゃ驚いた!なんてね。

05.jpg



1月27日放送「ワニと対決!オオカワウソ大家族」

2013021702.png
 

南米の大河アマゾンの水辺に、体長およそ2メートル、
世界最大のカワウソ、オオカワウソは暮らしています。
オオカワウソの食べ物のほとんどが魚で、大好物はピラニアです。
ピラニアといえば、鋭い歯を持っているので、
「頭からかじって噛みつかれたりしないの?」と思いますが、
大抵は、まず強力な牙で頭を一撃して息の根を止めてから
食べるので、大丈夫なんです。

これを聞いてヒゲじい:
いやー、食べるのはいいけれど、噛まれるのはマッ
ピラニァですな

1月のダジャレ反省会(後半)、いかがでしたかな?

28.jpg
 
次回のダジャレ反省会でまたお会いしましょう!!

jikai.jpg

 ちょっと待った~!

01.jpg
 どうも、ヒゲじいです。

お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころ、
ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのハラダさん、おねがいしま~す。


はーい、よろしくお願いします!
次回の主人公は、トカゲの仲間、ウミイグアナです。

2013021401.jpg

 

05.jpg

ヒゲ:まるで恐竜のようですな!

 コワモテですが、実はとっても穏やかでマイペース。

2013021402.jpg

 

04.jpg

ヒゲ:ビーチで人と一緒になってひなたぼっこですか?
でも、こんな姿のウミイグアナが隣にいては、迷惑なんじゃ…。

変わり者のウミイグアナは、こんなこともするんですよ。

2013021403.jpg

 

14.jpg

ヒゲ:なっ、なんですか?! 鼻からすごい勢いで何かを出してますよ!

ウミイグアナはこれをやらないと体の具合が悪くなっちゃうんです。

 

03.jpg
ヒゲ:ふしぎなことをする生きものですなぁ。

こちらもご覧ください。

2013021404.jpg

 

 12.jpg 
ヒゲ:うわぁ~、海に潜っているんですか?

その通り。
ウミイグアナは600種類以上いるイグアナで唯一、海に潜れるんです。
足を体にぴったりとくっつけて、尻尾を大きく左右に振って泳ぐんです。
こんな姿、世界広しと言えどもガラパゴスの海でしか見られません。

2013021405.jpg

 

24.jpg

ヒゲ:私も見たい!

でも、海で暮らすには大変な苦労があるんです。

2013021406.jpg

 

29.jpg

ヒゲ:うわ!尻尾をかまれとりますぞ!

そうなんです。海の近くではこうして毎日アシカに追われています。
そもそもウミイグアナは冷たい水が大の苦手で、海に向かうのは命がけなんです。

ヒゲ:ええ?!そうなんですか?

ハイ!気になる続きはぜひ放送でご覧ください!
見たこともないウミイグアナの素顔がいっぱいですよ!

23.jpg
 

「型破りのイグアナ ガラパゴスで泳ぐ!」
2月17日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。

(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)


 

2013年02月10日 (日)

イラスト紹介

irasuto.jpg

ちょっとまった~
どうも~♪ヒゲじいです。
今夜の放送「転落注意!アイベックスの崖っぷち生活」は見て頂けましたかな?
いや~、アイベックスの戦い、激しかったですな~♪

さて、今日はイラストコーナーですぞ!
今回もみなさんからたくさんのお便りをいただいて、
とてもうれしかったですぞ~♪
では、早速はりきって紹介してまいりましょう!!

21.jpg


 
 

2013021001.jpg 
福岡県飯塚市の井上 雄大郎(いのうえ ゆうたろう)君(7歳)の作品です♪

 


 

2013021002.jpg
 大阪府高槻市の出光 竜也(いでみつ りゅうや)君(7歳)の作品です♪

 


 

2013021003.jpg 
東京都小金井市の宮田 大輔(みやた だいすけ)君(6歳)の作品です♪

 


 

2013021004.jpg
 
東京都江東区の渡邉 和輝(わたなべ かずき)君(6歳)の作品です♪

 


 

2013021005.jpg

東京都渋谷区の織山 百合子(おりやま ゆりこ)さん(10歳)の作品です♪

 


 

2013021006.jpg

埼玉県吉川市の高橋 爽也斗(たかはし さやと)君(10歳)の作品です♪

 


 

2013021007.jpg 
東京都府中市の加賀山 愛佳(かがやま あいか)さん(10歳)の作品です♪

 


 

2013021008.jpg 
東京都世田谷区の竹下 丈太郎(たけした じょうたろう)君(5歳)の作品です♪

 


 

2013021009.jpg
 
神奈川県横須賀市の吉村 ひなの(よしむら ひなの)さん(5歳)の作品です♪

 


 

2013021010.jpg
 東京都港区の村上 祥都(むらかみ よしと)君(6歳)の作品です♪

 


 

2013021011.jpg
 
東京都世田谷区の齋藤 華乃(さいとう あやの)さん(6歳)の作品です♪

 


 

2013021012.jpg

神奈川県横浜市の山本 真央(やまもと まお)さん(5歳)の作品です♪

 


 

2013021013.jpg

埼玉県久喜市の高島 大暉(たかしま ひろき)君(7歳)の作品です♪

 


みなさん、どれも本当にお上手ですな~。
お便りどうもありがとうございました!!

 22.jpg

みんなも生きもののイラストや写真、ご自慢の作品、
番組の感想、ヒゲじいへのファンレターなど。
お便りお寄せくださいね~♪

〒150-8001
NHK「ダーウィンが来た!」係
(※お名前、ご連絡先を忘れず記入してくださいね~♪)

Web投稿はこちら!!
(※お名前、ご連絡先を忘れず記入してくださいね~♪)

http://upload.nhk.or.jp/video/index.aspx?id=darwin

01.jpg
 
みんなのお便り楽しみに待っておりますぞ~♪

jikai.jpg

ちょっと待った~!

01.jpg
 
どうも、ヒゲじいです。

お待ちかね!次回の「ダーウィンが来た!」の見どころ、
ご紹介しちゃいますよ~。
担当ディレクターのイチハラさん、おねがいしま~す。
 


どうも、どうもヒゲじい。
次回の主人公は、こちら。野生に暮らすヤギの仲間・アイベックス
頭からのびたなが〜い角が特徴です。


 2013020701.jpg

何がすごいって、暮らしているのがこんな所。

2013020702.jpg

垂直に切り立った断崖絶壁をすみかにしているんです。

2013020703.jpg

一歩足を滑らせたら、谷底へ真っ逆さま・・・。

でもアイベックスにとってはこの「崖」こそが、
意外なことに最も安心して暮らせる場所なんですよ。

2013020704.jpg

極めつきはオス同士の決闘。
毎年、繁殖期になると、巨大な角を力の限りぶつけ合います。

2013020705.jpg

闘いは正々堂々、一対一。

2013020706.jpg

もちろん、この決闘の舞台も崖の上!!

 2013020707.jpg

ハラハラドキドキ、アイベックスたちの崖っぷち暮らしに迫ります。

2013020708.jpg

 

皆さん、ヒゲじい、放送をお楽しみに!

「転落注意!アイベックスの崖っぷち生活」
2月10日(日)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。

(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

・・・そして!

2月9日(土)は「ダーウィンが来た!スペシャル」!!!
私たちの暮らす日本の生きものたちに注目し、60分の特別編でお届けします!
「ふしぎ!感動!ニッポンの動物たちはスゴかった」
2月9日(
)、よる7:30~、総合テレビでの放送予定です。
(放送予定は、変更になることがあります。どうぞご了承ください。)

この週末は、た~っぷりと「ダーウィンが来た!」をお楽しみください!!
 19.jpg


 

2013年02月03日 (日)

ダジャレ反省会

dajyare.jpg

ちょっと待った~!
どうもダジャレ反省会でおなじみのヒゲじいです。

01.jpg

今夜の放送「超攻撃的!ナゾの覆面鳥」は見ていただけましたかな?

さぁ!今日も元気よく1月前半のダジャレ反省会はじめますぞ!


1月6日放送『華麗なる海鳥 森の奮闘記』
 2013020301.jpg

オオミズナギドリは、足に水かきがついていて、
鳥なのに地面から飛び立つのが苦手です。
助走をつけたり、大きく羽ばたいたりしないとうまく飛び立てません。
しかし海では、波を利用して周りより高いところから一斉に飛び立ち、
そして、ひとたび海の上で風をとらえれば、ほとんど羽ばたかず、
空を滑るように飛ぶことが出来ます。

20130203012.jpg

 
この飛び方、「滑空」と言います。

 

これを聞いてヒゲじい:
ほお、海の上すれすれを飛んで
カックウイイ」!なんちゃって。
へへへ。

 06.jpg


さらに、オオミズナギドリは「ダイナミックソアリング」
というスゴ技をもっています。
滑空していて、海面に着きそうになると海の上を吹く風を利用して、
羽ばたかずに急上昇します。
十分に上昇すると今度は坂を滑り落ちるように滑空。
こうして風を利用しながら、上昇と下降を繰り返すことで、ほとんど羽ばたかず、
ずーと海の上を飛んでいくことができるんです。

 

これを聞いてヒゲじい:
お見事!
まさに「水を得た魚(うお)」ならぬ「海を得たオオミズナギドリ」
ドタバタしていた
御蔵島(みくらじま)での姿と「見くら」べると、
まるで別の鳥ですな!なんちゃってね、おーカッコイイ!

 22.jpg



1月13日放送『密林の人気スポット!巨大タワーの謎』

 2013020303.jpg

オーストラリアの北東部。
ケアンズ郊外に広がる熱帯雨林で、
オウゴンニワシドリは、森の中にタワーを作ります。
大きなタワー、小さなタワーといろいろありますが、
大きなタワーほどメスにもてます。
タワーは、オスがメスを呼ぶためだけに作ったもので
いわば、「花嫁募集中」をアピールするための看板です。
メスはタワーを気に入ってオスとカップルになると、
タワーとは全く違うところにある木に巣を作って、一羽で子育てをします。
オスは交尾をしたらすぐにタワーに戻って、
メスの気を引くためにタワーの手入れを続けます。
そしてまた別のメスが来るのを待ちます。
これを4か月も繰り返します。

 

これを聞いてヒゲじい:
いやー、そんなことにタワーを使っていたとは、ちっとも知りませんでしタワー。
なんちゃって。
06.jpg


オスはメスが来ると、鮮やかな金色の頭をパタパタとして、
自分の美しさをアピールする求愛のダンスをします。
激しく羽ばたいて必死にメスの気をひこうとします。
しかしたとえダンスがうまくても、
タワーが立派じゃないとメスは見向きもしません。
それで、オウゴンニワシドリは一際大きなタワーを作って、
メスにアピールするようになったんです。
しかし、オウゴンニワシドリの古い祖先は、
タワーは作らずに、オスはダンスで求愛していたので、
今も最後にダンスも踊ると言うワケなんです。

 

これを聞いてヒゲじい:
オドリにそんな秘密があったとはオドリきました。

 05.jpg

 

1月前半のダジャレ反省会、たくさんありましたが、いかがでしたかな?
次回のダジャレ反省会でまたお会いしましょう!!
 20.jpg