ダーウィンが来た!ブログ

2012年10月14日

2012年10月14日 (日)

ダジャレ反省会

dajyare.jpg

ちょっと待った~
どうもダジャレ反省会でおなじみのヒゲじいです。

 01.jpg

今夜の放送「決め手はシッポ!ヘビと戦うリス」見ていただけましたかな??
ガラガラヘビの攻撃、怖かったですな~。

さてさて、今回はダジャレ反省会9月前半編です。
では早速スタ~ト~♪
 


9月2日放送『シロフクロウ一家 北極圏の大冒険!』

dajare2012101401.jpg
 
シロフクロウの巣は、盛り上がった土の上にあり、いたってシンプルです。
日本のフクロウのように、木のうろの方が安全だと思いますが、
シロフクロウが巣作りをするような場所では、地面を20センチほど掘ると、
硬い氷になっているので、無理なのです。
巣から1キロメートル以内に近づいた者は、相手が誰であれ、
敵とみなして激しく攻撃します。
シロフクロウの夫婦は体を張って、わが子を守ります。
これを聞いて

ヒゲじい:
なるほど。親鳥も大変だ。
北極圏での子育ては、
ホ~、キョクゲン状態ということなんですな。なんちゃって。

 06.jpg

シロフクロウのお父さんが主食であるレミングのいる場所を見つけましたが、
4羽のヒナが6匹のレミングを食べるとすると、1日120キロも飛ばなければいけません。
実はお父さん、狩りがあまりにも大変になると、家族を捨てて、
失踪してしまうことだってあるんです。
そこでお母さんは、家族みんなで、お父さんが狩りをしている場所へ、移住することを決心しました。

これを聞いてヒゲじい:
なるほど。この移住は一か八かの賭けというわけですな。
シロ
フクロウ
生きていくのって、

フ~クロウの連続。
 02.jpg


 

9月9日放送『世紀の発見!海底のミステリーサークル』
 dajare2012101402.jpg

深い海の底に描かれた、直径2㍍ほどのふしぎな模様。
全体はまん丸で、真ん中には、細かい砂が敷き詰められています。
そして、いくつものスジ模様が描かれています。
それを囲むように2重に山があります。
山の斜面には、貝殻のカケラがたくさん。
さらに、中央から外側へ、何本も直線の溝が走っています。
細部までこだわり抜いて、小さなフグが作るミステリーサークル。
ここまで手の込んだ仕掛けを作る必要があるんでしょうか?
 24.jpg

仮説1.メスへのアピール?
仮説2.卵が流れ出るのを防ぐ?

あくまでも推測ですが、溝の数が多く、複雑な形のミステリーサークルを作ることで、
優れたオスだとアピールしているんでしょう。

これを聞いて
ヒゲじい:
 
15.jpg

なるほど。フグだけに、フグ雜なほどモテるというわけな、。

アナウンサー:
ヒゲじい、そうきましたか。

ヒゲじい:
はい。ミステリーサークルサー来るまでまつぞ! 


 06.jpg 

9月前半のダジャレ反省会、もりだくさんでしたが、いかがでしたかな?
次回のダジャレ反省会(9月後編)でまたお会いしましょう!!