ダーウィンが来た!ブログ

2012年7月22日


 totugekiin.jpg
 

どうも~ヒゲじいです。

01.jpg

今日の放送「美しき狩人 “花”になったカマキリ」
は見ていただけましたかな?
ホント、花そのものの見事なモノマネでしたな~。

 06.jpg

さて、実は私、今こっそりとある部屋に潜入しておりますぞ~♪
ここは「ダーウィンが来た!」の担当ディレクターの方々がいる部屋です。
ここから数々の生きもの新伝説が生まれるんですね!
私、ワクワクしてまいりましたぞ~♪

23.jpg
 
さてさて今日は担当ディレクターのキタさんに
突撃インタビューをしちゃいます。
いろんなお話を聞いてまいりますぞ~♪
キタさんお願いします~♪


は~い、キタです。
「ダーウィンが来た!」の放送が始まった年から番組を制作していますので、
担当ディレクターになって、もう7年目。
これまで、クニマスやオランウータン、カバなどの生きものを担当してきました。

 

2012072201.JPG

カバを観察中                                  

 

2012072202.JPG

絶景!ナミブ砂漠

 

では早速、質問にまいりますぞ!

27.jpg
 
Q1:ロケの前に必ずすることはなんですか?
子どもと遊びまくること、ですね。
「ダーウィンが来た!」の場合、ロケ期間はおよそ1か月。
もちろんその間、家族には会えません。
私には息子が二人(7歳と4歳)いるのですが、
いつも寂しい思いをさせて申し訳ないな~と思っています。
長男が物心つくまでは、私がロケから帰ると、
「知らないおじさんが来た!」とおびえていたものです。
だから、ロケ前になると家族サービスをしまくるんです(笑)。

 

 23.jpg
Q2:ロケでのお楽しみはなんですか?
それはやっぱり、食事ですね。
おいしいか、まずいかは別として、
世界中のいろいろな食べものを食することができるんですから。
「へき地に行ったら、イモムシとか食べるんですか?」
なんて聞かれることもあるんですが、そんなことはめったにありません。
せいぜい焼いたタガメを食べたことがあるくらいです(笑)。
こちらはタイで食べたライギョの蒸し焼き。
見た目のグロテスクさとは裏腹に、白身がおいしいんですよ。

2012072203.JPG
見た目で判断してはいけません

タンザニアでは周囲にレストランがなかったため、現地の人に料理人をお願いしました。
炭火で焼いたパンには感動しましたね。

2012072204.JPG

タンザニアのシェフ                                                          

2012072205.JPG

ラザニア!?

 

21.jpg 
Q3:好きな生きものはなんですか?ペットとか飼っていますか?
ペットは犬(チワワ)と熱帯魚を飼っています。
犬は長期ロケから帰ってくると、いちもくさんに玄関までダッシュし、
出迎えてくれます。

 2012072206.JPG 
  我が家のアイドル「リュウ」                                 

2012072207.JPG

エンゼルフィッシュ

一番好きな生きものは魚。
フワフワと水中を漂う魚たちを見ていると癒やされるんですよね~。
小学生のころは毎日近くの川に通いつめ、とった魚を飼っていました。
それ以来、我が家から水槽がなくなったことはありません。
というわけで、「ダーウィンが来た!」でも、自然と魚を取り上げることが多いんですよ。

 

 27.jpg
Q4:ロケに「どうしてもこれだけは持って行きたい!」という物は?
しょう油とわさび、ですね。
さきほど現地の食べ物を食することが楽しみだとお答えしましたが、
慣れない味付けが続くとさすがに嫌気がさしてきます。
そんなときに登場するのがこの2つの調味料。
食事のときは、いつもポケットに忍ばせています。
それに、わさびには欠かせない役割があるんですよ。
現地の人の皿の肉にわさびを少量→現地の人、悶絶→笑いがおこる→みんな仲良くなる、
海外には唐辛子のような辛味はありますが、
わさびのようなツーンと抜けるような辛味はあまりありません。
わさびは海外生活をあらゆる意味で快適にしてくれる魔法の調味料なんです。

23.jpg

 

Q5:私ヒゲじいのことをどう思いますか?好きですか?(笑)
はっきり言ってキライ!…でした。
だって、ここ分かりにくいかなあ、まずいなあっていうところで、
ものの見事に突っ込んでくるんですもん。
昔は、突っ込まれるとあたふたしていましたが、私も少しは成長しましたよ(笑)。
ヒゲじいの突っ込みの先の先を読むまでになりましたから。
とはいえ、これからもお手柔らかに…。

 01.jpg

キタさん、どうもありがとうございました!
これからも、ご活躍を期待しておりますぞ。