ダーウィンが来た!ブログ

2012年1月12日

jikai.jpg

 

ちょっと待った~!どうも、ヒゲじいです。
今日は、次回の「ダーウィンが来た!」
の見どころご紹介しちゃいます。

担当のディレクター、マツバヤシさん、お願いしま~す。

23.jpg

 



 
はい、わかりました~。
次回の番組を担当している
ディレクターのマツバヤシです。

次回の主役は、「コヨーテ」
体長1mほどの北米大陸にすむイヌの仲間です。

 

2012-0112-01.jpg

(↑今回の主人公・コヨーテ)

 

一見、オオカミに似ていますが、ずっと小さいんですよ。

 

2012-0112-02.jpg

(↑こちらはオオカミ 体長およそ2m)

 

イヌの仲間で最強・最大を誇るオオカミと比べると、
ちょっと頼りないコヨーテですが、実は
大変な成功者なんです。

自然が減少し続ける北米大陸で、オオカミが数を減らす一方、
コヨーテは勢力を拡大し続けています。
いったいなぜコヨーテは繁栄できたのでしょうか?

その秘密の一つは狩りの技。

主食となる野ネズミなどの小型哺乳類を捕らえるとき、コヨーテ
耳と目、それに俊敏さを武器にします。草むらに
潜む獲物がたてるかすかな音で場所を突き止め、目で見て目標を確認。

そして小型哺乳類を上回る素早い動きで捕らえるんです。

 

2012-0112-03.jpg

(↑野ネズミに襲いかかるコヨーテ)

 

それだけではありません。ときにはライバルのアナグマに狩りをさ
せ、その獲物をかすめ取るという頭脳プレーも見せるんです。

 

2012-0112-04.jpg

(↑アナグマにつきまとい獲物をかすめ取る)

 

また、家族が団結して大きなシカを襲うこともあります。獲物
に合わせ、多種多様な狩りの戦術を駆使するコヨーテは、まさに
「技のデパート」なんです。

さらに、家族の団結力は天敵であるオオカミとの対決でも発揮され
ます。今回の撮影では、子どもを守るための「おとり戦法」や、家族
が力を合わせオオカミから獲物を奪いとる決定的瞬間にも遭遇しました!

 

2012-0112-05.jpg

(↑天敵・オオカミを撃退!獲物を奪った!)

 

知恵と団結を武器に繁栄を続ける、コヨーテの知られざる素顔
を明らかにしちゃいます!

 

2012-0112-06.jpg

(↑巣穴の中にいるコヨーテの子ども)


敵はオオカミ! コヨーテの生き残り大作戦
1月15日(日)よる7時半、総合テレビで放送です。
お楽しみに!

21.jpg