ダーウィンが来た!ブログ

2011年8月11日

ちょっと待った~!
どうも、ヒゲじいです。
今日は次回の「ダーウィンが来た!」の見どころを、ご紹介しちゃいます。
担当ディレクターのイトーさん、おねがいしま~す。

21.jpg

 


 

はい、わかりました~。
ヒゲじい、みなさん、こんにちは。
いつも「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」を
ご覧いただき、ありがとうございます。

次回の番組を担当している、ディレクターのイトーです。
次回の「ダーウィンが来た!」は、イチオシ!スクープ特集
第2弾アジアのびっくり動物 をお送りします。

 

0811-01.jpg

 

まずは中国東部の山岳地帯にすむ
不思議なサル、チベットモンキー。

何が不思議かって?

このサルたち、群れの中で、特にオス同士が仲良くしようと
するときに、赤ちゃんを差し出し2匹で赤ちゃんのお腹をな
でたりなめたりする独特のコミュニケーション術を使うんです。

この行動、赤ちゃんが大人同士をつなぐ橋のように
見えるので「ブリッジング」とよばれています。

 

 

 


 

 

 

0811-02.jpg

 

2番目に紹介するのはフィリピンのサンゴ礁、水深30m
にある海中洞窟の中に暮らす不思議な魚、ヒカリキンメダイ。

目の下に大きな発光器を持っていて、真っ暗闇
の中で怪しく光り輝きます。

ヒカリキンメダイの光は生物の中で最も強い光といわれています。
その光の秘密は?さらに月のない新月の夜にだけ、ヒカリキンメ
ダイによって海面近くが光り輝くという

幻のイルミネーションの撮影に初めて成功しました!

 

 

 


 

 

 

0811-03.jpg

 

最後は台湾の珍獣、ミミセンザンコウ。

頭から尾の先まで300枚のウロコに覆わ
れたなんとも不思議な生きものです。

夜行性で用心深く、これまでほとんど撮影された
ことがなかったセンザンコウの暮らしぶりに密着。

樹の上でアリを食べる様子や水を
泳ぐ姿などスクープ映像満載です。

「イチオシ!スクープ特集② 大集合!アジアのびっくり動物」
2011年08月14日(日)、よる7:30~、総合テレビ
での放送予定です。

23.jpg