ダーウィンが来た!ブログ

2011年6月19日

ちょっと待った~
どうもダジャレ反省会でおなじみのヒゲじいです。
じめじめ蒸し蒸し~♪カタツムリ~♪が喜ぶ梅雨の6月。
みんないかがお過ごしかな?

今夜の放送
「スズメバチ 巨大マンション建設中!」
見ていただけましたかな??


06.jpg


さてさて、前回の予告どおり5月は全5週の放送があった
ので、今回のダジャレ反省会は前編と後編にわけてがっつ
りと大盛のてんこ盛りでまいりますぞ~♪
ダジャレ反省会(前編)はじまりはじまり~!!


__________________________________________

 

5月1日放送『ヒグマ対オオカミ よみがえった!北米最強対決』

 

dajyare5-01-01.jpg

 

舞台は世界最古の国立公園、アメリカ・イエローストーン。
ここで熱い"覇権争い"が繰り広げられています
圧倒的パワーを誇る巨大ヒグマと、仲間と力
を合わせ巧みな連携を見せるオオカミの戦い。

かつてはオオカミが絶滅し、この戦いが起こらない悲しい歴
史がありました。オオカミは家畜を守るため農家に駆除され、
姿を消してしまったのです。

その後、生態系復元のため数匹のオオカミが放たれました。
今では100匹以上になり、

その結果、勢力を盛り返したオオカミは
ヒグマの王座を脅かしています。

ライバル同士、勝ったり時には負けたりの戦いが続きます。

 

冬ごもりから目覚めたばかりで体力不足の王者ヒグマに一言!

なるほど。食べ物が多くない3月は、王者ヒグマの準備期間
のようなものだったんですな。


04.jpg


春が来て食べ物を探すヒグマが一言なんかしゃべったそうです。

「えーもの、見っけた!?」


20.jpg


群れの連携戦術が得意のオオカミ。夏になると群れの数が少なく
なります。群れから独り立ちしたお兄さん、お姉さんが他の群れ
の新しい相手と出会い、新たなカップルが誕生します。

 

ヒグマを脅かすオオカミカップルに一言!!

なるほど。一年中、大勢でいるわけじゃあないんですね。

「イエローストーンで恋にストーンと落ちた!?」
でへへへっ


15.jpg


一度、姿を消したオオカミが戻って来たことで、本来の自然が
戻ったんですね~♪イエローストーンの自然のバランスがスト
ーンと落ちることなく、ライバルの同士の戦いが永遠に続くこ
とを祈っておりますぞ~♪


 

5月8日放送『ナマケモノは なまけ者?』

 

dajyare5-01-02.jpg

 

中米パナマの熱帯雨林に暮らすナマケモノ。
動かないで寝てばかりというイメージ

がありますが、超スローながらも意外にも森を自在に動き回って
います。

超スローの秘密は
ナマケモノ独特の省エネにあったんです。

筋肉の量は同じ体型の動物の半分。哺乳類には珍しい変温動物。
ふつう、哺乳類は体温を常に一定に保ちますが、これには沢山の
エネルギーを必要としますので、沢山食べなければ体温を一定に
保つことが出来ません。

でも、変温動物であるナマケモノは他の動物
に比べ、少ない食べ物でも平気なんです。

少ない食べ物でも平気という事は他の動物と食べ物をめぐって争
わなくて済む、という利点があります。決して怠けているわけ
ではないんです。

 

そんな省エネのナマケモノにヒゲじいから一言!

なるほどね。
ナマケモノは、「変温」動物だから「平穏」な
暮らしができるというわけですな。なんて。


24.jpg

 

超スローな動きと、藻を生やす事で動体視力の良い生きもの
を翻弄するナマケモノに一言!

へー。「藻」と、もちつもたれつ、って感じですな。


16.jpg


森の中で独特の超スローライフを送るナマケモノはただの怠け
者ではなかったんですな!力を抜きながらも一生懸命生きてい
るんですね~。省エネのパイオニアだったなんて、私ナマケモ
ノを見直しましたぞ~!


 


5月15日放送『クチバシが命!巨大キツツキ』

 

dajyare5-01-03.jpg

 

北海道の中央部、富良野の森にすむ
日本最大のキツツキ・クマゲラ。
全長は45センチ。

ごく限られた場所でしか見ることが出来ず幻の鳥とも呼ばれてい
ます。クマゲラは大きさも日本一なら木に穴をあける力も日本一。
鋭いクチバシと巨体が生み出すパワーで豪快に木に穴を掘り、幹
の中に潜む虫を掘り出して食べたり、子育ての巣穴も自らの力で
作り出したりします。

また、クマゲラにとってクチバシは武器でもあります。クチバシ
をかざしながら、天敵にひるむことなく立ち向かう勇猛果敢な一
面も持っています。

こんなにゴンゴン木をつついて頭はクラクラ
しないか?
と思う人も多いでしょう。

クマゲラの頭の骨は他の鳥と構造が違い、衝撃を和
らげてくれるエアバックのような構造になっています。

 

ゴンゴン木をつつくクマゲラにヒゲじいは・・・。

なるほど、キツツキの頭はキヅツキにくいというわけか~。
なんてね~。


27.jpg


木に穴を開けてばかりいたら、森の木は枯れてしまう!
と思う方も多いと思いますが、心配はご無用。

クマゲラは木の大事な部分を傷つける事なく穴を開けます。
それにクマゲラの開けた穴は他の動物たちの住処や隠れ家
として役に立っています。

 

キツツキの穴に納得したヒゲじいから一言!!

キツツキの穴がそんなに役に立っているとは、こりゃ穴だけ
に、あながち無駄にはなってない、なんて あっ、おかえり~。


28.jpg


クチバシ一本で北の厳しい森の中で生活するクマゲラ。生活
の第一歩は木に穴を開ける事にあったんですね~♪

 

ダジャレ反省会5月編(前編)はいかがでしたかな?
来週もダジャレ反省会5月編(後編)がっつりと大盛
のてんこ盛りでまいりますぞ~♪
それではみなさんまた来週~♪


22.jpg