ダーウィンが来た!ブログ

2011年5月15日

totugeki01.jpg

 

どうも~ヒゲじいです。今日の放送
「クチバシが命!巨大キツツキ」は見ていただけましたなか?
見ていないみんなは是非、再放送をチェックして下さいね!

実は私、今こっそりとある部屋に潜入しておりますぞ~♪
ここはダーウィンが来た!の担当ディレクターの方々がいる部屋です。

ここから数々の生きもの新伝説が生まれるんですね!
私ワクワクしてまいりましたぞ~♪

さてさて今日は
担当ディレクターのヤマモトさんに突撃インタビューをしちゃいます。
いろんなお話を聞いてまいりますぞ~♪ヤマモトさんお願いします~♪

21.jpg

 


 

はーい。
ダーウィンが来た!の担当になって3年のヤマモトです。
最近では、パナマでナマケモノを撮影してきました。得意な
ジャンルは水中の生きもの。他にも洞窟や砂漠など、秘境の
探検も大好きです。

 

yamamoto01.jpg

カナダ西海岸でザトウクジラに密着!             チベット高原の砂漠で三脚を担ぐ!

 

Q1:ロケでのお楽しみはなんですか?

野外で体を動かしているとすぐに腹ペコになるため、

やはり食べものが一番の楽しみです。

カナダ西海岸のザトウクジラの撮影では、船のコックさんが鎌倉の禅
寺で和食を習ったという大の日本料理好きで、昆布だしを効かせた本
格的なウドンや日本テイストのカレーライス、そして手巻き寿司まで
頂くことができました。

もちろん、その土地ならではの料理を味わうのも大好きで、ミャンマー
では"ココナッツミルクスープの麺"にハマりました。日本では滅多
に食べられないので、いつか必ず再訪したいです。

 

yamamoto02.jpg

クジラ取材でのコックさんとカメラマンたち        ミャンマーの知られざる絶品
手巻き寿司に乾杯!                               "ココナッツミルク麺"

 

Q2:ロケ、撮影で苦労した事、苦労する事はなんですか?

やっぱり、狙っている生きものと出会えないことですね。
オオカミを撮影したときは、1週間以上も姿を見せてくれないことがあって
その間は本当に辛かったです。

特に、"相手を待つ"撮影は精神的に一番キツイですね。

どんなに路が険しく荷物が重くても、歩いて追いかけている方が楽です。
ちなみに北海道の日高山脈でヒグマの撮影をしていたときは、超巨大な望遠
レンズをはじめ、30キロの機材を背負って山を登っていたんですよ。
今はそんな体力はありませんが・・・・。

 

yamamoto03.jpg

なかなか姿を現さないオオカミ      
サケを捕えた瞬間をスクープ!

 

Q3:ロケで感動した事とかあったら教えて下さい。

毎回のロケでたくさんの感動に出会っているので、

なかなかコレだ!って選ぶのが難しいんですが・・・。

生きもので言うと、オオカミの遠吠えを初めて生で聞いた時

は、ホント胸にじーんと来ました。もちろん、それまでもテレビや映画な
どで聞いたことはあったんですが、生の遠吠えは全然迫力が違うというか
心の底まで響くんですね。

私たち人間の祖先と犬の祖先であるオオカミは、生活範囲が重なっていた
と言われています。きっと、ご先祖様たちは、オオカミの遠吠えを毎日聞
いていたんだと思います。その遠い記憶が何か関係しているのかもしれません。

 

yamamoto04.jpg

カナダ西海岸の美しい夕暮れ
オオカミの遠吠えが響き渡る

 

Q4:この生きものにはビックリした!そんなエピソードは?

やっぱり、ナマケモノでしょうか。
番組を見て頂ければ分かると思うんですが、ほとんど動かないというこ
とは、そもそも「動物」という概念や価値観から外れているんですね。

オーバーに言えば
未知の生命体、何というか「宇宙人」と接しているような?
驚きがありましたね。でも、撮影を進めていくと「無駄な動きはせず、食
べものは最小限」という省エネを突きつめたシンプルな生き方に、大きな
魅力を感じてしまいました。

特に興味深いのは「子孫を残す」という生きものにおける最も大切な使命
を考えると、ノンビリ暮らすナマケモノも働きづくめの私たち人間も、数
さえ違いますが同じ結果を残しているんです。

いったい人生って
何だろうって、ジャングルでハタと考え込んでしまいました。

 

yamamoto05.JPG

人生の意味を考えさせられたナマケモノ

 

Q5:私ヒゲじいの事をどう思いますか?好きですか?(笑)

うーん。これはいい質問ですねえ!(笑)
同僚のディレクターたちには、大好き!という人はあまりいないんじゃな
いかな。

でも、僕は嫌いじゃないですよ。
撮影の現場で面白い!と思った映像が撮れたときも
「ヒゲじいだったらなんて言うかな?」と、いつも頭に浮かぶんです。

でも、そうした気持がよりスゴイ映像を捉える原動力になったりするんで
すね。ヒゲじいの素朴な疑問や厳しい突っ込みがあってこそ、「ダーウィ
ンが来た!」は面白くてためになる番組に仕上がって行くんだなぁとつく
づく思いますねぇ。

でも、個人的にはなるべくお手柔らかにお願いしたいです。(笑)

ヤマモトさん、お忙しい中、本当にありがとうございました~♪

06.jpg