ダーウィンが来た!ブログ

2011年4月

ちょっと待った~。
どうも、ヒゲじいです。

TN_23.JPG

今日は、次回の「ダーウィンが来た!」の見所をご紹介しちゃいます。
担当ディレクターのイソガイさん、よろしくお願いしま~す。

 


 

はーい!お任せください。
番組を担当している、ディレクターのイソガイです。
次回は、ヒグマオオカミが主人公。森に君臨する2大王者の
知られざる攻防の物語です。

 

まず、舞台は、こちら。

 

yokoku01.jpg

(間欠泉)

 

アメリカ北西部のイエローストーン国立公園。
火山地帯に草原や森、湖などが広がり、アメリカバイソン、エルクを
はじめ多くの野生動物が暮らします。
ここは世界で最初に国立公園に指定された自然の王国なんです。

 

まずは、

北米最大級の肉食獣ヒグマのハンティングをご覧いただきましょう。

 

yokoku02.jpg

(子供バイソンに襲いかかるヒグマ)

 

生まれたばかりのアメリカバイソンの子供を時速50キロものスピードで追
いかけ、一撃で倒します。ヒグマは「力」の王なんです。

 

もう一方の王者がオオカミ。群れで狩りをするのが得意です。

 

yokoku03.jpg

(オオカミの群れ エルクをハンティング)

 

高度なチームワークを駆使して大型のシカ、エルクを襲います。
オオカミは言わば「戦術」の王です。

互いに肉食獣として草食動物を襲うため、
獲物の奪いあいが生じているんです。
こちらが、実際の対決の場面です。冬に死んだ動物を巡る争い。

 

yokoku04.jpg

(冬 ヒグマとオオカミの群れ)

このときは
オオカミの群れがヒグマに執拗な攻撃を与え、ヒグマは退散しました。

 

そして夏でも雪が舞う北の大地で、こちら。

 

yokoku05.jpg

(夏 ヒグマ親子)

 

この年に生まれたばかりの
ヒグマの子供オオカミがおそいかかろうとしているんです。
ヒグマ親子の運命は?!

 

このあと、オオカミが狩りをしたとらえた獲物に向かって・・・・

 

yokoku06.jpg

 

yokoku07.jpg

 

ヒグマが猛突進!どうする?オオカミ!

ヒグマオオカミの激しい攻防。
実は15年前までは見られなかった時期もあったんです。
攻防の裏には悲しい過去が・・・?!

次回の「ダーウィンが来た!」は、まるでK-1グランプリのような
強者同士の闘いや駆け引きが見どころです。
皆さん、どうぞ、ご期待下さい。

TN_21.JPG

ヒグマオオカミ よみがえった!北米最強対決」
5月1日夜7時半、総合テレビ
で放送です。

お楽しみに~!

2011年04月26日 (火)

元気満点ですな~♪

ちょっとまった~
どうもヒゲじいです。

02.jpg

今日はエリマキがとても印象的な元気一杯のエリマキトカゲ
のイラストを紹介しますぞ~
ではでは、エリマキトカゲのようにさっそうといきますぞ~♪

07.jpg

 

 


 

 


naoto.jpg

 

こちらのイラストを送ってくれたのは、

神奈川県にお住まいの
水沢直樹(みずさわなおき)君7才です。

「エリマキを元気いっぱいに広げたエリマキトカゲ」

を描いてくれました。お正月におばあちゃんのお家ではじめて
「ダーウィンが来た!生き物新伝説」を見て描いてくれたそうです。

なおき君はおばあちゃんのお家に遊びに行くと近くの山によく
遊びに行いくみたいです。そこで虫を見つけては手の平に乗せ
て遊んでいる大の生きもの好き。おばあちゃんも自宅の庭に遊
びに来るシジュウカラやハトを眺めるのが大好きだそうですぞ~

なおき君とおばあちゃんは「ダーウィンが来た!」の放送を毎週
楽しみに見てくれているそうです。幅広い世代の方々に楽しんで
もらえるなんてとても嬉しい事ですな~

15.jpg

なおき君が送ってくれた元気いっぱいのエリマキトカゲに負けな
いようにこれからもスタッフ一同がんばりますぞ!
なおき君ありがとうございました~

みんなもた~くさんの生きものに関するお便りやイラスト
を送って下さいね。

ヒゲじいもみんなからのお便り楽しみに待っておりますぞ~♪

16.jpg

2011年04月24日 (日)

ダジャレ反省会3月編

ちょっと待った~
どうもヒゲじいです。

今夜の放送「子育ては父の仕事!アマゾンの"育メン"ザル」見ていただけまし
たかな??

今、何かと話題の育児をする男性こと育メン。なんとアマゾンの大自然の中に
子育てに奮闘する育メンならぬ育メンザルがいたのですね~
母親顔負けの育児ぷりに私もびっくりしましたぞ~
見逃してしまった方は再放送を是非チェックしてみてくださいね~。

前回もブンブン飛ばしましたダジャレ反省会。前回の続き2月編、3月月編を
お送りしたいと思います!

ではでは今回もはりきってブンブン飛ばしてまいりますぞ~♪


TN_28.JPG


 

2月20日放送『タイの美食家 道具を操るサル』

dajyare2-01.jpg

 

タイの美食家「カニクイザル」。
その名のとおりカニが大好物のグルメなサルなのです。
食べる事への探究心から私たちが驚くような技を次々と編み出します。
そんなグルメなカニクイザルは凄いです。

私たちが生活習慣とするある事をするんです。

町で餌をもらうと同時に女性の髪の毛を拝借します。髪の毛を器用に使って歯
の隙間に詰まった食べかすを取っているんです。

このグルメなサル、歯磨きをするんです。

カニクイザルにヒゲじいから一言!

暇つぶしで道具を使うなんて凄いですな。ロブリーのカミの
使いは、人のカミの使い手でもあるんですな。

12.jpg

歯磨きばかりではありません。硬いカキの殻や木の実を割る時なんかも小さい
石と大きい石を上手く使い分けて器用に殻を割り中身を剥ぎ取ります。


さらにヒゲじいからもう一言!!

タイの美食家カニクイザル。おいしいものを食べたいという
強い「意志」が「石」
を使うワザを生んだんですな、なんちゃって、イシシシッ!

20.jpg

本当にサルたちの飽くなき好奇心は凄いですね。また新たなる道具を使って私
たちを驚かしてくれる事を楽しみにしていますぞ~♪


 

2月27日放送『最強の小心者!? 猛毒フグ』

 


dajyare2-02.jpeg

 

フグの中で最強クラスの毒を持つクサフグ。
怖いと思われていますが実は臆病者。
普段は砂に潜ってビクビクしています。砂に潜っていると、その上をウミウシ
などが通っていきます。砂から出てこないほどの慎重派です。

しかし、夏が近づいた頃、大胆な姿を見せます。
なんと、川を登ります
早い流れに逆らって泳ぎ目的地を目指します。

川は、大挙したフグの群れ一杯。
海に暮らすクサフグにとって真水の川は命がけ
それでも、必死で上流を目指します。この行動は2010年夏に研究が発表さ
れたばかりです。

理由はわかりませんが、どうやら、寄生虫や細菌と戦うためら
しいです。実は体の表面のネバネバした粘液が寄生虫や細菌か
ら身を守ってくれるのです。

真水に入る事で新しい粘液がどんどん出てきます。

ヒゲじいから命がけのクサフグに失礼!!

失礼、失礼。
命がけでネバネバ粘液を出す、まさにネバーギブアップ!ですな。

10.jpg

命がけの川登りにもこんな理由があったのですね。命がけの川登り。
クサフグさんあなたは最強の小心者ですぞ~!!

22.jpg

 


 

 

3月6日放送『恋して水上ダッシュ!』

dajyare3-01.jpg

 

恋の季節を迎えると、まるで忍者のように水面を立ったまま、2羽が
きれいに並んで走る鳥がいます。北米に暮らすクビナガカイツブリです。

オスは恋を成就させるため、メスとシンクロしながらとにかくダッシュ!
舞台は、アメリカ北西部のクラマス湖。春を迎えると、繁殖のために
様々な渡り鳥が集まります。

数ある渡り鳥の中で、最もユニークな恋のテストを行う
のがクビナガカイツブリ。
メスはオスを選ぶために5段階ものテストを行います。

オスはメスに選ばれる為、試練の連続。
そして最難関となるテストこそが「水上ダッシュ」なのです。
いかにオスがメスの動きに合わせられるかがポイント!本当にオスの
苦労は絶えません。決してメスはオスに意地悪をしている訳ではない
のです。カイツブリの住む水辺には天敵が多く、オスとメスが協力し
合って子育てをするのです。献身的に子育てに協力してくれるオスの
方が子孫を残せる確立が上がるのです。

献身的にシンクロに徹するカイツブリ君に一言!

おぉ~、見事にシンクロしとりますな~。
「真の苦労は、シンクロにあり」ですな。

26.jpg

努力に勝るものは、なしですな、カイツブリ君!華麗なるダンスの裏
にはメスの妥協のないこだわりと、オスの涙ぐましい努力があったの
ですね。理想の相手をしっかり選んで未来に命をつなぐ為、しっかり
走り続けて下さいね。カイツブリ君、応援しておりますぞ~

09.jpg

今回のダジャレ反省会は3本立てでお送りいたしました。
次回も楽しくダジャレを振り返りたいと思いますぞ~
ヒゲじいのダジャレ反省会、お楽しみに~♪

06.jpg

ちょっと待った~!
どうも、ヒゲじいです。


09.jpg

今日は、次回の「ダーウィンが来た!」の見どころをご紹介しちゃいます。
担当のディレクター、マツバヤシさん、お願いしま~す。


はい、わかりました~。
次回の番組を担当しているディレクターのマツバヤシです。

次回の主役は、アマゾンのサルティティ

thithi01.jpg

 

ティティは、お父さんが授乳以外の一切の育児を受け持ちます

今はやりの"育メン"の中のイクメン。

サルの世界でナンバーワンだと言われています。

赤ちゃんを背負って一日中歩き回るのはもちろん、毛繕いやお尻の清掃から、天敵への防衛まで、なーんでもやります。

thithi02.jpg

 

 

そしてお母さんが十分お乳を出せるよう、ごちそうはまっ先にお母さんへ

こうした父親の育児は、出産に立ち会うことで、赤ちゃん誕生とともに始まります。

ティティの父親の様々な"育メン"ぶりを追うと共に、世界初の出産映像も紹介します。

 

thithi03.jpg

 

 

「子育ては父の仕事! アマゾンの"育メン"ザル」
放送は4月24日(日)夜7時半 総合テレビです。お楽しみに~!!


2011年04月19日 (火)

凛として美しいですな~

ちょっとまった~
どうもヒゲじいです。

TN_21.JPG

さてさて火曜日の今日といえば・・・
「イラストご紹介コーナー」。
早速今週のイラストを紹介していきますぞ~

 


 

aoto01.jpg

 

こちらのイラストを送ってくれたのは、
神奈川県にお住まいの中園碧人(なかぞのあおと)君5才です。
「絶滅が心配される貴重なタカ サシバ」
を描いてくれました。
木の上に凛ととまるメスのサシバがとても美しいですね。

TN_15.JPGのサムネール画像

その後ろではオスのサシバがカエルを捕まえています。

あおと君は絵を描くのがとても好きなそうですぞ~
今回、送ってくれたサシバのイラストは羽の色といい良く特徴
がつかめていますな~!

あおと君の好きな生きものはムササビだそうです。
あおと君、今度はぜひムササビのイラストも描いて送って下さいね。
楽しみに待っておりますぞ~!

TN_22.JPG

みんなこれからもた~くさんの生きものに関するお便りやイラスト
を送って下さいね!

ヒゲじいもみんなからのお便り楽しみに待っておりますぞ~♪

 

2011年04月18日 (月)

ダジャレ反省会2月編

ちょっと待った~
どうもヒゲじいです。

お久しぶりではございますが恒例!?ダジャレ反省会2月編を

お送りしたいと思います!2月は全4週放送があったので、今
週と来週2週に渡って書きますぞ~♪

TN_15.JPG

ではでは、はりきってダジャレ前半戦スタートですぞ~♪


2月6日放送『伝説のゴリラキング 運命の戦い』

小さな頃に両親を亡くし孤児となり、逆境に耐えながら生き延びついに群れのリーダー
に登り詰めたマウンテンゴリラの「タイタス」。しかし、若きライバル「ラノ」出現。
リーダーの座をかけた運命の物語でした。

 

dajyare01.jpg

 

リーダーの座をかけるからには戦いをイメージする方も多いと思います。
しかし、マウンテンゴリラは力尽くで物事を解決する事を避けるのです。
オスのゴリラは力が強く戦えばどちらか一方のオスが死んでしまうことがあります。

だからこそ平和的な解決方法を考えるのです。タイタスはライバルに群れを作る事を認
め、仲間たちにどちらの群れに残るか判断を委ねます。

タイタスの群れに残ったゴリラたちの判断基準はなんと子育て能力なのです。乳離れし
た子供はオスのリーダーに預けられ、リーダー自ら群れで生活する為のルールを子供た
ちに教えるのです。タイタスは仲間たちから信頼されているのですね。

 

そこでヒゲじいの一言!!

「そこまで信頼されるとは、タイタスさん、タイしタスもんだ!」

なんて、子育て頑張ってね!

TN_09.JPG

若きライバル「ラノ」はタイタスの実の子だったのですね。戦いに意外な結末が待ち受
けていました。ラノ、お父さんのタイタス意志を受け継いで大した大人になって下さい
ね!私も今後の成長を期待しておりますぞ~♪

 

 


 

 

2月13日放送『熱血!ハチを食う"炎の鳥"』

危険なハチと炎が大好きな鳥。燃えるような赤い姿をしたアフリカの鳥・ミナミベニ
ハチクイです。サバンナで火事が起きると、煙に引き寄せられるかのように大集合。
そして、燃え盛る炎に近づき飛び回る、怖いもの知らずの鳥です。

 

dajyare02.jpg

 

さらに驚きは、"ハチ食い"という名前の通り、危険なハチが大好物。
捕獲の『瞬間ワザ』に加え、毒針をきちんと外してから食べると
いう巧みな『料理ワザ』も合わせ持つ。

まさにハチを扱うプロフェッショナルです。

でも、どうして危険なハチを餌にしているのでしょう。他の虫を食べれば良いのに。
と思うのですが、危険なハチを餌にする事で他の鳥たちと餌で争う事
がなくなるのです。餌に困らないという事ですね。

TN_20.JPG

そんな危険な鳥に一言申す!!

ほ~。ハチクイはハチ食うことで他の鳥と

「ハチ合わせ」を避けた、ということですな。

ハチを食べる危険な鳥なのに他の鳥との鉢合せを避けるなんて・・・。
意外と平和主義なのでしょうかね~♪

そんなハラハラドキドキのハチクイの生活に密着しました。
危険をチャンスに変えるこの鳥は只者ではありませんね。

TN_01.JPG

この調子で来週のダジャレ反省会もブンブン飛ばしてまいりますぞ~♪
お楽しみに~。

ちょっとまった~。
どうもヒゲじいです。

 

23.jpg

 

さて本日もみなさんからいただいたイラストをご紹介いたしますぞ~。

三重県にお住まいの西山純平くん小学5年生が描いてくれました。


hebikuiirasuto01.jpg
2011年1月30日に放送された「ヘビにキック!美脚の鳥」の主役・ヘビクイワシですね~。

 

 

16.jpg

長い体と長い脚でピンと立つ姿は、とっても美しかったですね~。絵もホンモノそっくり~。

上品そうに見える外見からは想像できないほど、実はとっても鋭いキックを繰り広げるんでしたよね。

05.jpgそれも何度も・・・・・

 

17.jpgこれには私もゾッとしましたゾ~。

 

 

 

23.jpg

お母さんによるとじゅんぺいくんは、カメが大好きなんだそうです。
夏場飼っていたこともあるそうですが、冬眠の時期になって自然に還してあげたんだとか・・・

 

28.jpg是非今度カメのイラストも描いて送ってくださいね~。

じゅんぺいくん、ありがとうございました~。

皆さんからのお便りもお待ちしています。


番組を見て、是非印象に残った生きものを描いて送ってね~。

14.jpg

ヘビクイワシのように、背筋をぴ~んと伸ばして待ってますからね~。