ダーウィンが来た!ブログ

2011年2月

2011年02月27日 (日)

釣れたのは巨大魚!??

ちょっと待った~
どうもヒゲじいです。

 

28.jpg

今夜の放送『最強の小心者!?猛毒クサフグ』見ていただけましたか?

猛毒フグなのに、なんだか愛らしい顔立ち・・・しかも小心者ときたらなんだか親近感がわきましたぞ~笑

見逃してしまった方は再放送もしくはNODで要チェック!!

 

 

さて本日はと~ってもリアルなイラストをご紹介!!
描いてくれたのは、

東京都にお住まいの鈴木悠佳(すずき はるか)ちゃん、10才です。
irasutoitouharuka.jpg

 

目の感じや、口元、色使いも本物そっくり~。

 

23.jpg
はるかちゃんは、元旦に釣りにいったんですな~!

「やせいの川の王者はどんな大きさですか?」

という質問ですが、


たしかダーウィンが来た!でもやってましたよね~。

2009年11月8日放送「北海道の大自然② 巨大魚イトウ 猛突進!」

放送で出てきたイトウは、1メートルほどの大きさ。


でも、何年も生きているものになると、その大きさは2メートルを越えるものもいるんだとか・・・


06.jpgすごいですな~。

 

05.jpg

会ってみたいけど、私の何倍あるんだ~!!!少し怖いですな~・・・

 

 

16.jpg

はるかちゃんはどのくらいの大きさのイトウが釣れたんですかな~?
また教えて下さいね~。
イラストに質問、ありがとうございました~。

 

みなさんも家族で、動物園や、つりなど、生きものに会いに行くことがあったら、是非お便りくださいね~。
お待ちしております~。

ちょっと待った~!
どうも、ヒゲじいです。


28.jpg

今日は次回の「ダーウィンが来た!」の見どころを、
ご紹介しちゃいます。
担当ディレクターのイダさん、おねがいしま~す。


はいっ! わかりました!!
みなさん、こんにちは。次回の「ダーウィンが来た!」担当のイダです。

主役は、みなさんお馴染みの『フグ』です。

刺し身や鍋など、料理のイメージはありますが、海での暮らしぶりは意外と知りませんよね。そこで、詳しく調べてみると・・・。驚きの暮らしをしているフグがいることがわかったんです。

 

そのフグ、名前はクサフグといって、日本の浅い海に暮らしています
日本三景として知られる『天橋立』(京都府宮津市)から、お話は始まります。

kusahugu1.jpg

クサフグがいるのは海の底、と聞いて潜ってみると

kusahugu2.jpeg


こんなところにいました! クサフグです。

海底の砂の中。体をうずめて、頭だけ出しています。
 

kusahugu3.jpg (1)kusahugu4.jpg (2)

(1)の写真、砂に隠れているのは、2匹だけじゃありません。
見事に隠れているので、わからないかも・・・。

クサフグは、身に猛毒をもつフグ

天敵も怖がって近づかないような気がします。

でも、実際はこの通りビクビク。なぜか、とっても小心者だったんです。

 

 

でも、やるときゃやります。

kusahugu5.jpg kusahugu6.jpg    
なんと! 海を出て、川をのぼるんです。

アユと一緒に早い流れに挑んでいきます。

でも、クサフグは海の魚。数時間しか淡水にいられません。
ゴールは田んぼ近く。

苦しい思いをして、ある天敵との戦いに向かうんだとか・・・。

 

 

さらに。
太平洋側の伊豆半島(静岡県伊東市)川奈地区の浜辺で、またもやビックリ。

海にいるクサフグが・・・


kusahugu7.jpg  
なんと、上陸!? 浜辺の石の上に乗りあげています。

息はできるの・・・? 海にどうやって帰るの・・・?
本当に不思議だらけ。でも、計算し尽くされた行動だったんです。

 

 

まさかフグがこんな暮らしをしていたんて! という驚きが満載です。
「最強の小心者!? 猛毒フグ」
2011年2月27日(日)、よる7:30~、総合テレビ
での放送予定です。

なお放送予定は、変更になることがありますので、どうぞご了承下さい。

次回の詳しい予告・予告動画はコチラ。

2011年02月22日 (火)

バビルサに質問~!!

ちょっと待った~
どうもヒゲじいです。

 

28.jpg

 

さて、本日はかっこいいイラストと質問をご紹介しますぞ~♪
描いてくれたのは宮沢栞(みやざわ しおり)ちゃん、10才です。
babiirashio1.jpg

堂々としたこの姿、印象的なキバが4本
バビルサ!!!

 

06.jpg

今にも突進してきそうですな~!!!怒らせないように・・・と。

 

23.jpg

バビルサはインドネシアのスウェラシ島の熱帯雨林に住んでいるイノシシの仲間なんですよね~。

体長は1メートルを超え、なんといってもこの大きなキバが特徴!!

 

 

16.jpg

そんなバビルサにしおりちゃんから、質問タイム~!!


1) バビルサは寄生虫をドロで落としているのに、ドロを食べたら、寄生虫がまた寄生してしまわないですか??

 

そういえば、バビルサはドロに潜って、寄生虫を落とす行動をしてましたね~!
でもたしかにドロを食べてました・・・おや??大丈夫なんですかな~?
担当ディレクターのオカベさ~ん、教えて下さい~。

 

はい、確かに同じドロ。おや?と思うかもしれませんが、大丈夫なんです。体に付く寄生虫と体内の寄生虫は種類が違います。

泥浴びで落ちた寄生虫を万が一食べても、体内では消化されてしまいますから問題ないんです。

 

なるほど~。寄生虫ときくとすこ~し気持ちが悪くなってしまいますが、野生ならではですな~・・・ははは・・・おっと、さらに質問がありました。

 

2) パンギは人間も食べられますか?食べたらどうなりますか?

 

パンギといえば、バビルサの大好物でしたよね~。たしか毒を持った木の実・・・食べられる生きものは限られていると聞きましたが、どうなんでしょうか~。

 

パンギに含まれる毒は、シアンと呼ばれ、人間がそのまま食べると死に至ると言われています。
しかし現地の人は、工夫して食べられるようにしているんですよ~。
実はパンギを茹でてから灰と共にバナナの葉でくるみ40日間地面に埋めておくそうです。そうすると白っぽかった果肉が黒っぽくなり食べられるようになるんです。
いったい、どんな味がするんでしょうね?



オカベさんありがとうございました~!

しおりちゃん、いかがでしたかな?

14.jpg

私たちもパンギを食べられるのには驚きましたな~。栄養たっぷりのパンギ、一度お目にかかりたい!!!

22.jpg

しおりちゃん、イラストと鋭い質問、ありがとうございました~。

みなさんもどしどし投稿してね~。
待ってますぞ~!!

ちょっと待った~
どうもヒゲじいです。

 

16.jpg

今夜の放送『タイの美食家 道具を操るサル』見ていただけましたか??

お正月番組ですこ~しロケ中風景を放送しましたが、あんな風に番組が出来たんですな~。
それにしてもとっても賢いサルでしたな~・・・
見逃してしまった方は再放送NODで要チェック~♪

 

 

28.jpg

本日は視聴者の方からのイラストを紹介!

兵庫県にお住まいの中野裕亮(なかの ゆうすけ)くん、9才

が描いてくれました~。

「ぼくは、テレビでこのえいぞうをみて、面白かったです。」
とコメントもくれたコチラ・・・・penginnakanoyusuke1.JPG

 

なんと『ケープペンギンの胴体着陸』の様子。

 

よーく見てみると・・・penginnakanoyusuke2.JPG

24.jpgほら、お腹を下にそのまま滑っていきそう(笑)

 

ゆうすけくんは、1月2日放送の特集番組で取り上げられたケープペンギンの映像を見て、
頭で覚えて一生懸命描いてくれたんだそうですぞ~。

 

06.jpg

2010年の堂々の人気ナンバー1に輝いたケープペンギンは、
朝起きるとまず、町を歩いて海に向かうんでしたよね~。

そこにある第一関門が、この壁から芝生へのジャンプ~!

時にうまく着陸できず、こんな風に胴体着陸してしまうものもいるんですぞ~。

 

13.jpg

高い塀からジャンプする姿には、少しハラハラしてしまいましたな~。

 

22.jpg

でも町の中で、人と一緒に仲良く暮らすペンギン、とってもかわいかったですね~。

ゆうすけくん、ありがとうございました~。

みなさんも、番組で見たお気に入りの生きもの、イラストに描いて送ってくださいね~。
お待ちしておりますぞ~。

投稿はコチラ。(イラストは写真で撮影したもの・スキャナーで読み込んだものを投稿していただけます。)

ちょっと待った~!
どうも、ヒゲじいです。


28.jpg

今日は、次回の「ダーウィンが来た!」の見どころをご紹介しちゃいます。
担当のディレクター、キタさん、お願いしま~す。


はい、わかりました~。
次回の番組を担当しているディレクターのキタです。
次回の主役は、「カニクイザル」というサルです。

ニホンザルの仲間で、東南アジアに広く生息しています。一見すると、ごく普通のサルですよね?

kanikui01.png

ところがこのサル、他のサルには出来ない特技を持っていることが最近分かりました。

]それは、「道具を使う」ということ。カニクイザルは道具を使うことで豊かな食生活を手に入れたんです。

人間以外の動物にとって、道具を使うということは、とても難しいことなんです。知能の高いサルでさえ、野生下で日常的に道具を使うのは、チンパンジーとフサオマキザルぐらいです。道具を使うカニクイザルはこの2種に次ぐ大発見なんですよ。
  

kanikui02.png

石を使って力いっぱい木の実を叩き割っています。

 

続いてはこちら。


kanikui03.jpg
右側のサル、何をしていると思いますか?


まるでボクシングのファイティングポーズのようですよね。
実はこれ、道具を使用している真っ最中なんです。

その道具とは、私たちが予想も出来ないような、とんでもないものなんです。

 

一体どうして、カニクイザルたちは道具を使うようになったんでしょうか?
続きは、番組でご覧下さいね。

 

「タイの美食家 道具を操るサル」
放送は2月20日(日)夜7時半、総合テレビです。お楽しみに~!!

 

詳しい予告内容・予告動画はコチラ。

ちょっと待った~
どうもヒゲじいです。

16.jpg

先週、一気に目撃情報をお送りいたしましたが、みなさんのご近所でも何か見かけましたか?

是非、おもしろ情報お待ちしていますぞ~
投稿はコチラ。

 

 

23.jpg

さて本日は、イラスト紹介に参りたいと思います!
ご紹介するイラストはコチラ。


yukiirasuto01.jpg

東京都にお住まいの

田中悠貴(たなか ゆうき)くん、6才が描いてくれました~。

24.jpg

キツネの親子ですな~。

大きいのがお母さん、小さいのが赤ちゃん。

16.jpg
おっぱいを飲みに来たところを描いてくれたんだそうですぞ~。かわいい~。

 

 

ゆうきくんは、「ダーウィンが来た!」はもちろん、「はろ~!あにまる」も大好き!録画して何度も見てくれているんですよ~。

 

しかも、それだけでなく、見終わったら早速自分も生きものに変身~!!!
耳やシッポ、生きものになりきるグッズを自分で作って遊んでいるそうです。
yukiirasuto02.jpg
ゆうきくん、シマウマに変身!!

06.jpgすごいですな~楽しそう~!!私も一緒に混ぜて~。

 

 

お母さんの話では、普段は、近くの公園や、自然の残っているところへ行って、ドロだらけになりながら、大好きな昆虫を探すんだとか・・・


28.jpg

カミキリムシやバッタなど、たくさん見つけるそうですぞ~。

22.jpg

早く春になって、暖かくなるといいですな~。

ゆうきくん、ありがとうございました~。

皆さんも、是非エピソードを添えてイラスト送ってくださいね~。
お待ちしています。

 

投稿はコチラから。

 

ちょっとまった~
どうもヒゲじいです。

28.jpg

今夜の放送「熱血!ハチを食う"炎の鳥"見ていただけましたかな?

あんなに小さな体で、スゴ技の連続でしたね~!
炎を利用するなんて、なんて賢い!

見逃した方は再放送またはNODでチェックしてね~。

 

 

さて本日は久々のダジャレ反省会~1月編~をお送りいたします。
12月は放送休止だったため、久々ですな~。

29.jpgこの緊張感、忘れてた~!!!

 

09.jpgそれでは皆さん、シートベルトはお忘れなく!

ダジャレジェットコースター、しゅっぱ~~~~~~つ。


1月9日放送『大追跡!ヒヨドリ津軽海峡越え』より

hiyo1.jpgのサムネール画像

この回の主役は、ヒヨドリ。秋になると北海道から津軽海峡を越え、本州に渡ります。
ヒヨドリは、津軽海峡越えの際に、大きな群れを作って、海面すれすれを飛び、移動します。
しかし、やはりただでは済まないのが自然の掟・・・天敵ハヤブサ
に狙われることもしばしばあります。でも、ハヤブサは、急降下で相手に体当たりして獲物を捕まえます。つまり、海面すれすれを飛ぶヒヨドリに一気に突っ込めば、自分も海面に激突しかねないため、スピードを緩めるんです。海面すれすれを飛ぶことで、ヒヨドリは自分の身を守っているんです。
でも、群れを離れてしまっては最後、ハヤブサにつかまってしまうこともあるので、絶対に群れを崩さないようにしないといけないという話を聞いて・・・

 

 

海面スレスレの低空飛行にも、
相当な"低空ニック"が
いるんですな!なんちゃって。

 

 

ヒヨドリは、あえて波の高い日に津軽海峡を越えます
津軽海峡には、この時期、北西の季節風が吹いていて、この風が波にぶつかると上昇気流が発生します。これを利用すれば、自然と体が持ち上がり、波に飲まれることもありません。さらにこれを波が来るたびに続ければ、上空をずっと飛んでいるよりも楽に飛べるという話を聞いて

 

波を味方に付けるとは、ヒヨドリはナミの鳥ではないですな。
ちナミにわたしもナミ乗りに挑戦!
あーれー


1月16日放送『キバは勇者の印!珍獣バビルサ』より

babi2.jpgのサムネール画像

この回の主役は、インドネシアのスウェラシ島の熱帯雨林に生息するバビルサ
特徴はその顔から突き出た"キバ"
実はこのキバが立派なほど、そのオスが健康であるという証なので、メスにモテるんです。
だからオスたちはお互いのキバを折り合うように戦い、恋の競争相手を減らしているんではないかとも考えられています。
立派なキバは、健康の証だけでなく、多くの戦いを勝ち抜いてきた証でもあるという話を聞いて、


キバは勇者の証だったんですな!

私も今日から「キバじい」に変身して
もてまくるぞ!

 

すかさずアナウンサーが・・・

あまりキバらないでください。

 

負けじとヒゲじいも・・・

あらあら。
だじゃれを取られて
いキバ(行き場)を
なくしてしまいました。
なんてね。

 

 

バビルサは、森の奥深く、秘密の湿地に集まります。
その目的はたくさんメスが集まる出会いの場であることと・・・もうひとつ。それはなんと""!!!
大好物のパンギには毒が含まれています。泥に含まれているミネラルが泥を打ち消すと考えられています。そこまでしてこのパンギを好むのは何故か・・・実はこのパンギ、栄養満点!1日の消費エネルギーを2,3個で補えるほどなんです。しかもキバの成長に必要なカルシウムも豊富という話を聞いて、

 

へえ。栄養豊富なパンギも
食べられて、メスにも出会えて、

おまけにキバまで立派になる
とは、ずいぶん役立つ泥ですな。
あー、おどろ(泥)いた。


1月23日放送『跳べ!サバンナの牛若丸』より

この回の主役は、アフリカ東部のサバンナ、ケニアのツァボ国立公園に生息するキルクディクディク


3.jamp.jpg

大きさはわずか60センチほどのディクディクは、藪の中ではほとんど目立ちません。体の色の藪とほとんど同じ。さらに目立たないために、立ったまま、じーっと動かないという特技もあります。長いときは1時間も動かないんです。
立っていることで、体を動かさず、いろんな方向の匂いをかいで敵の気配を探れるので、座るより安全という話を聞いて、

 

そっか、
匂いのために立っているのか。
これがホントの「におう立ち」
なんちゃって。

 

なんとディクディクはウシの仲間なんです。
さらに驚きなのが、藪の中での最高時速が60キロということ!小さな体を上手く使って駆け抜けます。
また、5メートル以上跳ぶジャンプ力もただ者ではないという話を聞いて、

 

身軽な体でひらりひらりと
跳び回って、これぞ本当の
「牛」若丸ですな!

 

 

ディクディクは、食べ物のあまり多くない藪の中で、それぞれの家族の分を確保するために、家族ごとに縄張りを持っています。少しでも境界線を越えれば、大事です。木の葉が主食のディクディクにとっては、乾季には枯れてしまうし、かといって藪を出ることも危険。
食べ物のための縄張り争いは仕方のないことなんです。
あと水分は葉っぱのほかにも、花などから吸収します。水はごくごく飲まないんです!
高い木の下に構えて、サルのおこぼれをもらうことで摂っているという話を聞いて

 

へえ~賢いですな。
水を飲まないディクディクの
なわばり生活こそ、究極の
「家族水入らず」なんちゃって!


1月30日放送『ヘビにキック!美脚の鳥』より


hebikui01.jpgのサムネール画像

この回の主役は、アフリカ東部、ケニアのサバンナに生息するヘビクイワシ
ヘビクイワシの得意技は、長い足から繰り出されるキック!!
ヘビの動く不安定で小さな頭も決してはずさない正確さ。
0. 5秒ごとに繰り出されるキックの嵐が決め技という話を聞いて

 

ひえ~!

このキック攻撃は「効っく~!」なんて。

 

 

ヘビクイワシのライバルは、ワシやタカ。大草原の中といっても、狩りに適した場所は案外少ないため、獲物を狙うライバルが集まりやすいんです。
しかし、実は最強のライバルは同じヘビクイワシ!!厳しい縄張り争いがあるため、うっかりよその縄張りに入ると、強烈なキックを受けてしまうという話を聞いて

 

へーびっくり!


いかがでしたかな??

15.jpg

今回もなかなかのダジャレをかましてましたよね~!!?
みなさんのお気に入りはありましたかな?

 

06.jpg

みなさんからのダジャレの投稿、お待ちしていますぞ~。

 

ちょっと待った~!
どうも、ヒゲじいです。


16.jpg

今日は、次回の「ダーウィンが来た!」の見どころをご紹介しちゃいます。
担当のディレクター、ワタナベさん、お願いしま~す。


は~い、わかりました~。
次回の番組を担当しているディレクターのワタナベです。

次回の主人公はアフリカにすむ「ミナミベニハチクイ」という鳥です。

hachikui01.jpg

色鮮やかな姿ですよね~。

この鳥、なにがすごいかというと、"ハチクイ=ハチ食い"という名前の通り、毒針をもつハチが大好物なんです!

 

番組では、ハチクイがハチを空中キャッチする早ワザを徹底解明します!

 

hachikui02.jpg

★ハチに気づかれないよう下方から接近

 

hachikui03.jpg

★一気に間合いを詰めて、、、

 

hachikui04.jpg

★狙いを定めてパクリ!

 

これだけじゃありません。もっと危険なこともするんです!

なんと、火事場に大集合!

hachikui05.jpg

hachikui06.jpg

ジャンプで肝心なのが、長~いしっぽ。

hachikui07.jpg

なぜか炎が大好き!火のすぐ近くを飛び回る、怖いもの知らずの鳥なんです!
さらには、、、

 

hachikui08.jpg

仲間同士で、毎日のようにケンカ!とにかく血気盛ん!

 

ハチを食い、火事に群がり、毎日ケンカ!
危険な橋を渡らずにはいられないのは、いったいどうして?

 

詳しくは、番組をご覧下さいね。

「熱血!ハチを食う"炎の鳥" 」

放送は2月13日夜7時半、総合テレビです。

お楽しみに~!!

 

 

詳しい番組予告内容・動画はコチラ。

2011年02月08日 (火)

視聴者目撃情報、続々!2

ちょっと待った~
どうもヒゲじいです。

 

28.jpg

本日は、先日に引き続き、

『近所でこんな生きもの目撃情報』第二弾をお届けします。

今回はなんと「タヌキ」!!

ではないんです。


06.jpgナンでしょうな~?早速見てみましょう。

 

 

まずは兼子美恵子(かねこ みえこ)さんからの投稿です。
mokugekishika01.jpg


真ん中の白いもの・・・なんとニホンカモシカなんです!!

14.jpg目撃情報、初登場!!!

コチラは11月13日頃群馬県の四万温泉付近の山道で撮影したもの。

旅行途中に発見したそうですぞ~。

このカモシカは、しばらくカネコさんたちを見たあと、カメラのシャッター音で山へ帰っていったそうです。

 

 

23.jpg

お次も初登場

千葉県にお住まいの後閑正尚(ごかん まさなお)さんからの投稿です。
mokugekikoumori2.JPG

24.jpg
わかりますか???

ほこり??29.jpgではないですぞ~!

よくみると、ほら水の上を見事なアクロバット飛行するあの生きもの・・・

 

06.jpg

そう、コウモリなんです!

コチラは、10月末頃、ゴカンさんのお住まいのマンションの非常階段の壁にしがみついて寝ているところを撮影したもの。

 

03.jpg

こうもりくん、道に迷ってしまったんですかね~??

私も以前、ある古墳の中で、コウモリを見ましたが、こんな明るいところで、しかも壁にくっついている姿を見るのは初めて!!!

その後、2日ほど同じ場所で姿を見かけたそうですが、現在までの間、再び姿を見ることはなかったそうですぞ・・・

自分の居場所にちゃんと帰ったのかな?

 

 

28.jpg

以上、本日は初登場の生きもの、2種類お届けしました。

 

いかがでしたかな??

まだまだ、あなたの周りにも野生の生きものがいるかも知れませんぞ~。

投稿してくださった兼子さん、後閑さん、ありがとうございました。

みなさんも是非見かけたら是非コチラから投稿してくださいね~。

ウサギの情報・疑問・質問も大募集中。

 

 

2011年02月06日 (日)

視聴者目撃情報、続々!1

ちょっと待った~
どうもヒゲじいです。

28.jpg

今夜の放送『伝説のゴリラキング 運命の戦い』見ていただけましたでしょうか?

リーダーのタイタスと挑戦者ラノの戦いっぷりに、私も一緒に大興奮!!!いや~、刺激的でしたなぁ。

見逃してしまった方は再放送もしくはNODで是非チェックを!!

 

 

23.jpg

さて本日は視聴者の皆さんから続々投稿いただきました

『近所でこんな生きもの目撃情報』

をお届けいたしますぞ~。

数多くの皆様からいただきました中から

スタッフが選りすぐった目撃情報を2回に分けてご紹介します!!

 

 

初日の今日は、定番となりつつある「タヌキ」の目撃情報~。

前回も夜徘徊しているタヌキをご紹介いたしましたが、今回は堂々の昼間!!!

 

投稿してくださったのは、東京都にお住まいの永井彰(ながい あきら)さんです。

mokugekitanuki1.JPG

24.jpg

この中にタヌキが二匹いますが、どこにいるか分かりますかな~??

 

正解は・・・・・ココ!!


mokugekitanuki2.JPG

この写真は1月27日、午後2時頃、文京区の新江戸川公園で撮影されたもの。

永井さんは、最初遠くから見て『「ネコ」かな?』と思ったそうなんですが、

ネコにしては大きいなと思い、よ~くみるとその正体は「タヌキ」!!!

06.jpg

公園に通いだして約5年になるそうですが、「タヌキ」を見たのは初めてなんですって~。

2匹のうち1匹は怯える様子もなく、むしろ近づいてきたそうですぞ。
永井さんによると、とっても人懐っこい表情や様子などから、「人からエサをもらったりして、慣れているんではないか。」とのこと。

 

03.jpg

寒い時期だからこそ余計こうして人前に出てくるのかな~。


22.jpg

しかし、都内の民家近辺とは違い、ここは車も通らず、タヌキにとっても安全

他にもさまざまな種類の小鳥があつまるこの公園、居心地がいいのかもしれませんね~。

皆さんも新江戸川公園へ行ったら、もしかしたらこのタヌキを見かけるかも知れませんな。
その時はそっと見守るようにしましょうね~。

永井さん、貴重な写真投稿、ありがとうございました~。

 

20.jpg

みなさんからの投稿もお待ちしておりますぞ~。

 

投稿はコチラから。

ちょっと待った~。
どうも、ヒゲじいです。

16.jpg
今日は、次回の「ダーウィンが来た!」の見どころをご紹介しちゃいます。
担当ディレクターのヤマモトさん、よろしくお願いしま~す。


はい!ディレクターのヤマモトです。

次回は、アフリカ中央部に暮らすマウンテンゴリラが登場します。

主人公は記録上最長の18年にわたって群れを治め、20頭もの子供を育ててきた伝説のリーダータイタスです。

 

golira01.jpgのサムネール画像

どうです?この知的で風格のある表情。

年齢は35歳と、ゴリラではかなり高齢です。実は最高齢のリーダーとしての記録も持っているんです。

ところが、王者タイタスに強力な挑戦者が現れました。若いオスのラノです。

 

golira02.jpgのサムネール画像

胸を叩いて威嚇する姿は、やる気マンマン!

さらに、この若き挑戦者には、タイタスとただならぬ関係があったんです!!!

それは、見てのお楽しみ・・・・。

 

 

マウンテンゴリラのリーダーの座を巡る戦いに迫る
「伝説のゴリラキング 運命の戦い」
2月6日(日)よる7時半、総合テレビで放送です。

ぜひご覧下さいね~!

 

詳しい予告内容・動画はコチラ。

2011年02月01日 (火)

これぞ、仲良しコンビ!??

ちょっと待った~
どうも、ヒゲじいです。

28.jpg

さて、本日は視聴者の方から届きましたイラストを紹介させていただきますぞ~。
イラストはコチラ。

じゃ~ん!!!
iseebiirasuro01.jpg

イセエビと、ご近所さんのウツボですな~!!


描いてくれたのは西村啓(にしむら さとし)君・5才です。

29.jpg

ひぇ~このツボの鋭い目つき・・・狙われたら固まってしまいそうですが、

この2匹、と~ってもフシギな関係でしたよね~??

23.jpg

イセエビは、ウツボのおかげで天敵のタコから身を守り、ウツボは、大好物のタコにありつける。

お互いに利用しあって、岩かげに潜んで仲良く暮らしてるんでしたな~。

だからこんなに近づいても大丈夫!!

 

 

14.jpg

おや??
とすると、ひょっとしてウツボの口から出ている真っ赤な物体は・・・タコ?!!

 

 

23.jpg

さとしくんは、ダーウィンが大好きで、特にチーターやカラカルが狩りをしているところを見るのが好きなんだそうですぞ~!
たしかに迫力ありますもんね~。それに優雅!!私も大好きですぞ~。

最近では家族で大阪の水族館へ行って、コブダイを見つけたとか・・・
いろんな水族館や動物園へ行っては、少しマニアックな生きものを見て盛り上がるんですって!

まさに『ダーウィン一家』ですな!!

さとしくん、よく観察したイラスト、ありがとうございました~。

 

28.jpg

我こそはダーウィン一家だというご家族のみなさ~ん、ご家族のエピソードを生きもののイラストに添えて、お待ちしていますぞ~!!